« 涙と笑い 『新しい人生のはじめかた』 | トップページ | 男無し! おばさん版セックス・アンド・ザ・シティ『明日の私に着がえたら』 »

2011年1月13日 (木)

金と神が紙一重。資本主義の仁義なき戦い『バトル・オブ・シリコンバレー』

 
Appleの創始者スティーブ・ジョブズとMicrosoftを立ち上げたビル・ゲイツの若き日の物語。

Photo

再現ドラマのようなものですが、きちんと人間ドラマがあって、楽しめます。

パソコンに特別なこだわりのある人には「知ってるエピソードばかり」かもしれませんが
わたしのように、なんとなく使っている人間には、おったまげな話でした。
面白かったです。

 
これを見ていると、資本至上主義の国で成功する人はみな・ドロボー。
犯罪に匹敵する行為です。どうして塀の中じゃないの? 豪邸におるん?
それもこれも、うまくやったから。怖っ。

わたしはMacを使っています。
たまたま仕事の流れで、Macでパソコンを覚えたので、たいしてこだわりはありません。
ですが一応、Apple派というか、どちらかというとジョブズを擁護したかったのですが、
この映画を観る限り、ジョブズは性格破綻者に見えます。
一方で、人間臭さもほの見えます。
わかりやすい危険人物なんですよ。紙一重系ですね。そういうセリフも出てきます。

ビル・ゲイツは潜在的危険人物です。
危険度が見えにくいけど、内在しています。

自分で何かを始めたい。という、若者の独創性から始まる物語ですが、
その到達点が「巨額の富」ってとこが、アメリカらしい。
金と神が紙一重な国。そんな印象を受けました。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

レンタル情報はこちらで TSUTAYA online

« 涙と笑い 『新しい人生のはじめかた』 | トップページ | 男無し! おばさん版セックス・アンド・ザ・シティ『明日の私に着がえたら』 »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

ちょっと興味が沸きましたが?借りにいくかというと?見てみたいと思うが?無理かも?やる事が目白押し〜決算が終わりまだまだ仕事が目白押し〜貧乏暇なしだからね〜でもMAC派としては,見る価値ありそうだね〜先日も昔のマウスパットを使う事になり〜久々に出したら〜コ-ドが短い?MACの先生に聞くと創設者が左利きなので〜マウスは基本は左きき用に作っていると言われたが?分からないで使っていたが,やはり色々深い事があるんだね〜

michiさま
年始は忙しいですよね。
これはアメリカのテレビドラマで、今、DVDレンタルできて、評判もいいです。
97分です。暗転が多くて、「ここでCM入ったんだ」とわかります。
けど、見応えあるんです。野次馬的面白さあります。
そういえばノートパソコンをマウスで操作しようとすると、
差し込み口が左にあって、コードが邪魔です。あきらかに左利き用です。
クセがありますよね。Macって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50558879

この記事へのトラックバック一覧です: 金と神が紙一重。資本主義の仁義なき戦い『バトル・オブ・シリコンバレー』:

« 涙と笑い 『新しい人生のはじめかた』 | トップページ | 男無し! おばさん版セックス・アンド・ザ・シティ『明日の私に着がえたら』 »