« フィクション・夏の旅 | トップページ | 子役の身長モンダイ »

2010年8月20日 (金)

かなぶん4 〜かなぶんのヒップライン考〜

ブログをスタートして、気付いたたことがあるんです。
ブログは過去の記事が気軽に読める、という当たり前のことです。
「過去」と書きましたが、書いたのは過去でも、読むかたにとっては「今」だし、
わたしにとっても「今」なんです。

どの記事にコメントが書き込まれても、ココログ(管理会社)からメールでこちらに連絡が入ります。
しばらくぶりに覗いて、ひとこと言いたくなったのが随分前の記事でも、
わたしがそのコメントを見逃すことはないので、どうぞお気軽に書き込んでくださいね。
みなさまの声がたいへん励みになっております。
 


さて、ぶんぶんブログでのかなぶん考察は続きます。
本日は、蔦谷Kさんが送ってくださったかなぶんです。
なんと、実写です。

Kanabun

このかなぶん、猛暑に堪えかね、水風呂に飛び込んだそうです。
ためかけの浴槽でジタバタしているのを発見、手ですくい(掬い&救い)だし、
お風呂のふたの上で激写したそうです。

スクープ! 女の風呂場で目撃!

 
実はこの写真を見て、わたしはこう思いました。
「青竹の上に、水もしたたるかなぶん。風流」と。
しかし蔦谷さん曰く「それはホースです」と。

え?
わたし、かなぶんの「大きさ」をはき違えている?
なんど見ても青竹に見え、ホースと言われると「巨大なホース」に見えてしまう。

つまりわたしは、かなぶんを基軸にモノを見ている。
かなぶんを基軸にした世界観があり、しかもその基軸は間違っている。
つまり、JUNKOから見えている世界は、基本的におかしい。

だいじょぶかなー、ものかきやってて。
だいじょぶかなー、みなさん。読んでて平気?
一緒におかしくならないように、気をつけてくださいね。

かなぶんって今までたっくさん見ているんですよ。
いつも「ぎょえ!」とおののきながら見ているせいか
実際よりかなり大きい印象をもってしまっています。

水もしたたるかなぶん4を見て、ふと、かなぶん2を思い出しました。
よしこさんが描いたこれです!
 
Kanabunn2

ほら、おしり。
かなぶんのヒップラインはあなどれません。
マリリン・モンローなみに、そこが決め手なのでしょうか。

さてさて、蔦谷Kさんの水風呂のその後ですが、
「件の別の虫ではないので水を入れ替えず、わかして入った」そうです。
結果的に、かなぶんの二番風呂を使ったことに。

わたしはここで、ひっかかりました。
かなぶんの二番風呂にひっかかったのではありません。
「件の別の虫」ならば「水を入れ替えたかも」のくだりです。

件の別の虫ってこれでしょうか?
 
Goki

わたしもかなぶんの二番風呂なら入りますが、こいつの二番風呂は入りたくないです。
わたしはかなぶんをごきぶりより嫌っているのですが、風呂はOKで、
ごきぶりはそこまで嫌いじゃないのに、風呂は嫌なんです。
これってなんでしょう? 微妙な乙女心です。

たとえば「なんてすてきな男なの」と思っても、「一緒に暮らすのは無理」だったり。
「この男、あんぽんたんやな」と思っても、「一緒にいたい」だったり。
そんなこと、ありますよね。
ごきぶりをすてきと言ってるわけでも、夫をあんぽんたんと言ってるわけでも
ありませんが、ありますよね。そういうこと。

ちなみに上のごきぶりは、紙とセロテープとマジックで作られたフィギュアです。
これをひとんちで作り、ひとんちに置いて帰ったのは蔦谷Kさん。
ひょっとして「一緒にお風呂に入れるくらい、好き」なのかと思ってました。
やっぱ、「水を入れ替えたかも」なんですね。
少し、ほっとしました。

あ。蔦谷Kさんはごきぶりフィギュアクリエイターではなく、猫毛フェルターです。
その証拠にこの記事をご覧下さい。
 
 
応援クリックよろしくお願いしまーす→人気ブログランキングへ

« フィクション・夏の旅 | トップページ | 子役の身長モンダイ »

かなぶん」カテゴリの記事

コメント

後段、自分のことも書いてあるのにモニタの前で大笑いしてしまいました。あー、ナミダ出た!
「これをひとんちで作り、ひとんちに置いて帰ったのは蔦谷Kさん。」
JUNKOさん、もしかしてすごくメイワクで、恨みに思ったりしてたとか?

蔦谷Kさん
暑さと疲労を笑いとナミダで流してくださったとしたら、幸いです。
今回はかなぶん&ごきダブルご協力、ありがとうございました。
メイワクなんてとんでもない!
おもしろいもの(ごき&制作者)めっけた。今後の人生お笑い部門は保証されたと
感謝感謝の夜でした〜。

すごいね〜かなぶん実写ですか?でもね〜こんな?虫〜見たこと有るような?気持ちが?ただね〜お尻の大きさが違うのか?でもね〜キラキラ光る虫は見たことあるような?無いような?でも〜甲羅より,大きなお尻は,違うかな?皆が画く,かなぶんには〜甲羅より,飛び出たお尻が〜?かなぶん4まで〜引っ張ってくれてありがとう!

michiさん
michiさんの「はてな」から始まったかなぶんシンドローム。
とうとう4まで来ましたが、終わったわけではありません。終わりなきシンドロ虫です。
似ていて光るのは玉虫でしょうか? いますか? 北海道に玉虫。
かなぶんはメタボですが玉虫はスマートですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49189422

この記事へのトラックバック一覧です: かなぶん4 〜かなぶんのヒップライン考〜:

« フィクション・夏の旅 | トップページ | 子役の身長モンダイ »