« 手すりの無い橋 | トップページ | つるの恩 シドニー・ポワチエ »

2011年2月 7日 (月)

満腹脳のあほー

 
創作はだいたい朝〜夕にします。
わたしは空腹状態が快適です。
空腹だと気分がすぐれ、頭が良く回転するし、ハイになるので、
あまりものを食べずに書いています。
(体に良くないので良い子は真似しないでください)

ちなみに本日は午前中めろんぱんをかじりながら書き、半分残しました。
半分は明日のぶんです。
創作中は、途中でヨーグルトをなめたりパンやカロリーメイトをかじるだけです。
もちろん、体はだいじだし、病気は怖いです。
でも、わたしは創作を人生でなによりも優先します。
創作のために、最低限の健康を維持したいと思っています。

脳を最高の状態にしたい時はこうして空腹にしておくのですが
会議の時は駄目です。胃酸で胃がやられるので、少しは胃にものを入れてから臨みます。

急ぎの仕事のときは夜も徹して書きますが、そうでない時は夕食後は書きません。
夕食をとると体のエネルギーが消化方面に回り、脳がぼんやりするので、
出力は無理です。入力します。
ドラマを見たり、DVDを見たり、本を読んだりします。

 
夕食後、満腹脳でぼんやりぺったりと床に座っていました。
いなもと(猫)がテーブルに座っています。
わたしが床にいますので、自然といなもとのほうが偉そうに見えます。

猫の冬毛はみごとです。胸元がふかふかと、あたたかそうで、
座ったシルエットはふっくらと、ふくろうのようです。

「死んだら焼く?」

ふと思ったことを口にしたら、通りかかった夫はぎょっとして、

「い、いなもと? え、そりゃあ…」

実は最近、ご近所の猫が亡くなりました。
チンチラシルバー19歳。堂々、天寿をまっとうです。
めぐまれた環境で看取られた猫ですが、飼い主の悲しみは深いようです。
長く一緒に居たぶん、喪失感が大きいのでしょう。
その様子を見て、こちらもいろいろ思うところがありました。

「少し高くても、ちゃんとしたところでちゃんとして、骨を持ち帰りたい」
そう夫は言いました。

「でもこの毛、焼いちゃうの、もったいなくない?」

わたしたちがそんなことを話しているのを知ってか知らずか
いなもとはテーブルの上から堂々、まんまるの瞳孔でこちらを見下ろしています。

 夫 「剥製にするわけ?」
わたし「いや、しないけどさ」

そういうことではないんです。
ただ、死んで消滅するのがもったいないと思ったんです。
生きているものはみな、消滅します。
自然なことですが、満腹脳なので支離滅裂です。
もったいない気持ちがおさまりません。

夫はいなもとにむかって「どうしてほしい?」と聞きました。
もちろん、冗談で聞いてます。
でもその時、わたしにはいなもとの考えが聞こえたのです。

「こいつら、自分達のほうが長く生きると思ってる」

ほんとうに、心の声が聞こえたんです。
そして、まったくだと思いました。
わたしってなんて阿呆なんだろう。

いなもとを抱きました。
さいきんいなもとは逃げません。
抱くといなもとの頭頂部が見えます。

「あほーあほーあほー」頭頂部はわたしに言い続けます。
ふくろうみたいです。
抱きしめると、体温を感じます。わたしの心臓の鼓動が、
彼には工事現場の騒音のように感じるかもしれません。

「わたしが先だったら看取ってね」心の中でお願いしました。

あほーあほーあほーあほー

それがいなもとの答えです。

創作はやはり空腹時にするものです。
こんな脳では、ろくなものが書けません。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 手すりの無い橋 | トップページ | つるの恩 シドニー・ポワチエ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

人それぞれ,飼っている動物には,感情があり〜今も癒される存在である,動物の死後ですか?
難しい問題ですね?我が家の愛犬チョコは,Mダックスを飼ったつもりが,伸びる伸びる胴が伸びる
スタンダ-ドダックスです!結論から言うと,チョコが死んだら,土に帰します.
山の横に土地を保有しているので,そこに埋めるつもりです.
焼きません!焼かないで埋葬するつもりです.その後もう〜動物は飼いません.
我々が人生の半分を過ぎ去った今,飼い続ける体力が無いと思った時点で次は無しです.
家族です!だが?焼く事はしません?土に自然に返すつもりです.
でも?そこは北海道〜キツネもよく出るので,死んだ犬の死骸も持ち去られるのかも?と思うが
私は土に帰すつもりです!自然じゃないのかな?私が思う事だが!

michiさま
土地があるといいですね。
庭がないマンション暮らしは不自由です。
金魚が死んだときはベランダの植木鉢に埋葬しました。

人間も土葬の風習、ありましたよね。
わたしは子どもの頃、親戚の葬儀で、江戸時代のカゴのような棺桶に入れて
四角く掘った穴に降ろし、土葬したのを見た覚えがあります。
今も土葬が行われているところ、あるのではないでしょうか?

自分もマンション暮らしなので、生き物が飼えず、ちょっと寂しい思いをしています。

あのつぶらな瞳には、とても癒されるんですけどね。

応援クリックしていきます。

九曜の星 さま
いつも応援ありがとうございます。
うちは、ペット不可のマンションなのに、猫飼ってます。
とてもいけないことで、ルール違反です。
瀕死の子猫を拾ったのがきっかけで、面倒をみるうち、よそへやれなくなりました。
命って一度預かると、とても重たいものですね。

当方は空腹だと何もできません。
創作にせよ、打ち合わせにせよ、全然集中できなくなります。
空腹になると、頭の8割で常に「腹減った」と考えているので、2割しか使えなくなります。
「いや違うな」と、ある仕事仲間は言いました。
「頭の8割で腹減ったと考え、残りの2割で、ああそんなことばっかり考えないようにしなくっちゃと考えるので、全然使い物にならなくなる」というのです。

そんなわけで、その人と駅で待ち合わせ、ある打ち合わせに向かう際、「おなかすいた」とつぶやいたところ、途中のコンビニでアイスクリームを買ってくれました。
有能な人です。

蔦谷Kさま
やっぱそうですよね。
空腹だとムリ…それが人間として正しい姿だと思います。
夫も「空腹だと集中できない」と言い、せっせと食べます。
先日「ためしてガッテン」でも、噛む行為が脳を刺激して頭が良くなる…
みたいなこと(おおまかですが)言ってました。
ガーン!
わたしはひとより脳が小さいかもしれない。アセります。
そのアイスクリーム買ってくれた人、エラい!

わたしは空腹を感じて12時間くらいはへーきです。
半分死にかけてるのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/50801630

この記事へのトラックバック一覧です: 満腹脳のあほー:

« 手すりの無い橋 | トップページ | つるの恩 シドニー・ポワチエ »