« 右から読んでも、しまくま氏 | トップページ | 『心の糸』を観て、できることを考えた  »

2010年11月30日 (火)

右から読んでも、しまくま氏(2)

吾輩が高円寺にいたという目撃証言が寄せられた。

Photo

吾輩は自分が思っているより人気者なのかもしれない。

この写真を撮ったのは蔦谷Kという人物で、ビデオ屋かと思ったが、猫屋らしい。
そのあたりはクマ科の吾輩には理解できない。

吾輩を見かけたら、こうして教えて欲しい。
仲間が絶滅せず元気に暮らしていることを心強く思うものだ。

尚、

JUNKOは昨夜も添い寝を強要したので、腹を立て、再び悪夢を見せてやった。
先日はスプラッターホラーだが、昨夜はファンタジックホラーだ。
JUNKOは夜中に歯をくいしばって起き、顎をさすっていた。
くいしばりすぎて顎を痛めたらしい。

ところが今朝のJUNKOは妙にすがすがしい。
年齢相応の忘却力で、悪夢を覚えていないようだ。

吾輩がエネルギーをふりしぼって創作した色鮮やかなファンタジックホラーを!
キューブリックも真っ青なゲージュツ的ファンタジックホラーを!
忘れちまうなんて!

ぼんくら相手に嫌がらせをするのはとてもむなしい。

応援クリック、はげみになっています。よろしくお願いします。→人気ブログランキングへ

« 右から読んでも、しまくま氏 | トップページ | 『心の糸』を観て、できることを考えた  »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50171639

この記事へのトラックバック一覧です: 右から読んでも、しまくま氏(2):

« 右から読んでも、しまくま氏 | トップページ | 『心の糸』を観て、できることを考えた  »