2017年4月22日 (土)

あとちょっと

あとちょっとなんです。

たぶん月曜の朝には「終わった」と思えるのでは。
月曜の朝には「3日くらい休もう」と思えるのでは。
もうちょっとだから、もうちょっとがんばろうと
原稿に向かっています。
 
ふと中学の授業を思い出します。
こんな故事を教わりました。
「百里を行くものは九十里を半ばとす」
 
ゴールが見えると油断して失敗しちゃうから、
あとちょっとのところでも「まだ半分」と気を引き締めてかかれ、
という戒めだったと記憶しています。
中学生のわたしは「なるほどなあ」と素直に思ったものです。
 
今のわたしは違います。
「まだ半分だよ」と思ったら力尽きてしまいそうなので
「終わったも同然じゃん」と思うことにしています。
 
昨日直したところを今日元に戻したり、混迷してきました。
そろそろ筆を置いたほうがいいタイミングなのだと思います。
以前、ある編集者さんがこう言ってました。
「作家は途中を見せていくしかないんです」
なかなか筆を置けない時、この言葉を思い出し、
踏ん切りをつけています。
 
毎作、初めて小説を書く気持ちで書いています。
真っ白な紙に、世界を作ってゆくのです。
新鮮だし、たいへんです。
 
 

» 続きを読む

2017年4月15日 (土)

キャリア

4月は年間で一番好きな月。

でも、今年は常に創作のことが頭にあって
心がせかせかしています。
 
そんな中、一日に15分、のんびり過ごしています。
本当にひさしぶりなのですが、
NHKの朝ドラを見ているのです。
 
今のところ、欠かさず見ています。
たまたま初日に忘れずに見ることができ、
すると農村の風景が広がっていて、
「あーきもちいー」と心が歓声をあげました。
 
奥茨城が舞台だそうです。 
とにかく風景がいい。見ていて気持ち良い。
のんびりとした会話、
ぽっちゃりとした主人公の笑顔。
子どもらしい子どもたち。
15分間、癒されます。

» 続きを読む

2017年4月 7日 (金)

桜の日

朝から創作していました。

仕事部屋の窓が、ガタガタいってました。
強風で、部屋全体が揺れるようでした。
桜、大丈夫かなと心配になりました。
 
夕方、風が止んだのを見計らって
近所の公園へ行き、桜を見ました。
満開でした。
身勝手な感情ですが、わたしを祝ってくれているように思え、
桜よ、ありがとう!とつぶやきました。
ずっと眺めていたいのですが、仕事の疲れが出てしまい、
立っているのが辛くなり、カフェに入りました。
 
隣席のご婦人たちが、ケーキセットかパフェかで迷っていました。
わたしはアイスコーヒーを飲みながら
「なんという贅沢な時間なのだろう」と
落涙しそうになりました。
 
今この空間にいる人みんな(わたし含む)、
贅沢を共有していると感じました。 
 
桜の季節に桜を見て、カフェで休む。
これ以上の贅沢はありません。
 

» 続きを読む

«週刊朝日 書いた人