« てきぱきの達人・ボーン! | トップページ | ひだまりのうた »

2010年9月10日 (金)

ねじ巻きトレイン

わたしは制作会社に所属しておらず、全くのフリーです。
組合や協会にも所属していません。

仕事の依頼があると、そこへ打ち合わせに行きます。
書く作業は自宅でやり、原稿はデータでやりとりし、直しのやりとりは電話で済むこともあるけど、
制作委員会のように複数の会社が手を組む仕事では、複数の方々と会議を重ねるため、
やはり行って、顔を合わせてという形になります。

基本、出入り業者です。

わたしは東京に住んでいますが、辺ぴな場所です。
打ち合わせはほとんど東京のど真ん中なので、片道1時間半は見ておきます。
心構えとしては「街さ行くべ」です。

交通機関の遅れは想定内で、自己責任と考え、プラス30分早めに家を出ます。
ですから片道2時間となります。
早く着き過ぎて余った時間って、ゆったりとして、
天からプレゼントされた時間のようで、わたしは好き。

この2時間の間に、わたしはお仕事モードに入ります。
家で書く時のお仕事モードではなく、よそゆきのお仕事モードです。
相手が何を必要とし、それに自分がどう応えられるか。
きっちりお役に立てるよう、脳の準備体操致します。

電車の中で音楽を聴いたり本を読んだりはせず、
しゃきん、しゃきんとネジを巻いてゆきます。
頭のネジです。

Neji

鞄がうまく描けない…

 
行き先が映画会社ならその仕様に、テレビ局ならばその仕様に。
微妙に違うのです。しめ具合が。
よそゆきモードに頭のネジを巻き、顔の筋肉もひきしめます。

めったにないことですが。

「こちらが伺いますよ」と言ってくださる場合もあります。
ほわわ。
めったにないことなので、遠慮すべきところをずうずうしくも辞退せず、
「冥土の土産になるな」と思い、おことばに甘えます。

先日もわたしが住む街の駅まで原稿を取りに来てくださった方がいて、
近くのカフェでお話をしました。

原稿も渡せたし、お話もできたし、なんだか妙に楽しかったなと
帰り道、ハナウタまじりに歩いていたのですが、

ふと…

足が止まりました。

頭のネジ巻いてないよ。
顔の筋肉もだらだらだよ。

そう。
いつものように電車に乗らなかったため、巻き忘れた。
自分のテリトリーで安心しきってしまい、よそゆきモードではなく、
JUNKOモードのまんまというか、ぶんぶんモードでしたよ。

ブログやメルマガでのわたしのまんまお話したので
どうりでこちとら自由で楽しかったですよ。

じゅんこのじゅはじゆーのじゅ。

むむ。
ものかきとして、いかがなものだったか心配ですが、
まあ、済んだことはどうしようもないので、
今後は(めったにないだろうけど)数十分でネジが負けるよう
トレーニングしとこうと思います。

人気ブログランキングへ ←応援クリック、よろしくお願いします。

« てきぱきの達人・ボーン! | トップページ | ひだまりのうた »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49402590

この記事へのトラックバック一覧です: ねじ巻きトレイン:

« てきぱきの達人・ボーン! | トップページ | ひだまりのうた »