« 哀愁の綱引き | トップページ | トオルの前髪 『行きずりの街』 »

2010年10月14日 (木)

美人のチカラ

ちょいと生活費をおろしに銀行へ行きました。
残高があやしい口座ですが、人間たるもの今日も明日も生活しなければならず、
おろすしかありません。

記帳もしたいので、カードと通帳で「おひきだし」致します。
銀行のATMコーナーでパパパパパとキーを押してゆくと
途中でだめだしされました。

暗証番号が合ってません

あれ? そうなの?
残高もあやしいですが、脳もあやしくなりましたか?
記憶違いだったのねと、数字を並べ替えて入力します。

合ってません

え? また?

合ってません 

え? うそ!

使えません

ん?

ああっ、そうでした。
暗証番号を何回か間違えると、カードが使えなくなるって、
聞いたことがありました。

それをやっちまいました。

脳が!脳が! もうやばい?

 
ふと通帳を見ると、違っています。
名前が違っています。
似てはいるんです。
四つの漢字のうち、ひとつだけ字が違います。

娘のでした!

ああっ! 娘の通帳ならば、暗証番号は知っています。
だってこの通帳、わたしが作ったのですから。
母子家庭がスタートした時、娘の学費やらなにやらを
生活費と分けるために作った口座です。

学費を食いつぶすまい。という母心です。泣ける〜
あの頃の自分はやけにしっかりしていました。
今はもう、ぼやぼやです。
通帳を間違えた上に、カードが使えなくなるまで気付かないなんて。

ATMの画面には「併設の受話器をとって係員に連絡してください」とあります。
なにやら緊急事態のようです。
エレベーターに閉じ込められた人のような気分です。
受話器を持って事情を話すと

カードはロックされてしまい、再発行しないと使えません。

ということでした。
さらに銀行のひとに直接説明を受けることになりました。
このとき、わたしは帽子を目深にかぶり、かなりあやしい人でした。
でも銀行のひとは懇切丁寧に応対してくれました。ありがとうございます。

再発行には本人証明が必要だとか(わたしじゃだめみたい)、
この用紙にこれしてあれしてこうしてくださいとか、
なんだかとってもめんどくさいことになってしまいました。
「もっとめんどくさくない方法はありませんか」と言ってしまいました。

わたしは自分にがっくりきてて、うなだれており、
頭がまっすぐに働かなかったんです。

ちょっと時間を置いて考えてみると、
なんとすばらしいセキュリティーシステムでしょう!
銀行さま、あなたさまは正しいです。
そうやって、犯罪から貯金を守ってくれているのですからね。

いそぎ家に帰り、自分の通帳を持って再来、生活費はおろせました。
めんどくさい手続きが残っていますが、本日できるのはここまでです。

ようやく帰途につきました。
自宅マンションのエレベーターに乗ると、
乗り合わせた老紳士が、でっかい植木鉢を抱えていました。
それはそれはけったいなフォルムの植物でした。
大きな葉から妙にしおたれた花がゲロのように流れ出し、うなだれています。

うなだれ方がはんぱじゃありません。
今のわたしのような「ぐったり感」があります。
この植物もナニか失敗したのだろうか?
それにしても妙な植物です。

「変わった植物ですね」と尋ねてみました。
紳士はにこにこして、でも返答はありません。
言いたくないのか、聞こえてないのかわかりません。

「サボテンですか」わたしは大きな声でしつこく尋ねました。知りたがりなもので。

「月下美人です」と紳士は答えました。

おお!

「夜しか咲かないんですよ」
紳士はそう言って、困ったものだというふうに、ニコっと笑いました。

月下美人!
わたしのようにうなだれた、月下美人!
略して「わたしのような美人」

調べてみると、月下美人は夜しか咲かず、しかもひと晩しか咲かないらしい。
なんとロマンチックなことでしょう。

紳士は、大切に育てた月下美人を「まさに今夜咲く」というその日に
愛する老婦人に届けました。
そしてその夜、花はひと晩中、彼女の目を楽しませます。
彼女は病の床にあり、日々をうつうつと過ごしていました。
でもその花を見て、来年もまた見たい。がんばって命をつなごうと思います。
翌日、紳士は再び婦人を訪ね、彼女が寝ている間に、
しおれた月下美人を引き取ります。
そして彼女の命を思いながら、また1年、大切に育むのです。

というロマンスを勝手にでっちあげてみました。
シルバーロマンスというジャンルです(ジャンルもでっちあげ)。

わたし、生まれて初めて月下美人を見て、興奮しました。
おそらくあれは咲いた後の姿でしょう。
けど、人を惹き付けるチカラがありました。

今日は失敗したけど、最後にトクした気分になりました。


応援クリック、よろしくお願いします→人気ブログランキングへ

« 哀愁の綱引き | トップページ | トオルの前髪 『行きずりの街』 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

わたしのようにうなだれた、月下美人!
略して「わたしのような美人」
咲いた後でも(でもが余計か?)人を惹き付ける力が有る
っていうところは、JUNKOさんと一緒ですね!
(フォローになってますかっ?)

失敗しても負けても、最後にトクをとれればOKですね。

南こうせつの「夢一夜」が聴きたくなりました。

まあくん
フォローになってます!
わたしのような美人で、ゲロのような美人です。
わたし=ゲロ? かも?
とにかくへんてこな花でした!
まあくんのブログのコスモスのほうがかわいいです。
花びらがあんなふうに巻いてるんですねぇ。
ああいうショットは初めて見ました。

夢一夜はせつない曲ですよね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/49741700

この記事へのトラックバック一覧です: 美人のチカラ:

« 哀愁の綱引き | トップページ | トオルの前髪 『行きずりの街』 »