« ところにより害獣 | トップページ | 沈んだ太陽 »

2011年2月10日 (木)

毒舌王子「ちがくね?」

 
政治のことはよくわかりません。

わたしの人生の主役はあくまでも自分で、その周囲にいろんな風景があって、
いろんな人と出会って、泣いたり笑ったりしていますが、
政治は、通り道の壁にある壁画のようなもので、視野のはじっこに見えたり
見えなかったりって感じです。
政治に支えられて義務教育が受けられ、医療を受けられ、
わたしは国民として守られています。
こんな非力なわたしでも、子どもを産み、育てられたのは、政治があってこそ。
なのでしょうが、頭でわかっていても、感じることはあまりないです。

わたしは常にシナリオが頭の中にあるので、政治家も役者に見えます。
国会中継は起承転結を無視したダラダラと続く粗悪なドラマで、
セリフに驚きも新鮮味も無く、ただひたすらアゲ足とりっこ合戦に見えます。
いらいらする上、むなくそ悪い。
むなくそって何だろ? よくわかりませんが、なるべく見ないようにして
精神衛生を保っています。
ちなみに母は国会中継が好きです。わくわくするらしいです。
そういう人もいるので、わたしの感覚は個人的なものです。

ドラマとして見ると、発見もあります。
長年ずーっと与党だった自民党が、一転、野党になると、
役者がみんな「野党顔」になり、悪口に磨きがかかって、
「このひとたち、野党の方がむいてるなぁ」って思いました。

自民党は野党が適役なんです。
主演はダメだけど、助演で輝くのです。
与党のときより、みなさん、イキイキと発言しています。

悪口にも芸が必要です。
最も上手なのは小泉進次郎氏ではないか。わたしはそう思います。
お若いので、「毒舌王子」と命名します。この仮名で話を進めます。

 
毒舌王子は元総理の次男で、七光りで政治家になりましたが、
世襲が悪いこととは思えません。
百年続くうなぎやの三代目は「あいつ親の七光りでうなぎ焼きやがって」なぁんてそしりは受けません。
「家業を継承してえらい」って誉められます。
政治家の三代目だって、「家業を継いでえらい」でいいと思います。

とはいえあんな若い人になにができるのか、
できないだろうとタカをくくっていたら、うまいんです。
人をけなすのがうまいんです。
悪口にキレがあるのです。

一方、谷垣さんや石原伸晃さんはいけません。
悪口が下手です。
陰湿で、べたべたとねちっこく、悪口を言えば言うほど、
かわいそうなことに、自分をおとしめる結果につながっています。
これはもう、才能の問題ですから、しかたありません。
口をつつしむか、毒舌王子に頭を下げて
「進ちゃんの野党としての毒舌講座」を開いてもらってはどうでしょう。

悪口は明るくさわやかにキレ良く、
言ったあと、自分が上に、相手が下に。正しくおとしめないといけません。
自分がおとしめられてはいけません。
国民に「ほんとそうよねえ」と思わせなければなりません。

この講座はマニュアル化してはいけません。
万が一にも与党になってしまった場合、次期野党がこれを引き継いでしまいます。
政治家は離党したり入党したりするので、データは流出します。
あくまでも講義は口頭で、そして与党になったらすっかり忘れる。
これがコツです。

毒舌王子には二点、ネックがあります。
まず、今のところ得意は「攻撃」なので、「守備」ができるかどうか。
与党になったら、活躍の場が無いかもしれません。

もうひとつは、若さゆえの「言葉遣い」です。
先日、国会で堂々、

「違くないですか?」と発言しました。

誰もツッコミませんでしたが、腹の中で笑われたのではないでしょうか。
わたしは大笑いしました。
堂々、若者言葉です。
若者はよく言います。「ちがくて」
意味は「そうじゃなくて」であり、「違っていて」の変形でしょう。
応用として「ちがくね?」などがあります。

毒舌王子はこの「ちがくね?」を丁寧に「ちがくないですか」と言ったわけですが、
この言い方はまだ日本語としては認められておらず、国会内で使うべきではありません。

でもこれも、野党ならご愛嬌です。
与党になって、万が一にも大臣になって「ちがくね?」をかましたら

想像するだに、面白い。

わたしにとり政治は壁画なので、多少面白い方がいいという無責任な思いもあり、
このままの言語感覚でよろしくやってくれと、思ったりもいたします。

なお、本日の文章はすべてコメディのウォーミングアップであり、おちゃらけなので、
よくテレビで使うところの「事実に基づくフィクション(ってなんだよ)」ですので、
本気になって怒ったり、信じたり、しないでください。
そこんとこよろしくです。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« ところにより害獣 | トップページ | 沈んだ太陽 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

北海道では,今日『沈まぬ太陽』が,放送されます!見たかった映画です!7時から長々とやるようです!興味ありので見ますが?日航機事故鮮明なテレビ放映の記憶が〜期待して良いのかな?最近はもっと興味のある映画もぞくぞく作られていて,民放で放送になるのを楽しみにしているが?国会中継よりは〜きっと良いのでは♩♫♬!

michiさま
「沈まぬ太陽」はわたしも見ようと思っています。
いろいろ国内の賞をとった作品だと思いますが、全く評判は知らないんです。
原作がすごいし、社会的に意味の有る映画だと思います。
つらい内容だと思うので、最後まで見られるかどうかわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50828951

この記事へのトラックバック一覧です: 毒舌王子「ちがくね?」:

« ところにより害獣 | トップページ | 沈んだ太陽 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ