« 子どもの目になっちゃうの? 『白いリボン』 | トップページ | 3ミリの価値 »

2011年1月22日 (土)

涙に相当する善行ですか?

 
母から電話がありました。
田舎から送られて来たナンタラをそっちにも分けるから、取りに来いとか
よくある親族系業務連絡です。
ナンタラは餅だったり苺だったりします。

ついでという感じで、話は続きます。

「おとうさんとね、よく話をするんだけどね…
わたしら年寄りだから、同じ話をなんべんもくり返すんだけど、
お互いに覚えてないから、好きなだけくり返して話すんだけどさ」

そういうものでしょうね。
わたしもいずれそういうふうになるのでしょう。

「よく話すのは、Kさんのことなんだよ」

Kはわたしの夫です。
なにかありましたでしょうか?

 
「よくあんたを見つけてくれたと思うと、ありがたくてね、
おとうさんとなんども話すんだけど、Kさんはすばらしい、
よくあんたと結婚してくれたと思ってね、胸がいっぱいになるんだよ」

はー

「◯◯に住んでいたときのあんたの姿を思い出すと、胸が痛くてね」

前の結婚が破綻したときのことですね。

「これからあんたが娘とふたり、どういう人生を歩むのか、さんざん心配したけど、
Kさんのような人がこの世にいて、よくぞあんたたちを見つけてくれたと
時々、Kさんの顔がぱーっと浮かんできて、涙が出てくるんだよ」

あ、泣き出しました。
ほんとに泣いてますよ、母。

「よくもまあ飽きずに長いこと、あんたといてくれて、夢のようだ」

ありがたいありがたいと言いながら、電話は終わりました。

自分の配偶者を親が認めてくれるのはありがたいのですが、
「わたしと結婚し、飽きずに暮らす」という行為は、
親が涙を流すほどの善行でしょうか?

わたしっていったい?

………

善行かもしれません。


わたしでさえわたしと24時間つきあうのにクタクタなのです。
本人なので逃げるわけにもいかず、腹をくくってつきあっていますが、
基本的に他人である人間がわたしの夫をやっているのは
さぞかし難行でありましょう。感謝しましょう。

うちに限らず、他人が夫婦をやるというのは、簡単なようで難行かもしれません。


わがやの修行僧が作ったキャラクター『ぼーねこ』がトートバッグになりました。


Boneko_tt

ブログのサイドバーに特設サイトのバナーがあります。
見るだけでも、見てやってください。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 子どもの目になっちゃうの? 『白いリボン』 | トップページ | 3ミリの価値 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

夫婦って,簡単な様で所詮は他人だから,相手の立場になれる事が必要なんだろうね!
相手が手を貸して欲しいとき以外は口も手も貸さない.
でも〜見てない訳でもなく見ている訳でもなく,空気の様な関係が一番だろうね!
空気みたいな関係に成ると知らない間に取り込んで居るという事だから喧嘩も発生しないという事かな?
でも他人だからね〜結婚条件は寝室だけは別にお願いした.
寝る時だけは,別が一番だと思っていたが,年齢を積み重ねると突然死もあるから〜考えどころかな?

他人という意識があると、感謝もするし遠慮もするし、
それで心の行儀が良くなる、ってところ、ありますよね。

寝るときはひとりじゃないと落ち着かない、疲れがとれないという人は
結構いるみたいですね。
突然死は、まあ、朝気付いてもらえればいいんじゃないですか?
緊急事態の時のために、携帯を枕元に置き、ナースコールにすればどうでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50653539

この記事へのトラックバック一覧です: 涙に相当する善行ですか?:

« 子どもの目になっちゃうの? 『白いリボン』 | トップページ | 3ミリの価値 »