« 怪獣? | トップページ | 冬ソナの子ども版『僕が9歳だったころ』 »

2010年12月10日 (金)

もういいよ。まあだだよ。

ありえないことではないけれども、
めったに起こらない「不運」に遭遇する。

って、誰にでも少しは経験ありますよね?

ないひとはよほど運がいいか、忘れっぽいか。ですよね?

電化製品がたまたま不良品で、保障期間内だからタダで交換してもらえるけど
しばらく使えなくて生活上不便したとか、
健康診断で看護師さんがミスして採血の時に血が噴き出したとか、
カラスのふんが頭を直撃したため、出かけられなくなったとか、
買い物して帰って来ると注文と違うものが入ってたとか、

大きな、とりかえしのつかないことではないけど、

「どうしてわたしが」とか、
「運が悪いな」って、思うようなこと、ありませんか?

 
実はここ数ヶ月、我が身にそういうちいさな不運が続いています。
もともと運が良いほうではないので、気にしないようにしています。

「ありえないことではないけど、めったに起こらない」と言ったのは
わたしがカウンセリングを受けているお医者様で、
客観的に見ても、わたしの身に起こっている事象は
被害妄想ではなく、わたしのせいでもなく、
「不運」としか言いようのないものらしいです。

でも、ブログにはその内容を書きません。
わたしとしては、そういう負の要素はできるだけ早く忘れたい。
自分の失敗は書けますが、他人のミスでの被害は書きたくありません。
人を責めたり恨んだりするの嫌です。そういう感情は疲れるだけ。

できたら、自分はツイている。運がいい。と思いたい。
そういうふうにマインドコントロールしておきたいんです。

昨夜のことです。

夫が珈琲をいれました。ふたりぶんです。ありがとうございます。
わたしは猫舌なので、すぐには飲まず、しばらく置いておきます。

夫は椅子に座って、珈琲カップを手に持ちます。
そこまでは目撃しました。

ドス!

なんともすごい音が聞こえ、見ると夫の体から湯気が立っています。
夫は珈琲まみれになり、呆然自失という風情で、椅子の横に立っています。
床のじゅうたんに、カップがころがっています。

落とした?

いいえ、夫の手にはカップのとってが残っています。

とっての根元が折れ、カップが落下したのです!

「火傷ない? 冷やして!」叫ぶと、夫は水道水で手を冷やしました。
幸い火傷は無く、椅子のクッションとじゅうたんが濡れただけで済みました。

珈琲カップのとってがとれる。
これってありえなくはないですが、滅多にないことじゃないですか?
カップは粗品です。粗品とはいえ、珈琲粉メーカーの粗品です。
もう2年は使っていて、今までトラブルゼロでした。
よりによって、飲む瞬間にとれるなんて、どういう了見なのでしょう?

わがやの不運は続きます。
今まで書かなかったのに、なぜ書いたかというと、今回わたしの被害はゼロだったんです。

珈琲は一滴も我が身に飛ばず、火傷も無く、服も汚れませんでした。
ですから今回の負の要素はわたし的には「笑ってしまえる」もので、
夫には気の毒ですが、ここに、記します。

濡れたじゅうたんに布を押し当て、水分を吸わせながら、わたしは言いました。
「これはなにかの前兆じゃないべか」

夫はクッションの中ワタをしぼりながらうなずきます。
「めったにないことだし、…なんだか最近続くよね」

「ぜったい何かが起こる。天変地異に近いビッグラッキーが来る!」

わたしはそう叫び、自分の考えにうっとりしました。

シナリオを考える時のセオリーですが、
良い結果の前にはなるべく「落として」おくのです。
これでもかこれでもかと不幸を作り、落とすだけ落としておくと、
ラストの好転で、大きなカタルシスが得られます。

「大きなカタルシスの前兆だね! かんぱい」

わたしのカップにある珈琲を夫のカップに半分注ぎ、
ふたりで前祝いをしました。
前祝いって、そりゃあ、これから来るかもしれないビッグラッキーのです。
能天気? はいそうです。そうでなきゃ、やってられません。

Cup  ラッキーの前兆


天変地異に近いビッグラッキー、もうそろそろ来てもいいよ。


応援クリック、はげみになっています。よろしくお願いします。→人気ブログランキングへ

« 怪獣? | トップページ | 冬ソナの子ども版『僕が9歳だったころ』 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

夫様、お気の毒でした! やけどなく何よりです。
そしてビッグラッキーは、来ると思います。確実に。
そこに賛同した上で、ちょっと、理論的な反論。

>よりによって、飲む瞬間にとれるなんて、どういう了見なのでしょう?

いやいや。とれるとしたら、逆にそういう瞬間が一番確率高いですよ。

とって部分に、目には見えないダメージがあり、あともう少し何かの負荷が掛かれば取れる、という状況だった場合、とってが取れるタイミングというのは、ただ棚に静置されているときではなく、中にコーヒーが入って重量が増し、持ち上げることによってその重量がとってにかかる、その瞬間ということになりますもん。

因みに、昔、浅草のステーキ屋で、当方の姉がお茶の湯呑みを持ち上げたところ、持ってない側の半分が、すぱん!と切り落としたように割れて落ちた、ということがありました。

また、とんかつ屋から出前を取り、皿の上のとんかつをナイフで切っていたら、その下の皿のほうがいきなり割れた、ということもありました。これも姉ですが。

当方自身にも、

>ありえないことではないけれども、
>めったに起こらない「不運」

多いです。日常的にあります、というくらい。
人に話すと、「そういうことってあんまりないですよね~」ってげらげら笑ってもらえるのでいいかと思っていますが、まだ、気が済みません。
くっそう、いつかこれをネタになんかしてやる。

JUNKOさん、ビッグラッキーは近いですよ!

しつこく追加です。
お話ししたことがあったかもしれませんが、カラスには、ふんを落とされたのではなく、頭をつかまれたことがあります。

蔦谷K様
理論的な反論、なるほどです!
置いてて割れたら霊がいそうですし、
洗ってる時に割れたら洗ってる人(洗い係は夫)のせいになります。
平和的かつ理にかなった割れ方だったのかもしれません。

ちなみに驚きました。
湯呑みが割れた。皿が割れた。に驚きました。
それってめったにない話ですが、その先の「ありえない」部類に入るかも。
ひょっとして、お姉様、とても力強い方なのでしょうか?
しかも、ステーキととんかつ。
力強い人が食べそうなものです。
しかも妹のKさんまでそういうことが多い系なんですね。
わたし、自分だけじゃなくて、ほっとしました(人の不運で喜んでごめんなさい)。

カラスの話は聞きましたが、あらためて考えるに、
カラスは何と間違えたんでしょうね?
大きなオニギリ?

人間には,良い事が多くあると,悪い事もあるように成っていると思っている!だから〜幸せしか無い人なんて皆無だから〜その幸福の大きさが,不幸の大きさに,匹敵すると私は考えています.だから出来るだけ大きな幸せは一生の内に,数回しかないはずだから〜良い事が続くときは要注意ですが〜今回のカップの,とってが割れた事が不幸だが??残念ながら火傷をしなかった事が幸福と考えると〜大きなビックウェ-ブ???天変地異は?ちょっと無理じゃないかな?
私は今日朝〜本当に神棚の髪飾りが,私が茶の間に入ったと同時に落ちました?ひぇ〜と神飾りが?絶句です!嫁さんに教えたら,亡くなったおじいちゃんの細工なら一年くらいでは落ちないが,貴男の取り付けだから,一年持たなくて普通じゃないと言われました〜だから不幸じゃない〜しっかりすれと言われているだけだと〜反省です...

michiさん
ああ、ほんとうにそうですね。
良いことと悪いことは、よいあんばいに配分されています。
そうです、ほんとうにそうです。
あのカップで、夫が火傷でもすれば、ビッグウェーブが期待できましたが
絨毯よごれたくらいでは、無理かもですね。残念!

神棚の飾りが落ちましたか!
しっかりすれ!まさにそういうことかもしれませんね。
年末に向けて気を引き締め、事故など起こさぬようにと
神様かご先祖様が教えてくれたのかもですね!

しかしカップは落ちるは、髪飾りは落ちるは、
ひょっとしたら引力が強まってる。かも???

当方の不運が日常的であることが証明される(されなくてもいいのに)ように、昨日もそういうことがあったのでしつこく書き込みます。

ラーメン屋で、半分くらいラーメンを食べ進めたところで、麺が20本ほどさばききれずに束になったまま固まっている箇所に出くわしました。
自宅でラーメン作っても、そう起こることではありません。しかもお金を払って買ったプロ(たぶん)の作ったラーメンで!

固まっている箇所の前後(上下?)を、割り箸の角でうにっと押しつぶすようにして切り取り、その他は全て食べました。件の箇所は、どんぶりの中のレンゲの上に置き、ご馳走さまと店を出ました。

2、3本ならともかく、20本くらいをくっつけたままゆで上げるほうが難しいぞ。

蔦谷Kさま
おっ
板状ラーメンですか!
仲良し麺ですね。
自宅でもなかなかそうは仲良くなれません。
3本がせいぜいで、20を束ねるなんて、特殊技能かもしれません。

うーん。妬ける。
Kさまに妬みを覚えます。
だって、わたしより先にわたしより大きなビッグラッキーが来そうで、
なんだかな〜落ち着きません。
こちらももう少し不運を探してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50262817

この記事へのトラックバック一覧です: もういいよ。まあだだよ。:

« 怪獣? | トップページ | 冬ソナの子ども版『僕が9歳だったころ』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ