« ゆるせない腹筋 | トップページ | 魚の味 »

2010年9月15日 (水)

やさしい場所

最近、最寄りの駅の様子が変わった。
「どなたさまですか?」てなくらい、グレードアップしちゃった。
世間によくある駅ビルさまができたのだ。

全国チェーンのカフェや、アイスクリーム屋さん、ファストフード店、
レンタルビデオ店、美容院、そしてなんと、託児所まである。にぎやかだ。
全体に若い人向けで、立ち食い蕎麦屋や焼き鳥屋は無い。

全国チェーンのカフェは、銀座で年に1回くらい奮発して入るけど、
地元にできるとありがたみが半減する。なんでだろ。

へ〜ほ〜とながめるだけで、駅ビルを利用する機会はなかったけど、ひとつ、気になる店がある。

いつ見てもガラガラなのだ。
全国チェーンではないカフェで、人通りが一番少ない一角に、ひっそりとある。
すっきりとしたデザインで、居心地よさそうなのに。
その店だけ極端に客が少ないのだ。スカスカだ。

不思議なので、理由を確かめたくて、入ってみた。
なにかとんでもない「わるいこと」があるのかと思って。
たとえばごきぶりが砂糖壷でアリ地獄だったりしてね(日本語めちゃくちゃ)。

ところが、たいへん居心地の良い空間で、お尻に優しい椅子だし、
店員さんの対応もとても丁寧。

アイスコーヒーを注文した。
味は普通だけど量はたっぷりで、氷が丸い。値段は普通。
ガラガラの理由がつかめなかったけど、徐々にわかってきた。

そこは子ども連れの客を狙って作られたカフェなのだ。
子どもが遊べるスペースがある。子ども用メニューも豊富だ。
こういうのをキッズカフェと言うらしい。

Greenleaf


清潔だし、明るくて、冷房もおだやか。
子ども向け環境はわたしにとっても居心地がいい。

気に入ったので後日再び入った。
こんどは食べ物を注文した。
やはり丁寧な応対だし、おいしかった。

Tosuto
ハニートースト+珈琲=750円

その日もすいていた。
少し離れた席に、ママ友らしきふたりの女性とそれぞれの子ども(乳児)がいた。
乳児はふたりともぐっすりと寝ていて、ママたちはおしゃべりを続けている。
小一時間はしゃべっていた。乳児達、同時に寝るなんてエラいぞ!

多くのママたちが昼間こういう時間を持てたら、充電でき、
夕方からの育児タイムに笑顔でいられることだろう。

はためには優雅に見えるが、ママたちはたいへんなのだ。
子どもは体調の変化が激しく、熱を出したり吐いたり下痢したり、
心配ごとが次々起こる。

たまにはこうやってゆったりとした時間を持ちながら子育てし、
ゆくゆくは社会復帰ができる。
そんな社会だったら、みんな安心して子どもが生めるのに。
税金足らなくて無理かな?

今の少子化対策って、イコール保育施設増設って流れだけど、
それは応急処置で、根治にはならない。
自分で育児する時間が持て、そのあと満を持して社会復帰できる。
そこまでの流れを作らないと、少子化は進むばかりだと思う。

今の少子化対策は大人の都合ばかり見て、子どもを見ていない。
子どもに優しい環境はおとなにとっても優しい環境になるはず。

いったん仕事をやめると、再就職ってほんっとに難しい。
わたしは離婚して職を探したとき、痛感した。
あちこちで、要らん、要らん、要らん!って、はじかれた。

パートならある。でも自立できる収入とはほど遠い。
あの時給って、誰かに養ってもらっている前提条件だ。

離婚って、名義変更やら養育権云々やら引越やら職探し、
手続きがうんざりするほどあるのだけど、それを進めていく中で、
夫も社会もわたしをボンクラだと思ってるなーと感じた。
まあ、一番わたしをボンクラだと思っていたのは、わたし自身なんだけど。

わたしはナンニモシテコナカッタから、ナンニモデキナイヒトなんだ。

絶望し、立ちすくんだ。
そのときの空の色を覚えている。
有楽町のスクランブル交差点の真ん中で、空を見上げたら、薄い空色だった。
空のやつ、やけに明るく人を見下げて「ばーか」って笑ってた。

あのときのわたしに言ってあげたい。
ナンニモシテコナカッタわけではないじゃん。
子育てや家事って、頭も心も体も使う、根性仕事だ。
もっと自信をもてばよかったし、キャリアとして評価されてもいい。

そうだよ。日本の社会は主婦に対して頭が高い。ひかえおろう。

なーんて考えながら、たっぷりのアイスコーヒー(味はふつー)を飲んでいたら、
外から店内を覗いている婦人がいる。子連れではない。
外に置かれたメニューを見て、店内を見て、迷った末、入らずに立ち去った。
店員さんが残念そうに首を傾げていた。

すいてるから逆に入り辛いっていうのもあるだろう。
それとも赤ちゃん専門店かと思っちゃったかな?
おばさん(じゅ)もいるでよ。
赤ちゃんにやさしい場所は、おばさんにもやさしいよ。

すいていることもこの店の長所だけど、
つぶれてしまっては悲しいので、店名を載せておきます。

グリーンリーフキッチン 西武池袋線「Emio東久留米」1F


人気ブログランキングへ←応援クリック、よろしくお願いします。

« ゆるせない腹筋 | トップページ | 魚の味 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49455965

この記事へのトラックバック一覧です: やさしい場所:

« ゆるせない腹筋 | トップページ | 魚の味 »