« 試写会のおきて 『桜田門外ノ変』 | トップページ | 「わたくしのようなおっさん」 »

2010年9月 2日 (木)

いなとわたしの仁義なき戦い

わがやの猫「いなもと」は、抱かれるのが嫌いです。

抱くとわかります。
まーるい瞳できょとんとし、奇をてらっています。
まちがえた。機をうかがっています。
脱力しているふうを装い、一瞬の蹴りで腕を飛び出します。
そして離れた場所で、まるで見せつけるように毛繕いを始めます。
猫的解釈では落ち着こうとしているらしいのですが、
人間的解釈だと、「さわんなっ、汚らわしい」に見えます。

いなもとは人間のことばをしゃべりません。
でも人間のことばに置き換えれば、彼の口調はこんな感じじゃないかしら。

「おい、起きろ、めしくれ」
「なにやってんだ、おいらの皿、カラだぜ?」
「さっき食った? さっきって昨日?」
「お前、ひとりでアイス食ってんなよ。よこせ」

そう。
わたしの脳内イメージでは、彼は「おいら」で、わたしは「お前」と呼ばれています。

最近、おいらとお前の間で静かなバトルがくりひろげられております。
静かなれど、仁義なき戦いです。


Ina_ke1b

 
なんのためにどう戦っているかというと、石油資源のためにミサイルで戦うのとは違い、
「毛」のために知恵を使って戦っております。

ご存知の通り、いなもとには「毛」が生えています。
全身に毛がみなぎっております。有り余る毛です。抜け落ちたりも致します。
いなもとにとり、抜けた毛などなんの価値もありません。
これをフェルト資源として活用したいと考えました。

猫の抜け毛を資源とみなす。
みなしたのはわたしではなく猫毛フェルターこと蔦谷Kさん。

著書『猫毛フェルトの本』『もっと猫毛フェルトの本』が話題になり、
とうとうテレビ出演が決定!

「東京カワイイ★TV」って知ってます?
沢村一樹さんが旬の話題にチャレンジし、どこかおじさんチックな視点が楽しい番組です。
猫毛フェルトはNHK総合テレビで9月12日(日曜日)深夜23:30~23:59の放送です。

わたしは以前から脚本家として猫毛フェルトにぷち参加しています。
猫毛で作った指人形が活躍する指人形劇団「世界の毛フェル座」に
書き下ろしシナリオ『赤毛のニャン』『吾輩は漱石の猫である』を提供しました。
ここ、自慢です。 
(あ、今回のテレビ出演には関わっていません。視聴者として楽しみにしています)

少しだけど関わらせていただいた猫毛フェルトがブームになり、うれしいのですが
ひとつ残念なのは、わたし、猫毛フェルト作品を作ったことがないのです。

誰でも作れる、そのためのノウハウ本『もっと猫毛フェルトの本』がうちにあり、
もう作り方はみっしりとこの脳にインプットされているのに、猫もいるのに、

いなもとがブラッシングを嫌う。

この一点のため、フェルト作りに参加できません。
涙ぐましい努力をしているんです。
部屋に落ちた毛を拾ってためる。という努力です。
それを肝油ドロップの缶に集めること一年。

一年かけて集めた毛です。しょぼい!
 
Ina_ke3b


その本を読むと、「ブラッシングは猫のためによきこと」らしい。
猫って、毛繕いで毛を大量に飲み込むのです。
体に良いはずはなく、あとで吐きます。
ブラッシングすると飲み込む量が少なくなり、猫の負担も減るのです。

それを知ってしまうと、なんとかしたいという気持ちがUPします。
いなもとが吐く毛、たしかにすごいんです。

気持ちを新たに課題に取り組むため、猫用ブラシを購入しました。
これまでいくつかの猫用ブラシを試しましたが、駄目でした。
人間用も試しましたが駄目でした。そもそもわたしがブラシを持った途端、

「お前、嫌い。おいら、去る」と、奴はフェルト資源を抱えて逃走。

新しいブラシも結局は同じ目に合いました。
新聞購読すら断念した家計で1200円もの大枚をはたいて購入したのに。
ここで泣き寝入りはできません。知恵で戦うことにしました。

彼の脳をコントロールしたらどうだろう?
「よきこと」と「ブラッシング」を結びつける作戦です。

彼のよきことである「牛乳」を与え、飲んでいる最中にブラッシングしてみました。
するといとも簡単にブラッシングに成功!
 
Ina_ke2
 
牛乳のあまりのおいしさに、初めは気付かなかったらしく、
だんだん、なんかされている感覚が伝わって…でもそう不快ではないようです。
飲み終わると行ってしまいましたが、そのうち、
のどごしの心地よさと背中の心地よさが記憶の中で一体化し、
逆にブラッシングすると「よだれが出る」という、
パブロフの犬的反応を起こすのではないかと希望が見えました。

しかし、問題があります。
牛乳を飲むのを邪魔しないよう、そうっとブラシを動かすため
毛がほとんど採取できないのです。
しかも牛乳は体のことを考えて一日少量しか与えないため
短時間で飲み終えてしまいます。

毛は少しは抜けますが、ほんの少しです。
落ちている毛の量とそう変わりません。

わたしといなもとのフェルト資源をめぐる仁義なき戦いは続きます。
どうかみさなん、よい方法があったら教えてください。

あ、そうそう! テレビと言えば、本日9月2日、TBS 21:54〜
『CHAMPION』という番組に、わたしのちょんまげ王子・朝青龍が出演します。
たった5分の番組だけど、先週も出ていました。王子、すっきりした顔で、元気そうでした。
朝青龍を嫌いな方も、チャンネル合わせてみてください。少しイメージが変わるかも。

       ↓いつも応援クリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ

« 試写会のおきて 『桜田門外ノ変』 | トップページ | 「わたくしのようなおっさん」 »

猫てきぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

いなもと〜猫と毛の取り合いですか?我が家には,愛しのチョコ君が居ます!Mダックスと言って買ったのだが?ミニュチアではない..ダックス君が居ます!毛が大量に有ります!犬の毛でも良ければ〜大量に出るので〜送りますか>?ブラウンの綺麗な毛だよ!

michiさま
ま〜!ご親切にありがとうございます。
チョコくん!
ミニじゃないのはすくすくと育った証拠できっと幸せなのでしょう!
もしよかったらmichiさんも作ってみませんか?
↓ひとさまのサイトですが、犬もフェルトに参加してるみたいです。
http://nekoke.com/Date/20090225/

いなもととの仁義なき戦い、もう少しがんばってみます。
もし打ち破れたら…チョコにお願いします!

家にもブラッシング大嫌いな三毛がいます。
いなもと君は撫でられるのも嫌いですか?
両手を水でびっしょり濡らして逆毛を立てて撫でまくると狼男になったと思えるほど手に抜け毛が付きます。
あまりしつこくやると嫌がりますが、ご存じなかったらお試しください。
猫毛フェルトは一度作りましたが、外へ遊びに行くので恐ろしいほど毛が汚いのです。
それでも二匹分お茶缶一杯貯めました。
NHKの番組見損ねて残念。

もとさま
ブラッシング嫌いな三毛ちゃん!よかった〜
うちだけじゃないんですね。
わたしが猫馴れしていないので、いなもとが変に育ったんじゃないかと
いろいろ気に病むこともありました…

両手に水!そうか…思いつきませんでした。
それならやらせてくれそうな気がします。
今夜さっそくチャレンジしてみます! 狼女になれるかなウキウキ
はなばなしい結果をブログで発表したいと思います。

外へ遊びに行ける環境って、いいですね。
少しくらい毛が汚れているほうが、猫として幸せなんじゃないかなって思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49316403

この記事へのトラックバック一覧です: いなとわたしの仁義なき戦い:

« 試写会のおきて 『桜田門外ノ変』 | トップページ | 「わたくしのようなおっさん」 »