« グラッときたら | トップページ | いっぺーある »

2011年3月23日 (水)

むしあけ・みっけ

本日、手持ちのお金が尽きまして、銀行へ行きました。
まず玄関を出まして、自宅マンションのエレベーターに乗ります。
14階のわたしは1階を目指します。
すると途中で乗って来た婦人が言いました。

「閉めるボタンを押すと、電気を食うから、押さないんです」

押さなくても自動的に閉まるのですが、だいたいの人は押します。
同乗者に気を使って、すばやく閉めるためです。
婦人は意識が高いのでしょう。
節電のために押さないけど、押さない理由をこちらに説明するくらい、律儀です。
さらに婦人は言います。

「20階に住んでいるのですが、13階までは足を使って、こうして途中から乗るんです」

すごい。わたしは14階なのに、まんま使っています。
ひょっとしたらやんわり注意されたのかなぁ。
さらに婦人は言います。

「昇りは辛いけど、15階まではなんとか昇ります」

すごい。するってえと、わたしは足で帰らねばならぬことになる。

 
節電意識に完璧に差を付けられました。
わたしはライバル心欠落人間なので、戦いません。
帰りもまるまるエレベーターを使ってしまいました。ごめんなさい。

銀行は車で行きました。
たまたま地震前に燃料補給したので、たっぷりあるんです。

パソコンもテレビも使っているし、寒い時は電気ストーブ使います。
テレビはニュースが気になるため普段より使っていると思います。

基本的にふつーに暮らしています。時おり音楽も聴いてます。
経済的理由でそもそもエコ的生活でしたので、必要なものしか使っていません。
今は意識して無駄を省こうとしていますが、
これ以上どう控えたらいいのか、正直、考えられません。
もっと考えなくちゃいけないのかもだけど、「ふつー」で心を保っています。

原発のことも気にしています。
気になるけど、専門知識がありません。
ないから、情報をそのまま受け取るしかありません。

じわじわと恐ろしいけど、「だいじょうぶ」と言われれば
それを前提に生活するしかありません。
そもそも危険区域に人がいるのに、こんな遠くで逃げ出すわけにもいきません。

そうそう、野菜の出荷制限、摂取制限がかかりましたね。
東京でも全域ではないけど、水道水の摂取制限(乳児のみ)があります。
とうとうきた。

日本地図をまじまじ見ます。
わたしは地理はほんとダメで、福島の正確な位置も今回初めて知ったのですが、福島は広いです。
素人考えでは、猪苗代湖より西なんて、放射線の影響はほとんどなくて、
大丈夫じゃないかと思うのですが、福島県まるごと原乳、野菜等ストップです。

念のための確実な国策だから、スーパーにある野菜は気にせず買い食べましょう、
ってことでしょう。

気にするなと言っても、ついこの前まで、食品添加物がどうのこうの、
残留農薬がどうのと暮らして来たわたしたち。
外出するとうがい、インフルエンザ対策に除菌スプレー。そんな生活をしていた矢先、
放射性物質、なんてわけのわからないものに、どう対処したらいいかわかりません。

ニュースを見ても、「なんかこわそー」って思うだけ。
思うから、またニュースを見ちゃうんです。安心したくて。
学者さんがあれこれ数字を並べても、よくわかりません。
放射線が怖いからと、たとえばニューヨークへ逃げた場合、
飛行機での被爆量がかえって多いってことはわかりました。
が、実際今いる場所にいて、なにがどう安全なのか、わかりません。

ところが、虫明です。
なんとムシアケという名前の人が登場しました。

聞いたことあります? ムシアケだって!

NHK報道局の科学文化部の記者さんらしいです。
虫明さんは野菜の摂取制限についてわかりやすく解説します。
東京都の水道水についてもです。
理屈が通っていて、「わかりましたー」と思えます。

わたし、苗字が気になるんです。
シナリオで登場人物に名前を付けることから、いつも気にしてるんです。
レストランのウエイターさんの名札で、読めない漢字があると質問します。
珍しい名前だと、本人が出身地を教えてくれたりもして、
話がはずむこともあるんです。

いろんな名前を知っていますが、ムシアケは初めてです。

虫明。表札を想像すると、かっこいい。

ムシアケに免じて、放射性物質うんぬん、全部信じとこ。

 


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« グラッときたら | トップページ | いっぺーある »

気になる人」カテゴリの記事

コメント

流石ですが?見る視点違いますね〜虫明さんですか?名字は変わった名字は多いですよね〜先輩に小保根満と言う人間がいます!コボネ ミツルと読みます! でも彼は, コホ ネマンと読み間違われます! 寒河江と言う名字も義理の弟もいます.サガエと読むらしいが?でも?見る視点は違いますね〜節約は出来る人がすれば良い.寄付も寄付出来る事がすれば良い〜押しつけはいけない〜出来る範囲が出来る事です!義援金もどこに?どう使うのか分かれば義援するが〜信用していないから,寄付しない〜私が差し出せる金額は限られているが,私の思った所に使われるのなら,喜んで寄付するが?怪しい?怪しいと思う人は寄付すべきじゃない!

michiさま
コボネミツル!なんか、ノドに骨が刺さったような気がします。
サガエさんも知らなかったです。
みっつの漢字はかっこいいですよね。上等な家柄、って印象です。
寄付は、今のわたしには出来なくて、まずは自分の足で立てないことには
人様に何もできません。
わたしはまず、しっかり稼いで、しっかり税金を払えるようになりたいです。
一人前に税金を払って、お役に立ちたいです。

>寄付は、今のわたしには出来なくて、まずは自分の足で立てないことには
人様に何もできません。
>わたしはまず、しっかり稼いで、しっかり税金を払えるようになりたいです。

当方も全くおんなじです。まずは自分がいろんなものを滞納しないようにしないと。
税金も、還付されるのでなく、追加納税できるようにならないと。
寄付するっても小銭がせいぜいです。

>ニュースを見ても、「なんかこわそー」って思うだけ。
>思うから、またニュースを見ちゃうんです。安心したくて。

それも当方全く同じです。
でも、今日出かけていてニュース見てないのですが、

>虫明さんは野菜の摂取制限についてわかりやすく解説します。
>東京都の水道水についてもです。
>理屈が通っていて、「わかりましたー」と思えます。

何ておっしゃってました? 教えていただけないでしょうか。
JUNKOさん的に翻訳されててよいので。

虫明さん。
そういえば「虫明亜呂無」という作家がいましたが、
名字とともに、名前もすごいですよね。

今朝のニュ-スでは?一歳児以下は都内の水道水は飲めません!
一歳児以上なら,問題は無いとニュ-スで?意味分かりません?
都内の水道水も飲めないなら?またまた店頭から水のボトルが無くなると思ったら〜もう無いらしい?
早いですね〜都民は行動が早い〜水道水が一歳児以下以外は飲めるのに店頭に水が無いらしい?
junnkoさんはきっと知らないんじゃ無いのかな?飲んでいる事でしょう!
でも一歳児以上の大人なので問題は無いだろう?すぐには分からん?と思われる

蔦谷Kさん
虫明解説(通訳:じゅ)
今、水道水や野菜について、基準を超えたから摂取制限をしていますが、
たとえ口に入れても「ただちに健康被害は起こらない」という説明が添えてあります。
この「ただちに」の意味は2つあって、
1つは、急性症状(吐き気、しびれ、発熱など)は出ません。
2つは、何年後かにがんになる。という心配もありません。
国が決めた基準値はあくまでも「それを一生食べ続ける場合に、健康を害するかも」な数字で
かなり低い設定になっています。
今、基準値を超えていますが、その数値は、たとえうっかり数日食べてしまっても、
1と2のように、大丈夫なんです。
でも、今のこの原発事故がいつ収束するかわからないので、
念のため、今から制限をしておくということです。
そもそも放射線量は、基本的には「これだから安全」という数値をもたず、
できるだけ避けましょうという姿勢で、さまざまなことが設定されています。
数値が出ると、制限する、という姿勢になるんです。

さらに民放では女性の学者(ヨウ素の研究者)がこんなことを言っていました。
ヨウ素の数値はチェルノブイリのデータによるもので、
日本人はそもそも海藻が好きで、ヨウ素を体にためこんでいます。
ですから、今回のヨウ素が体に入っても、西洋人より貯め込む量は少ないです。
今回の摂取制限は、自分の感覚では、必要無いと思える数値です。
全然へーきです。

この女史はおそらく本当のことを言ってるのでしょうが、
局がやばいと思ったのか「乳児は気をつけたほうがって国は言ってます」とか、
あわててとりなしていましたが、
「ヘーキなんですけど、気にする方はやればいい」と
スタンスを崩していませんでした。

何を信じたらいいのかわかりませんが、
今は精神を楽にする方向で、暮らせればいいなぁと思っています、

michiさん
ご心配ありがとうございます。
水道水は以前から気になっていたので、ちゃんと調べています。
影響が出ると予感してました。
結構、神経使ってるんですよ。こう見えて。
東京でもいろいろあって、水源が違うのです。
わたしの地域は多摩川水源なので、数値は低く,安全です。
おそらく利根川水源が、問題になっているのでしょう。
年齢でくぎられるのは、細胞分裂で影響が出るようで、40過ぎたら大丈夫なのですが、
やはり水道は気になりますよね。
乳児じゃなくても、お子さんには飲ませたく無い。という母心はわかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51196414

この記事へのトラックバック一覧です: むしあけ・みっけ:

« グラッときたら | トップページ | いっぺーある »