« ほしひゅうまん | トップページ | 満腹脳のあほー »

2011年2月 6日 (日)

手すりの無い橋

 
夢を見ました。

夜の荒野を歩いています。
歩きながら携帯電話で娘と話をしています。

やがて橋が見え、渡ります。
橋は手すりが無く、落ちたら谷底で、かなり危ないのですが、
こちらの恐怖を悟られないように、娘と明るく会話しながら渡ります。

娘の声はときどき音声が途絶えます。
やがてときどき聞こえる程度になってきました。
ときどき聞こえる娘の声は明るくて元気いっぱいで、
話の内容はつかめないのですが、
娘のいる場所はここと違って安全地帯なのだとわかります。

やがて娘は「わー、洋食定食安い。ここに入る。じゃね」と言い、電話を切りました。

会話が終わるとわたしの歩も止まります。
橋は無事渡り終えましたが、荒野は続きます。
はるか遠くに都心の光が見えます。夜でも明るい都心です。

遠すぎて、たどりつけそうにありません。
そこへ向かっているのかどうか、自分でもよくわかりません。
ただひとり、わたしは荒野に立っています。

それだけの夢でした。

目が覚めたとき、夢ってすごいなーと思いました。
現実の心境がそのま映像になっちゃうんですからね。

ちなみにこれは悪い夢ではありません。
大切なひとが明るい場所に居る。しあわせな夢だと思います。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« ほしひゅうまん | トップページ | 満腹脳のあほー »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

去年から、少しずつ歩いて、東海道五十三次の踏破に挑戦中なのですが、
ちょうど宿場と宿場の中間あたりで、「荒野」の気分になったりします。
ひとり旅です。ひとりは気楽だし、道を間違えたとしても誰にも怒られないので楽なのですが、
時々、心細くなるときがあり、そのときばかりは、
「せめてツイッターでもやっておけばよかった」
と思うこともあります。
そんなとき、大切な人の声が聞けたら、しあわせだな。
そんなことを思い出しながら、読ませていただきました。

1868さま
夢を持ち、挑戦すると、つきあいやしがらみを切り捨てる部分も多くなるので、
ときどきハッとするほど孤独を感じますよね。
心細くて押しつぶされそうになるときがわたしにはあります。
ツイッターはわたしはやっていませんが、
そういうきもちで利用している人も多いでしょうね。

実際には電話をかけないけど、かけてもいい人がいるとか、
大切な人が、遠くだけど、しあわせそうだとか、
そういう見えない支えでどうにか乗り切ったりしています。

毎回見ていて思う事!夢って見るのですか?私は本当に見ません!何故でしょう?
夢を見る機能が無いのかな?アルコ-ル漬けの月は終わりました!
2月は出来る限りノンアルコ-ル生活です!でも〜?夢は見ません
寝不足で熟睡出来ていないのかな>?
アルコ-ル抜きの生活にも徐々に慣れて来ているのに夢は寄って来ない?
不思議です〜毎日が平凡すぎて喜びも悲しみも大きなイメ-ジとか?ダメ-ジとか?無いからかな?
まぁ〜平凡に超した事無いけどもね〜?相撲の様に次から次にの災難も?
自業自得と言うが,お相撲さんだって生きて行かなければ成らないのに?

michiさま
夢は科学的にはみな毎回見るそうですよ。ほとんどが起きた時に忘れるのだそうです。
わたしはかなりはっきり覚えています。ほぼ毎日見ます。
5歳の時に見た夢も覚えています。

朝青龍が追い出されてから大相撲は全く他人事で、冷たく距離を置いてますが、
相撲の八百長は刑法に触れてないので、本来大騒ぎするほどのことではないと思います。
あんなたいへんな職業につき、文化を継承してくれてるお相撲さんを
もっと大切に、あたたかく見守るべきなのに、叩いてばっかりで、変な国です。
朝青龍なんて起訴もされてないのに問答無用でやめさせられたのですから、
相撲への一部の国民感情はヒステリーです。
やくみつると内館さんのヒステリーにみんなが引きずられ、結果、宝を失い、つまらなくなり、
今はもう相撲界をかばう人たちがいなくなってしまったのでしょう。

相撲を愛しているか?どうかは?分からないが報道番組に寄って意見が違うが
イジメ的異常が報道が大半に思うが?楽しいのかな?
石原都知事は,昔からあった事と一笑したが?八百長?
相撲取りだけではないが,スポ-ツ関係者は,何事も潔白で生きて行かなければいけないのかな?
報道関係者も,本当にもう少し節度を持って報道を進めて欲しいと思うが?
何が正義で何が悪なんて関係ないと思う〜楽しめれば良いのではと思う
NHKにかじり付き,精一杯応援していた老人の夢を叶えられれば善悪なんて関係ないと思うが?
またまた相撲放送を楽しみにしていた老人の夢は踏み握って良いのかな?
父親は大の相撲ファン〜亡くなって3年が過ぎ去って良かったと思う
天国で今でもガチンコの相撲を信じて他界した事を思うと!

michiさま
巡業もすべてなくなって、楽しみにしていた地方の人々や
それによって商売していたひとたちは大打撃ですね。
報道はもっと大きな悪に挑んで欲しいですけど
ちょっと怖いのでしょうね。

ひょっとして相撲界は警察組織に嫌われているのかもとも思います。
賭博の容疑で出て来た八百長メールなんて、公表する必要ないと思います。
刑法違反ではないので。
賭博にはおそらく大きな組織がからんでいるので、そこから目をそらすための
別件かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50790895

この記事へのトラックバック一覧です: 手すりの無い橋:

« ほしひゅうまん | トップページ | 満腹脳のあほー »