« ねじ巻きトレイン | トップページ | ゆるせない腹筋 »

2010年9月11日 (土)

ひだまりのうた

カオナシ写真のネックレスは『ひだまり工房』の作品。

身につけているのはワタシです。

『ひだまり工房』のビーズ作家・幸さんとの出会いは、こんなふうでした。

Bead_neck

幸さんはご自宅の工房で日々ビーズの製作をしています。
ある日、お友達がラジオドラマを何作か録音して、幸さんに渡し、
その中にわたしが書いた『届けてレッドマン』があったのです。

NHK名古屋放送局で制作したラジオドラマです。
赤いポストが少女に恋をするお話です。自称・傑作。

幸さんはドラマの感想をご自分のブログに書いてくださり、
それを偶然、わたしが見つけ、驚きました。
忘れもしません。2007年12月5日の日記です。
作品の表層部分ではなく、奥にこめたわたしの思いを
直球で受け止めてくれた文章だったのです。
「このセリフに心をとめてくださった…」
作家としてこんなにうれしいことはありません。

うれしくて何か伝えたいのですが、お顔も知らない方ですし、
「あなたの日記読みました」なんてずうずうしくて言えないし、
そもそも幸さんってどういう人なんだろう…と。
そこで幸さんが運営する『ひだまり工房』にたどりつき、ビーズの作品と出会ったんです。

すると急に欲しくなっちゃって、ドラマのことはおいといて、
まずは注文した…というのが、始まりで…。

その後は折りに触れ、メールでやりとりさせていただいてます。
はるかに年上のわたしが、悩みを聞いてもらったりと、
頼りにしてしまっているような状態です。

幸さんの作品は、身につけた時にひたっと、そう、ぴた、ではなく、ひたっと
肌にやさしいフィット感があります。
最初に買ったのは指輪ですが、心地よさに驚きました。
わたし、ひとつ買うと同じものをずーっと身につけているので、
あまりいいお客さんではないのデス。
身につけていないときは部屋に飾っています。
ネックレスは全部、リビングの壁にぶらさげています。

指輪も壁にかざっておいたのですが、一度消えたんです。
いなもと(猫)が手を出し、ぽーんと飛んでしまったらしく。
2日がかりで部屋中を探し、あきらめかけた頃に出て来ました。
以降、指輪は陶器のいれものにしまっています。

ひだまり工房の作品はわたしにとり「お守り」に近いものがあります。
緊張する時、「守ってね」と身に付ける。

上記写真はリラックス時に身につけました。
幸さんの今年の新作です。
ビタミンカラーで元気をもらっています。

来月、幸さんの作品展が島根であるそうです。

10月2日。フランス映画に出てくるような、むこうに海の見えるレストランで。
わたしは残念ながら行けないのだけど、お近くのかたはどうぞ。
海の近くなので、旅行がてらもいいですよね。
もし行ったら、どうだったか教えてくださいね。

次回は春にあるらしく、こんどこそ行ってみたいなぁ。

人気ブログランキングへ←かたゆでたまごの黄身に見える。
子どもの頃よく黄身だけ残して最後に大切に食べました。
応援クリック、よろしくお願いします。

« ねじ巻きトレイン | トップページ | ゆるせない腹筋 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

作品展をご案内くださりありがとうございます。
そして、ネックレスを着けて頂いている画像shine嬉しく拝見しました。
素敵に使って下さりありがとうございます(*^人^*)
思ったこと、感じたことをどう言葉や文字にしていいか、いつも悩みます。
文章は読むのは好きですが、書いたり伝えるのは不得手。
あの時も自分の思いばかり暴走しすぎたか??そんなドキドキもありました。
それがJUNKOさんの目にとまり、伝えたかったことだったと言って頂けた。
あの衝撃は今でも忘れられません。
そしてあの時からずっと、応援し支えて下さりありがとうございます。
おかげさまで、不得手意識もちょっと置いておいて、
blogで日々の製作を発信することが出来ておりますclover

幸さん
コメントありがとうございます。うれしいです!
勝手に応援団東京支部長やらせていただいています。
もうあれから3年近く経ちますね。
それまでも、ラジオの感想はあちこちで目にしていたのですが、
幸さんの文章はドカーンと心に響きました。

幸さんの文章はいつも、ゆっくりと丁寧に考えて、そっとひとつひとつ置くように
言葉が配されています。それが、ひだまり空間の文章の特徴です。
ビーズをつむぐのと同じ感覚なのかもしれませんね。
来月のひだまりのうた、力いっぱい応援しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49414891

この記事へのトラックバック一覧です: ひだまりのうた:

« ねじ巻きトレイン | トップページ | ゆるせない腹筋 »