« カードと食パン | トップページ | OH! KOME! »

2011年3月18日 (金)

ふたつのNとバイバイ黒田

昨日は計画停電が2回あるはずでしたが、
中止となった、と発表があったので、呑気に創作していたら、
いきなりマンションの館内放送で

「今から3分後に停電します」

え? 3分後? 時間も違うよ? 無計画停電?
文句は言ってられません。
あわててトイレに駆け込み、ばたばたしていると

「違いました」のアナウンス。

ほー……

管理室が間違えたんじゃなくて、市からそういう通達が来て、
確認したら、「違う」ってことだったらしいです。
情報も錯綜してますね。

それにしても、揺れてます。

 
どうしてだか、揺れてるんです。うち。
体感です。
実際、照明器具は揺れていないんです。
なのに、揺れてる感じがするのです。
部屋もときたま「ミシッ」と言います。

大きな地震と、その後の余震で、精神が追いつめられたのかというと、
そこまで追い込まれてはいません。
だってこの揺れと「ミシッ」は夫も感じると言ってます。

「マンションがミシミシ言ってる」これは事実です。

地震初日、かなり揺さぶられたので、あちこちに亀裂が入ったはずです。
その隙間が元に戻ろうとしているか、もっと破壊に向かっているか、
どちらにしろマンションも個人的に余震しているのでしょう。

せいたかのっぽのマンションです。
風でもかすかに揺れるみたいです。
感覚が鋭敏になって、そういうのを感じてしまうのもあります。
常にゆらゆら、船に乗っているようです。

そんな中、わたしの精神はふたつのNでなんとか保っています。
「のんき」と「なげやり」です。

あまり神経質になると、パッカンと壊れてしまいます。
「なにかあったら逃げ遅れる」のもしかたないとして、
今を暮らしています。

そんな中、昨夜は『外交官 黒田康作』を見ました。
このドラマ、官僚が正義の味方という珍しい設定で、
たちあがり、かなり斬新さを感じて見ていたのですが、
全体を通じる大きな事件が、あまり魅力的ではないんです。
事件が魅力的かどうか、って、そういう見方もいけないかもしれませんが、
期待ほど深さや斬新さが感じられません。
どこかで見たような、悪と正義です。

見せ方も、やや失敗しています。
全回通じて、進展が遅いのです。
いつも同じ人が同じ顔で苦悩していて、
明るい人はずっと明るく、暗い人はずっと暗い。
毎度毎度、同じ物語を見ているようです。

少しずつ見えてくるものが、あるにはあるのですが、
見えてくる「真実や悪」に目新しさがないんです。

キャラクターはすばらしいんです。
設定もいいのです。
事件やストーリーが、キャラの魅力に追いついてない感じです。

言うは易しで、難しいですね、ドラマ作りって。

それでも最後まで見ることができたのは、
ほかのドラマに比べ「嫌なところが少ない」からです。
登場人物のセリフや行動に見える創り手の倫理観がしっかりしています。
ほかでよく見る「うすっぺらい正義」はありません。

うすっぺらい正義は嫌いです。
時として悪よりやっかいです。

このドラマの控えめな表現(演出)も好感もてます。
物語のうねりまでもひかえめだったことが、残念です。

でも、主人公黒田の戦いは『沈まぬ太陽』の恩地の戦いより
ずっと大きく、美しく、立派だったと思います。
最終回でしたが、映画に続くみたい。
一応ドラマとしてはサヨナラなので、黒田さんに「バイバイ」しておきます。

人気ブログランキングへ

« カードと食パン | トップページ | OH! KOME! »

ドラマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

うちも揺れている気がするのですが…、
地震のせいなのか、寒さで震えているせいなのか、
目眩のせいなのか、強風のせいなのか、
下の部屋の人が踊っている(?)せいなのか…、
よくわかりませんが、とにかく、東京で普段通り生きてます。

1868さま
そうですか!ご無事で良かった!
やはり揺れていますよね?
めまいに似ています。
ゆら、とか、ふわ、とかします。
実際にうちは音もします。ピキっとか、ミシッとか。
たぶん、まだ揺れています。数値にならないくらいの余震じゃないかと思います。
コメントありがとうございます。ご無事でなによりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51144123

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつのNとバイバイ黒田:

« カードと食パン | トップページ | OH! KOME! »