« 『ヒ』が気になる。 | トップページ | 青いおばさんとブリキの太鼓 »

2010年8月10日 (火)

冷やしタオル頭のっけ

冬、寒さによる肩こり対策にと、湯たんぽを背負って過ごし、
その重みで肩こりを促進させた過去があります。

今年の暑さ対策メニューは「冷やしタオル頭のっけ」で、こちらは成功しております。
 
 

Hinyari01

 
 
冷やしタオルに作り方もへったくれもありませんが、JUNKO的つくりかたを
お知りになりたいかたは続きをどうぞ。
「そんなんじゃだめだ。もっとこうしたほうがいい」などアドバイスも大歓迎です。
締め切りは「暑いうち」でお願いします。

 
冷やしタオル頭のっけのつくりかた

フェイスタオル(70㎝×30㎝くらい)を水で濡らし、軽くしぼります。強くしぼってはいけません。 
  ↓
冷蔵庫で冷やします。入れたら忘れるのがコツで、忘れたほうがより冷えます。
  ↓
なにか飲もうと思って冷蔵庫を開くと、冷え冷えタオルが待っててくれて感激します。
わたしのようにあまりイイコトがないひとは、よりいっそう感激します。
  ↓
四つ折りにして頭にのっけます。
フェイスタオルの大きさと、たっぷりの水分で、重みがあり、のっけておくだけでじゅうぶん、
冷たさが伝わってきます。
  
 

【 効能と難点について 】

このまま書き仕事ができ、歩き回るのも可能。トイレもいけるし、洗濯もできます。掃除もできます。
料理は危険です。タオルがフライパンに落下するなどの事故により夕飯が台無しになる可能性があります。

タオルがぬるまったら八つ折りにするなどして重量を増やすと冷え感がやや戻ります。
実を言うと、ぬるくなるのに時間がかかりません。そこが難点ですが、
頭にのっけたまま行動することにより、姿勢が良くなる効能があります。
 
 

  ↓ 応援クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

« 『ヒ』が気になる。 | トップページ | 青いおばさんとブリキの太鼓 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

冷やしタオル、当方は冷凍庫で作ります。
ゆるく絞ってたたんで凍らせ、バリバリに凍ったのを、ひきはがしてとかしながら使う。蒸しタオルを広げてさますのと同じような、逆なような。
あんまり凍っているうちだと硬いのですが、ちょうど良くとけてくると、やわらかく冷たく、気持いいです。
暑さで伸びて寝ている猫の腹に、そういうハンドタオルをかけてやったら、まんざらでもなさそうで、そのまま熟睡してました。

残暑お見舞い申し上げます~

蔦谷Kさま
おおっ!凍結タオル!
そういえば記憶にあります。以前はわたしも冷凍庫で凍らせ、
むしるようにひきはがしながら…使ってました!
凍らせると冷たい状態が長持ちするんですよね。

どうして冷蔵に変えたのか…
たぶんせっかちになり、すぐさま最高の状態!を求めるようになったのかも。
ひさしぶりに凍らせてみます。
しかしその猫、おおらかですね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49112176

この記事へのトラックバック一覧です: 冷やしタオル頭のっけ:

« 『ヒ』が気になる。 | トップページ | 青いおばさんとブリキの太鼓 »