« ひるがた | トップページ | 130円でアフリカへ »

2010年10月29日 (金)

アカハナストーリー

いなもと(雄猫7歳)の体にちょっと気になることがあって
動物病院に連れて行くことに。

わたしもいなもとも動物病院は慣れていません。
拾ったばかりの赤ちゃん猫時代、目に炎症があって何度か通院したけど、
その後7年間、元気ハツラツ、病気も怪我もありません。

ひとくちに連れて行くと言っても、運ぶのにひと騒動です。
あばれんぼうです。
キャリーとして使ったバスケットを内側から頭突きして、頭部流血!
なんてこともありまして。

そこで考えたのが剣道の防具袋。底がしっかりしているし、広くて安定感がある。
ペット不可のマンション。一階の出入り口に管理人が常駐しているので、
誤摩化すのにもちょうどいい。
5歳で行った去勢手術の時は、防具袋に入れて夫が運びました。

今回もこれだな…と防具袋を部屋に置くと、興味津々にやってきて、
いなもと自らすとんと入ってくれました。
あらまあ。なんて簡単な。
これ幸いとファスナーを閉め、出かけます。

  
第一関門はエレベーターです。人が乗っていたら、避けます。
ペット禁止ですからね。
ですがわたし、この日はあせっていました。
早く病院へ行きたくて、ひとり女性が乗っていたのに
乗り込んでしまいました。シマッタ。

「鳴かないでね」心の中でお願いしました。
するといなもとの心に届いたようです。まるで返事をするように

「にゃあおう(はーい)」と鳴きました。

ああ…疑いようもなく猫ボイスです。
わたしは小さな声で「ごめんなさい」と女性に謝りました。
女性は「いえいえ、全然」とにこやかに笑っています。
その声に喜んだのでしょうか。

「にゃあおう(どーもです)」と鳴きました。さっきより大声です。

「すみません本当にすみません」ひたすら謝りました。
すると女性は「うちにもいますから」と言って、にっこりと唇に指を当てました。
ないしょばなしのポーズです。
優しいひとで助かりました。アリガトウゴザイマス。

車で病院に連れてゆきました。
初めて会う女医さん。診察台の上でいなもとはじっとしています。
あばれたりしません。固まってしまっています。

足が縮こまり、毛がさざなみのように波打っています。
怖いのです。
おそらく頭の中はこんなふうになってます。

Sakuga


その日は触診だけで、様子を見る事になりました。
わたしはもう診断などどうでもよくなって、
さっさといなもとを防具袋にしまい、連れて帰りました。

帰宅すると、いなもとはいつものように駆け回り始めました。
抱かれるのが嫌いで、ひとを蹴飛ばす、傍若無人な猫に戻りました。
安心しているから傍若無人でいられるのです。
壁でガリガリ爪研いでます。どんどん研いじゃってください。

しばらくして、鼻の頭がテラテラと赤いのに気付きました。
見ると、皮がむけちゃってます。

ド・キーン!

診察台では手荒なことはされませんでした。
おそらく移動中に鼻をこすってしまったのでしょう。
出ようとして防具袋の中でもがいたのかもしれません。
車の振動のせいかもしれません。

病院へ連れて行かなきゃよかった…心配ごとが増えただけです。
翌日、娘に会う機会があって、つい弱音を吐いてしまいました。

私「鼻に怪我させちゃったよ」
娘「傷、大きいの?」
私「虫眼鏡で見たら、大きかった」

こうして書くと冗談みたいですが、真剣に話しています。

娘「虫眼鏡で見ちゃだめだよ」
私「うん」
娘「いなもとは病院のことなんてもう忘れてるよ」
私「うん」
娘「だいじょうぶだよ、体も鼻も。
 JUNKOさんがいつまでも気にしていたら、いなもとも悲しいよ」

ハッとしました。

目の前におとなの娘がいます。
先日見た夢の中では小学生だったのに、いつのまにか社会人の顔になっています。
お勤めが忙しく、ほとんど会えませんが、頼もしいこと。
よく育ったねぇ。

母がアホでも子は育つ。


しみじみ考えました。
わたしが心配するから、本人がよけいに辛い…。

娘を育てるときも、きっとそうだったのでしょう。
心配しすぎる母親が、本人の心配をあおり、娘は負担だったのでしょう。
負担を乗り越えて大人になったんだ。エラい!

そして反省。わたしはいつもそう。必死になって、いっぱいいっぱいになって
限度が見えなくなって、周囲に負担をかけてしまいます。

わたし自身、心を楽にすることが、家族のためとわかりました。

アカハナのいなもと。虫眼鏡で見なければ、傷は小さいです。
クリスマスにはまだ早い…。


応援クリックよろしくお願いします!! → 人気ブログランキングへ

« ひるがた | トップページ | 130円でアフリカへ »

猫てきぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49877665

この記事へのトラックバック一覧です: アカハナストーリー:

« ひるがた | トップページ | 130円でアフリカへ »