« 日本映画の底力 『太陽を盗んだ男』 | トップページ | 夫婦愛 »

2011年1月19日 (水)

大の字で考えた

 
このところ、心を尽くして取り組んでいた創作に、
自分なりにめどがたち、今日、ピリオドを打ちました。

うれしいような、ふぬけになったような、ほわほわした気持ちです。
これってなんど経験しても、同じ浮遊感を味わいます。

相手が期限を切る創作でも、自分のペースで書く創作でも、
どこかでピリオドを打たねばなりません。
わたしが打った「。」を相手が「違う」と言って指でつまんでポイして、
「ほら、もう一丁!」と返されることはあっても、
そこから書き直し、書いた末にまた自分で「。」を打たねばなりません。

わたしは「。」を打つのに迷う事はありません。
バンバン、打ちます。
仕上がった、ここで終わりだと、妙な確信があります。

以前、美術史家の友人に、
「なぜ描く人ではなく、研究する側にまわったの?」と尋ねたら、
「芸術家は決断して筆を置ける人なの。いつまでも迷って筆が置けない自分は
描く側には向いてないと判断した」というような話をしてくれました。

絵と文章は別ものですが、わたしは決断の人です。
ピリオドを打つのに迷ったことはありません。
うまい下手の話ではありません。
言いにくいことですが、馬鹿だから打てるのかもしれません。
とにかく、わたしは評論家にはなれず、書く側で生きるしかないのだなぁと思います。

 
ともあれ、今日は少しゆっくりしようと思います。
急な仕事が入れば別ですが、ピリオドの日ですから、自分なりにリラックスしたいです。
今回は短い文章なのに、ものすごく手こずって、時間がかかり、
子どもの頃に書いた作文よりも遅いペースで、三行進んで一行戻ったりして、
「いったいどうなっちゃったんだろ、わたし」と不安になりましたが
なんとか完成の姿を見ることができました。
ものすごく気分いいです。

とりあえず、一段落。
次に進むのは明日にしましょう。

世の中の流れを知ろうと、テレビをつけると、ドラマが流れています。
大の字に床にころがって、耳だけで聞いていました。
大の字ってふつう、あおむけでしょうが、わたしのはうつぶせの大の字です。

おばさんのうつぶせの大の字。想像するだにおぞましい光景ですが、
密室(自宅)なので、許してください。

画面を見ず、音声だけでドラマを判断しますが、若い男女が結婚の話をしているシーンです。
若い男が、「奥さんになる人にはいつまでも綺麗でいてほしいな」とか、
「俺の親父はかあさんの髪型が変わっても気付かないような男でさ」とか言っています。
相手の女性の気を引きたくて「いい夫になるよ」とアピールしているようです。

そういえば、若い女性って、
「髪型変えても気付いてくれない男」をやいやい言いますよね。

甘いな〜。
若いって、甘い。←うわ、おばさんくさい言い方。

女の髪型の変化に気付く男は、もっとほかのことにも気付きます。
特別に立派な精神を持っていれば別ですが、気付く男って、だいたいが、口うるさい。
というのも、見てるんですよ。しっかりと女をね。
しかも女の「外側」を見ているんです。
食べ方とか飲み方とかマナーも見ています。

そういう男は夫になると奥さんの無駄遣いに気付くし、掃除のアラにも気付きます。
車のキズにやいやい言い、皿の欠けにやいやい言い、おかずの味付けにやいやい言います。
3キロ太ったらすかさず「太った?」と言ったりします。

どうです?
気付くって、そんなに望ましいことですか?
わたしの個人的な感覚ですが、ボンクラのほうがまだマシです。
妻のルックスなんて、老眼の精神で、ぼやぼやっと見ているくらいがちょうどいい。

じゃあ、気付かなければ善かというと、そうではありません。
仕事では、気付く人間が優秀です。
ボンクラでは、周囲の仕事が増えるばかりで、イライラします。

仕事は緻密、プライベートはボンクラ。これがわたしの理想の男性像です。

えらそー。

じゃあテメエはどうなんだと言われれば、
仕事はがんばりますけれど、プライベートはボンクラなんてもんじゃありません。
すっとこどっこいで、あんぽんたんで、とうへんぼくです。
こんな女はまあ、妻偏差値低いですね。

理想を語れる身分じゃなかった。
うつぶせで大の字ですからね。


応援クリックありがとうございます。人気ブログランキングへ

« 日本映画の底力 『太陽を盗んだ男』 | トップページ | 夫婦愛 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

私は嫁さんの髪を気にします〜ボンクラですが?伸びて来たから切ったらと言うからかな?
料理もします.洗濯もします.トイレ掃除はしないが〜嫁さんの弁当を作るし,仕事終わりにはお迎えにも行きます.
でも?ボンクラです!傷は知らない話だし太る事も気にしない〜欠けた食器は自分で投げます!
食器洗いも当然しますし〜ご飯も,といで焚きます!でも〜そんな大変な事ではないと思う
掃除は嫁さんが好きなので手を出さない〜ゴミ出しも資源物の管理もします!でもね〜ボンクラです!
夜は21時に寝ます!朝は早いので弁当くらいは,おちゃのこさいさい〜でもボンクラですが〜
そんな男だっていると思うけども??

michiさん
ごめんなさい。男性をパターンで分類してはいけませんね。
女性をパターンで分類されたら嫌ですから、男性もそうですね。
大の字のうつぶせでは、視界が狭まり、思考が狭くなるので、
やはり大の字はあおむけでするべきですね。

michiさんはすばらしい旦那様ですね。良性のボンクラ殿です。
うちの夫はわたしがモヒカンになっても気付かないと思います。
皿洗いはしてくれますが、車で迎えに来てくれた時、ライトを片方壊したので、
迎えに来てもらうのをやめました。

私たち夫婦は,両者が別な仕事を持っておりので,別に出来る事を出来る人間がする事としています.
それに平日,自分で料理を出来ないと昼食は毎度外食になります.
やはり健康面を考えると外食は太るし健康面でも絶対に良くないと思うので,外食は極力避けたい為に
自分で調理をします.ただ〜男性でも調理するが,食器を洗わない方が多いと聞くが,私は食器が汚れていると
気分が優れないので,奇麗に洗います.でも〜ボンクラです.
しかし仕事はボンクラでは,ありません!ボンクラでは生きていけません!

michiさん
仕事でボンクラだと淘汰されちゃいますからね。
そのぶん家庭では互いに気を許せる関係がいいですね。
どちらがどうする、ではなく、補い合うもので、
夫婦の数だけ夫婦の形があるってことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50629616

この記事へのトラックバック一覧です: 大の字で考えた:

« 日本映画の底力 『太陽を盗んだ男』 | トップページ | 夫婦愛 »