« 『休暇』と『モリのアサガオ』 | トップページ | 右から読んでも、しまくま氏 »

2010年11月27日 (土)

猫毛愛は人間愛

ある文献によると…

「猫は検閲する」らしい。

モノでも人でも、自分の生活圏にあるものは管理せずにはいられぬらしい。
それが真実ならば、これも彼(いなもと7歳)の検閲行為なのかもしれない。

090814_

「JUNKOのバッグは座れるが眠れない」という結論が出た顔なのでしょうか?

 
その文献によると…

「猫を下から見ると笑っている」らしい。

たしかに。

じゃあ、猫自身が上を見上げるとどうなるだろう?

Inaisu2

ぶりっ子顔になる。

そんなふうに、

猫のおきては実際あって、新たに作ることもできる。
猫のおきては発見であり、解釈だからだ。
猫のおきては、それを発見する人の、心の在り様を映すような気がする。


さきほどから参考にしている「ある文献」はこれ。

Nekoai1 Nekoai2

猫たわけを自称する猫毛フェルター蔦谷Kさんの新刊です。

『猫毛愛』を読むと、猫を飼っているひとは「そうそうそう」と頷きつつ、
「そういうことだったのか」と発見し、「うちの子はこうよ」と語りたくなります。

今、猫ブログがブームで、猫の写真集、エッセイ集はたくさん出ていますが
この本はあまたの本とかーなーり違います。
「うちの猫」の紹介ではなく、「猫なるもの」をやや距離を持って、
観察しているのです。

もっと正確に言えば、作者は「距離を持っているつもり」なのです。
この「つもり」こそが愛です。
そこがこの本のJUNKO的ツボです!

猫の毛が浮いたお茶を茶柱と解釈する猫たわけな作者が
そんな自分を笑いながら、つかずはなれず、猫との人生を綴っています。

わたしのように猫を飼うのが初めてで、おっかなびっくり暮らしているのと違い、
猫に育てられた(生まれた時からそばに猫がいた)作者にとって、
猫は、声を大にして「好き!」と叫ぶものではなく、
当たり前のようによりそいつつ、共存していくパートナーなのでしょう。

全体にそこはかとない含羞(がんしゅう=はじらい)がただよい、そのぶん、ひらけています。
猫好きだけで閉じた世界ではないということです。
身近に猫好きがいるけど、自分は興味なくて、猫好きの話にいつも引いてしまうひと、
むしろそんなひとにこの本を薦めたい。
猫好きの心境が抵抗無く理解できます。

わたしの勝手な解釈ですが、
猫を愛することは、他を受け入れることで、
そんな自分を猫ごと愛し抱きしめることではないかと思います。
猫を愛すると、自己肯定力UPするかも。

さてそんな作者のイベント『猫毛祭りin京都』もいよいよ明日まで。
わたしが脚本協力している人形劇のスケジュールはこちらです。

わたしの夫も猫的作品で参加しています。

あしたまでです(しつこい)。

『猫毛愛』に話が戻りますが、この本を読むと
猫にありがちな癖、行動がわかります。
モノを倒したり、ひっくり返す猫、けっこういるみたいですね。
うちのいなもとは花瓶や食器など倒したことありません。えへん。
スレスレを歩き、失敗しません。えへん。

障害物競走やったらニャーオリンピック金メダル間違い無ーし!

いなもとったらなんて良猫なのでしょう!

いなもと株、わたしの中で急上昇です。

考えてみると…
いなもとが攻撃するのは障子と人間(わたし)くらいです。
自然治癒の範囲内で、たびたび傷つけてくれます。

応援クリック、はげみになっています。よろしくお願いします。→人気ブログランキングへ

« 『休暇』と『モリのアサガオ』 | トップページ | 右から読んでも、しまくま氏 »

猫てきぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

過分なお褒めの言葉、ありがとうございます。
これまでで一番、「当方が読んでほしいように、読んでいただいた」と感じたご紹介文でした。
しみじみ嬉しいです。と、同時に照れました。いろいろ、なるほど、と思いました。

>いなもと株、わたしの中で急上昇です。

というのがこの本の功徳だとしたら、とてもうれしいことですね。

そして、猫的脚本と猫的作品で、猫毛祭りにご協力・参加いただき、告知も沢山していただき、本当にありがとうございました!
すべての猫毛と猫たちに、愛を!

蔦谷Kさま
頼まれてもいないのに勝手に紹介しまして、
勝手なことを申しまして、ひやひやしてました。
とりあえずセーフのようで、ほっとしています。

作者の思いはもう作者の手を離れて
読者それぞれの解釈で吸収されるのでしょうね。

わたしはこの本を読み、いなもとの「家猫偏差値」を上げましたが、
いなもとがこの本を読めないのが幸いです。
わたしの「飼い主偏差値」downになってしまう。
飼い主というのも不遜で、大家みたいなものでしょうか。

お祭り終わりましたね!ひとやすみしてください。しないと思うけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50143151

この記事へのトラックバック一覧です: 猫毛愛は人間愛:

« 『休暇』と『モリのアサガオ』 | トップページ | 右から読んでも、しまくま氏 »