« 凍りつく女の強さ『フローズン・リバー』 | トップページ | 第九の真実 »

2010年12月24日 (金)

イヴにサンタの贈り物

  

今日はクリスマス・イヴですね。

家の中にらしいものは無いし、窓からもらしい風景は見えず、
心穏やかにせっせと働いています。
ぶんぶん便にも書きましたが明日は第九を聴きにゆくので
そのぶん、今日はせっせとがんばるのです。
夕食のご予定はレトルトカレー様でございます。

カチカチカチカチ、一心不乱に文字を打ち込んでおりますと、ハタと。

かたまりました。
パソコンのフリーズなんてそう珍しくありません。ありませんが、
感触として「やばい感じ」がします。

やはりそうです。なかなか生き返りません。
仮死状態から瀕死状態(あれ? どっちが重病?)になりましたが、
モウロウとしています。このままでは作業ができません。

 
実を言うと、このパソコン、別の箇所は既に死んでいます。

「そろそろこいつはアカンな。買わないとな」と思ったのが1年前。
だましだまし使ってきました。
棺桶に片足つっこんでるのを無理矢理引きずり出し、働かせているんです。

棺桶からひきずり出すと言えば、そんな映画を観た記憶があります。
ちゃんと伝える』です。

この映画ははっきり言いますと、がっかりでした。
幼馴染みのマドンナ的存在の女の子のエピソードです。
仲間に人望が無い男の子が学級委員に立候補した時、
その女の子、クラスのみんなの前で「君は器じゃない」と言ったんです。
その行為をまるで英雄のようにたたえ、「はっきりものを言う、立派な女の子」としてるんです。
それがこの映画では正義なんですねぇ。
彼女は照れつつも言います。「ちゃんと伝えないとね」

え?

ダメなやつだとしても、学級委員に立候補するなんて、見上げた心がけじゃないですか。
あんなめんどくさい職種を買って出ようなんて、けなげです。
なってから、成長するかもしれません。
それを「器じゃない」なんて、人前で。えらそうです。
「ならお前がやれ、ばかもの」とわたしは心の中で叫びます。
そんな嫌なエピソードを「ちゃんと伝える」というテーマに結びつけるなんて、
創り手の感性、疑ってしまいます。

この映画は父と息子の関係がテーマです。
主人公は死んだ父を棺桶から引きずり出し、
無理矢理並んでベンチで釣りをするんです。遺体と釣りです。
そこ、感動するシーンらしいです。長々とやっています。
そのシーン、わたしはあきれて口ポカンでしたが、
会場からかすかに失笑が聞こえました。
やっぱディテールで違和感があるものは、全編違和感が貫いているのです。


さて瀕死のパソコンですが、入院させるのはまずいんです。
1日だって使えないでは創作がたちゆきません。
衰えを感じたら新規購入してダブルに使い、徐々に新しいものに以降すべきなんです。

なのに買い替えを棚上げにしていました。
思い切って「買う」ができずにいました。

うちの冷蔵庫はしゃべります。
しゃべりますが機能しています。
完全に冷やせなくなったら買えばいいと思っています。
ガステーブルも点いたり点かなかったりです。
完全に点かなくなってから買えばいいと思っています。
テレビは地デジ化していません。
観られなくなってから買えばいいと思っています。

でもパソコンは困ります。
使えなくなる前に買うべきなんです、わたしの場合。
だって創作の相棒なんですから。魂を共有している相棒です。

さっそく今日、購入手続きをとりました。
定期を解約しておいてよかった。
しかしこれで生活費は一ヶ月分、とんでゆきました。
残りの生活費が尽きる前に、仕事を開花させねばなりません。

さすがクリスマス・イヴです。
サンタは良い子のわたしにちゃんとプレゼントをくれました。
新しいパソコンです。
もとい。
「新しいパソコンを買う決心」をプレゼントしてくれました。
「てめえの金で新しいパソコンを買う決心」です。

ここまで不具合にならなければ買う決心がつきませんでしたから、
それもよしとしましょう。

さて新しいパソコンが手に入るのは来年です。
それまでこの子にがんばってもらいます。
不思議と買う手続きをしてから、持ち直しているんです。
ありがとう、ありがとう。

さあ、息のあるうちに働きます。

ちなみに夫のもとへもサンタが来たようです(写真はパジャマのズボンのスネ近辺)。

Pazyama

ここまで破れたら買おうかなと夫は言います。
下着もちくちく縫いながら何年も履く夫ですが、この破れ方はショックだったようです。

「てめえの金でパジャマを買う決心」もくれたんですね。ありがとう、サンタ!


応援クリックよろしくお願いします!! → 人気ブログランキングへ


レンタル情報はこちらで TSUTAYA online

« 凍りつく女の強さ『フローズン・リバー』 | トップページ | 第九の真実 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

> 徐々に新しいものに以降すべきなんです

やはり、買い換え時期かも知れませんね(笑)

ハートエッジさま
やはり、しかたないですよね。痛い出費でしたが。
新品が来るまで薄氷を踏む思いで使うしかありません。ヒヤヒヤです。

私も今年はiMac27インチとiphoneとipadを今年1年で購入!出費がきつすぎだが?iphoneを購入したら,G4でも,無理なので,定期解約して買いました〜でも踏ん切りは必要です.淳子さんは,仕事で使う必要アイテムなのだから,仕方ない出費ですね〜まぁ〜機械はどんどん進化するのに我々がついていけない程機械は進歩して,新しい機械だと,今まで不便を感じなかった新しい世界が広がります.購入後まだ日にちはあるようですが〜古い機械もだましだまし使い切ってあげてください.サンタは本当に居たんですね〜ちょっとした後押しが必要だった人にそっと後押しするんだから!

うちは、22歳になる車をだましだまし、使っております…
アクセル踏んで、いざ発進も、体が重くてズルズル進み出し、オートマのギアもうまく代わらない時があります。ブレーキはもちろん、修理もし、しっかりと利いております。
そうですね~買い替え時期、タイミングとお金の問題が難しいです。
愛着もあるんですよね、この車に。乗れるだけ乗りたい、ってことにしてます。

michiさん
すごいですね!りんごの国のひと(アップル)ですね。
りんごをそれだけ揃えられるなんて、すごいです。
今年はほんとうに物入りでしたね。
うちもりんごの国ですが、古いので、腐りかかってる完熟りんごデス。

サンタは後押ししてくれたのですが、そっとというか、
かかと落としくらったような衝撃でした。サンタのかかと落とし。赤いブーツでです。


アンジーさま
22歳は長寿ですね。すごい!立派です。い〜な〜
わたしは去年、15歳の車とサヨナラしました。天井に穴があいたんです。
やはり愛着があったので、手放す時はナミダナミダでした。
形見のバックミラー、家に飾ってあります。
どうぞ長寿記録、堂々更新してください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50385757

この記事へのトラックバック一覧です: イヴにサンタの贈り物:

« 凍りつく女の強さ『フローズン・リバー』 | トップページ | 第九の真実 »