« 大安の日曜日 | トップページ | イルカ脳 »

2010年12月13日 (月)

命の重み『ずっとあなたを愛してる』

公開時に見に行こうと思って、機を逃してしまい、悔しかった映画です。
やっとこDVDレンタル開始され、さっそく借りました。

『ずっとあなたを愛してる』2008年フランス映画

ミステリージャンルではありませんが、
真実が最後まで伏せられ、徐々に明らかにされる…
そこがドラマのキモ。というツクリの映画です。

疲れきったような女を、みずみずしい女が迎えます。
ふたりは姉妹のようです。ですが、よそよそしさがあります。
ふたりには15年の空白があるのです。
姉は今までどこでどうしていたか、観客は少しずつ手がかりをつかみます。
途中で姉の過去がわかります。
すると今度は「なぜ彼女はそうしたのか」の謎が生まれます。
妹を含む登場人物たちと共に、その謎を考えてゆくことになります。

_
 
ネタバレもあるので、これ以上知りたくない方は、続きを読まないでください。

 
このブログで以前、「まるでホラー『ジーン・ワルツ』」を書きました。

『ジーン・ワルツ』は2月5日公開の日本映画です。
今をときめく海堂尊原作の医療ミステリーで、生命の誕生をモチーフにしています。

対し、『ずっとあなたを愛してる』は子殺しの話です。

ところがわたしは、
生命の誕生を扱った『ジーン・ワルツ』より
子殺しを扱った『ずっとあなたを愛してる』のほうが
よほど命を大切に、神聖なものとして扱っていると感じるのです。

わたしは映画作りに夢を持っています。
日本人だし、日本の映画界でかけ出しとして奮闘してるし、
今後、日本で映画作りにどんどん参加していきたい。
ですからもちろん日本で作られた映画を応援したい。
悪口は言いたくないです。

けど、『ジーン・ワルツ』はおかしいです。

どうしてああいう話が公開を許されるのか、納得いきません。

映画は自由です。人殺しもありだし、世界滅亡もありです。
でもそれは表層的なことで、根底に倫理は必要です。
『ジーン・ワルツ』は生命倫理の一線を越えていると感じます。
あってはならないことを美化し、正義と言いくるめています。
あくまでもわたし個人の解釈ですが。

わたしは未熟な人間です。発言が間違っていたらごめんなさい、謝ります。
『ジーン・ワルツ』をご覧になって、「これでいいんだ」と思った方は
どうぞわたしに教えてください。この映画がまっとうである理由を教えてください。

あ、ごめんなさい。

『ジーン・ワルツ』の話じゃなくて、『ずっとあなたを愛してる』でした。

この映画は淡々と進み、謎解きだけがドラマを支えている映画ですが、
創り手の真摯な思いが伝わってきます。
エンターテイメント性は低いですが、わたしは目が離せなかった。
固くて重みのある見応えです。
もちろん、生命倫理は貫かれています。


応援クリックよろしくお願いします!! → 人気ブログランキングへ


レンタル情報はこちらで TSUTAYA online

« 大安の日曜日 | トップページ | イルカ脳 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
この映画は知りませんでした。面白そうです。
今後観ることがあったら、感想をお知らせしたいと思います。
すいません。観たいと思う映画がありすぎなんです。追いつきません。
クリスティン・スコット・トーマス出演の映画では『イングリッシュ・ぺーシェント』が好きです。
JUNKOさんの『通夜女』は、日本はもちろん、海外の市場でも通用する可能性を秘めていると
思います。
ちなみに、僕は一年半前に、すでに(ペーパームーン後のヒロユキ)です。

ヒロユキさま
先輩!
ペーパームーンをわたしより1日でも早く観た方は「先輩」とお呼びしたいです。
1年半も前に「ペ後」ですか〜 うーん、負けた…。
クリスティンさん、『イングリッシュ・ペーシェント』に出ていたんでしたっけ!
それも気付きませんでした。あの映画は壮絶ですよね。
せつなくておそろしい。たしか2度見ています。
『通夜女』を覚えていてくださって、ありがとうございます!
実は最近仕事に疲れ、弱気になっていましたが、その一言で元気になりました。
『通夜女』も今、世に出ようとがんばっているところです。

わお!とうとうDVD化されたのですね!
わたしも劇場で見逃して悔しい思いをしました。

ところで『通夜女』、「世に出ようとがんばっているところ」なんですね!
大好きなシナリオなのですごく期待してます!
どんな形で出されるのかはまだオープンではないのかもしれませんが、
できることなら映画で観たいなあ。
函館・・・のグランプリ受賞作は、結構映画化されてますよね。
『通夜女』はそれらに勝るとも劣らない・・・
少なくともわたしは、函館の受賞作で一番好きな作品です♪

こころんさん
そうなんです、DVDやっとなりました!
今、新作料金なのですが、うちの近所では
新旧合わせて4本千円デーがあって、そのとき狙うんです。
ちまちました話ですみません…

『通夜女』、こころんさんの心に残っていること、ほんとありがたいです。
現在某所で検討してくれています。
長い道のりですが、あきらめずに待ちます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50286618

この記事へのトラックバック一覧です: 命の重み『ずっとあなたを愛してる』:

« 大安の日曜日 | トップページ | イルカ脳 »