« 小原さんに続け | トップページ | 伊丹脳遊園地 »

2011年1月31日 (月)

へめへめしひしるるるるる

 
前の日記のコメント欄で、小原庄助談義に花が咲き、
思わぬところで小原人気を思い知ったわたしです。人生は楽しい。

ところで。

へめへめしひしるるるるる

って、知ってます?

Kao_senga


これです。へのへのもへじの不良バージョンです。
大学生のとき、山中湖の湖畔で、友人が土に描いて教えてくれました。
ふと、思い出しました。

さて、
寝違えの痛みですが、湿布と葛根湯で、なんとか日常生活を送っています。
コメント欄のアドバイスに救われて、正しい処置をしたからです。
湿布の効き目、大であります。ありがたやありがたや。

あとで調べてみると、痛みの初期に温めるのはもってのほかだそうです。
朝、痛いと思った途端、「そうだ庄助になろう」と
朝湯につかろうとしたわたしは、マッチでした。もとい。愚か者でした。

風呂場の電球が切れたのはやはり神の啓示だったんです。
「この愚か者、今入ったら死ぬるぞ」と、
電球を切ってくださったのでしょう。

わたしには神がついている。
急にその気になったわたしは、「ツイているわたし」を自慢しに
夫の仕事部屋を覗きました。
夫は聞いてるのかいないのか、パソコンを見ながら言います。

「細木数子さんが言うにはね」

え? 細木数子? なんでここで細木数子なんですか?

「心の美しい人に占いは必要無いんだって」

それ、どういうこと?

「心配しなくても、すべてうまくいくんだよ」

なんと!
この文脈からさっするに、夫はわたしを「心の美しい人」と思ってる?

「わたし、心が美しい?」

「うん」

その後5回くらい聞き返しましたが、夫は無言です。
仕事に没頭しているふうなので、一度の「うん」で諦めました。

諦めて、自分の部屋へ戻りました。
夫はわたしの心が美しいと思っている。
ジ〜ン。
ひとりその事実をかみしめました。

部屋は散らかり放題です。キッチンも、どこもかしこもごっちゃごちゃ。
鏡を見ます。髪はぼっさぼさ、服はよっれよれ、顔はしっわしわ。
おまけに湿布臭い。

ばっちい妻です。
でもでも、目に見えないけど、心が美しいのです。

気を良くして、エネルギー復活。ぐちゃぐちゃの部屋に書類を広げました。
確定申告の提出書類を作ってしまうつもりです。
こういう事務仕事、大嫌いなので、気を良くした時に済ませてしまおうと。

すると驚愕の事実が。
これって、年収?
月収?
まるで週収じゃん。

驚きです。
一年間、あんなにがんばって、結果がコレですか。

…………

ま、いっか。
心が美しいから、今年こそなんとかなるでしょう。

それにしても「心が美しい人に占いは必要無い」って、
細木さんに頼る人は、心がきたないってことでしょうか?
ほんとに細木さんの言葉かなぁ。夫、嘘ついてるんじゃないかなぁ。

お金が無い人は占いません。の間違いじゃないかなぁ。


応援クリックよろしくお願いします。応援クリックありがとうございます人気ブログランキングへ

« 小原さんに続け | トップページ | 伊丹脳遊園地 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

へめへめの絵初めて見ました〜へのへのは知っているが?
細木さんの言葉は信じる心があれば,良いと思うな〜名言なんて誰が言っても名言は名言です!
でも心が美しくても占いは必要かも?
必要としている私は心が汚いのかな?でもね〜信じる物は救われるからね!
でもね〜お金払ってまで見てもらった経験は無い〜朝のテレビの占い程度!

michiさま
「信じるものは救われるぅ〜」って、なんかそんな歌?ありましたね。
どんどん信じて救われてください。
へめへめはなかなかかわいいですよね。
頭はパンチパーマか、おばさんパーマかよくわからないですけど。

爺様バージョンの「つるはまるまるむし」を久しぶりに思い出しました。

夜中の凍結蛇口決壊をバスタオル三枚にタオル10枚で拭きすっかり目が覚めてしまいました。
夫の人はタオルだけ投げてくれて「明日が早いから寝る」と早瀬の様な水音にも気付かなかったそうです。
12年前、この人と結婚するかもと思い、生まれて初めて細木数子の本をドキドキしながら買ったら「12年に一度しかないめぐり合わせの相手」と書いてあったので「よ~し!」と思った記憶が鮮明に残っています。
12年たったから別の巡り会いが待っているのでしょうか?

もとさま
つるはまるまるむし。なんど書いてもじいさまにならず、ネットで検索したら出てきました!
なるほどこれは高度な顔文字ですよね!
全然知りませんでした!情報ありがとうございます。

わたしは新宿の母に「この人でOK」と言われて結婚し、11年後に離婚しました。
占いにも消費期限があるのでしょうか。
細木さんが12年というのですから、別の出会い、あるかもしれませんね。
でも、ひとつだけ旦那様のために言い訳させてください。
寝起きの人格は「ベツモノ」です。
わたしだったら、タオルも投げません。滝の夢を見ながら寝ています。
もとさまは偉いけど、旦那様も、普通に優しい人だと思います。タオル投げるのですから!

「つるハ・・ムし」と正確に書けば判りやすかったですね。関西発祥なのかな?大阪と名古屋の友人に聞いてみようと思います。
実は水浸しの原因を作ったのは私の不注意で、夫婦のリングに投げ込まれたタオル。ありがたく受け取るべきなのは解っているつもりなのだけれど・・・

もとさま
有名なんですか?
ぜんぜん知らなかったです。
3年ほど関西に住んでたんですけど、遭遇しなかった。

うふふ、リングにタオル。いいですね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50730721

この記事へのトラックバック一覧です: へめへめしひしるるるるる:

« 小原さんに続け | トップページ | 伊丹脳遊園地 »