« ランプと妖精 | トップページ | ふたつのNとバイバイ黒田 »

2011年3月16日 (水)

カードと食パン

実家に電話しました。
地震の日に1回、安否を確認しただけで、
その後は連絡をとっていません。

わがやはパソコンで計画停電の実行や中止の情報を得ます。
決定がぎりぎりなので、インターネットの情報が頼りです。

実家はパソコンが無いので、さぞかし困ってると思って電話しました。
母は言います。

「停電? そういえば、そろそろうちも停電かしらぁとテレビを見ていたら、
 一日中ずーっと見られるのよ。ありがたいねぇ。停電しなかったわよぉ」

計画停電の日時も知らなければ、中止の決定も知らない。
知っているわたしは右往左往しましたが、
ハナから知らない母にはなんの関係もありません。

 
「食料有る?」と聞きますと、
「有るわよぉ。わたし食パン好きだからね。ちゃんと買えたわよ」
「パン、有ったの?」
「有るわよぉ」

そういえば母は早起きです。
いつも開店前からスーパーへ行き、店が開くのを待っている、そんな人間です。
そんな人間にとって「ガラガラの商品棚」なんて、関係ないようです。

「それよりたいへんなのよ。おとうさん、実印なくしちゃって」

父は銀行でお金をおろして、帰って来たら実印が無いそうです。
紛失騒動で、再び銀行に行ったり、交番に届けたり、忙しいらしいです。
実印だなんて、定期でも解約したのかと思ったら、そういうわけではないようです。

「お金おろすのに実印持って行くの?」

「そりゃあ、銀行でお金おろすには、ハンコが要るじゃない」

「定期解約なら要るけど、おろすだけならカードでしょう」

「カードって何?」

恐るべきことに、母は銀行のカードの存在を知らないようです。
わたしは知ってます。というか、知らない人がいるなんて、信じられません。

「カードって何よ? 銀行は通帳とハンコじゃないの。昔っからそうよ」

えーーーーーーーーーーー。
こういう人間に、どう説明したらいいのでしょう?

「ハンコ要らないなんてびっくりだわねぇ、すごい世の中なのね。
 ねえねえ、カードの話、おとうさんに教えてあげなよ」

母は娘が最新の情報を持っていると思ったようです。
銀行のカードを最新のニュースだと思っています。
わたしは父とその話をしたくありません。
父まで知らないと知るのが怖いです。

「カードでどうやって下ろすの?」

おそらくATMなんて言っても通じません。

「自動販売機みたいなのがあって、カードを入れるとお金が出てくるんだよ」

「まー! すごいわ」

電話を切って、しばらくしたら、笑えてきました。

この非常時に情報を収集して、あれこれ対処しようとして、すっかり疲れてしまった自分と、
カードを知らないけど、ちゃんと食パンを食べている母。

 

あんま、考えるのよそう。

肩のチカラが抜けました。

そうそう、肩のチカラが抜けるイベント情報があります。

月遅れのひにゃ祭りですって。

期間中、わたしも覗いてみようと思います。

人気ブログランキングへ

« ランプと妖精 | トップページ | ふたつのNとバイバイ黒田 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

当方も、地震後は1回しか電話していません。
当方の母もすっとんきょうですが、カードは知っています。
いやあさすがJUNKO母、おそるべし…!

当方、毎月月末に、自動的に5万円ずつ引き落とされて、別の口座に積み立てられてしまう預金があり、もう長らくそんなもの積み立ててるような経済状態じゃないので、残らず引き出して生活費にしてたんですが、油断して月末に5万円以上あると引き落とされてしまい、その口座だけはカードがないので、通帳で引き出さねばならないのですね。

その5万円を通帳とハンコ(普通のみとめ印です)で引き出そうとしたとき、過去2回どういうわけか「ハンコが違う」と窓口で因縁付けられて、確認にもの凄く時間かかりました。
当方の名字のハンコ、三文判だって既成品がなくて注文なので、偽造すると、たぶん5万円以上かかると思うのですが。
んー。

蔦谷Kさま
ハンコを疑われた女。ってことですね。
ハンコでおろす人口が少ないから、チェックが丁寧なのでしょうか。
それとも本当にハンコが「変化」したのかもしれません。
うん、それです、きっと。

ハンコの人相が変わる。って現象です。
なんか、辛いしうちにあったのかもしれません。
お風呂にでもいれてあげて、ハンコの気持ちをやわらげてあげてください。

そういえば自動積み立て、昔はわたしもやってました。
それどころじゃなくなって、解約しました…

やはり,都会と田舎じゃ違うんだね〜年掛け定期預金は,毎月銀行員が取りにきます!
だから無い訳にはいきません!毎月せっせと貯めても貯まったら飛んで行きます.
ところですごいね〜junkoさんの母親〜尊敬出来るね!
計画停電の時には寝ているとか?食材が無い事も別に困った事でもなく?
もし電気が付かなくても慌てないんだろうな〜すごいね!
銀行も判子でおろす事が普通なんだと言う事は普通だが〜時計の回り方がゆっくりなんだね!

michiさま
えー銀行員が取りに来る!
それはそれは…そうなんですかぁ

母はのんきものです。
父は心配性です。
失敗が多いのは父のほうで、のんきは生命力かもなんて
親を見ていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51137074

この記事へのトラックバック一覧です: カードと食パン:

« ランプと妖精 | トップページ | ふたつのNとバイバイ黒田 »