« いっぺーある | トップページ | 水道水の思い出 »

2011年3月25日 (金)

ほうれん草とおばちゃん

本日、地震後初めて、電車に乗ったおでかけをしました。

まずバスに乗ります。
バス停で待っていると、年配の小柄な女性から話しかけられました。

「7分のバス、行っちゃったか、わかる?」

今、バスは時刻表通りではありません。
このあたりはかなり減っています。

7分のバス。と言われても、わたしにはわかりません。
わからないけど、腕時計を見ました。
 
ん? 現在時刻は5分です。

5分なのに、7分のバスが行ったかどうか、ますますわかりません。
時間より早く行ってしまうこともあるのですが、
「行ってない」可能性の方が大きいと考えていいと思います。よね?
そこでわたしは言いました。

 
「今5分だから、これから来ると思いますよ」

女性は驚いた声を出しました。
「え? わしの時計10分だぞ。ああ、わしの時計が早かったんだな?」

女性はわっはっはと笑います。
わたしは携帯電話の画面も確認します。
「そうです、ほら」と正しい時刻を見せつけます。
女性は自分の間違いがうれしいのでしょう、
わっはっはと笑います。
バスに間に合ったのだから、うれしいのです。

そんなこんな言っている間にバスが見えました。
女性はうれしそうに言います。

「いかったいかった。助かった〜
だってほら、ほうれんそうを配るんだもん。見ろ」

見てみると、女性はおおきな袋にほうれん草をいっぱい詰め込んでいます。
すごい量で、ポパイが20人いてもだいじょうぶな感じです。

「おらの畑で抜いてきたもん」

ほうれん草には土が付いています。
今、放射性物質の関係で、ほうれん草がスーパーから消えました。
女性は知人や身内に分けるために、必死に収穫し、運ぼうとしているのです。
袋はユニクロのロゴ入りです。

おいしそうなほうれん草でした。
このほうれん草は人の口に入るのだと思うと、うれしい気持ちです。

さて駅です。
エスカレーターは殺人現場のようなテープが貼られ、立ち入り禁止です。
電車は走っています。
かなり間引いて、のろのろ運転ですが、走っています。

デパートはちゃんと開いています。
ですが暗いです。暗いとうきうきできません。
地震、あったんだ。今、日本はたいへんなんだと思い知ります。
デパートのエスカレーターは動いています。
でも暖房がなく、寒いです。

所用を済ませると、さっさと帰ることにしました。
久しぶりのシャバですが、どこも暗く、非日常です。
ウインドウショッピングしたかったのですが、暗すぎて、
そういう気持ちになれません。

帰り、薬の時間だと気付きました。
年末から年始にかけて過労やストレスで胃を傷め、
薬を処方されています。

自動販売機を見ると、普通に水が売られています。
小さなボトルを買い、薬を飲みました。
やっぱ買った水はおいしい。

地下道で、野菜のお店が出ていました。
千葉やあちこちの農家が、直接野菜を売りに来ています。
ほうれん草もありますよ。
国で禁止した地域以外の野菜も置きたがらないスーパーがあるので、
こうやって自分達で売っているのでしょう。
買っているひともたくさんいます。
売りたい人と買いたい人と、うまいことちゃんとやっているようです。

非日常ながら、みんな知恵をしぼって自分の判断で生活しています。

わたしも自分で考えて、しっかり歩いてゆきたいです。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« いっぺーある | トップページ | 水道水の思い出 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51214440

この記事へのトラックバック一覧です: ほうれん草とおばちゃん:

« いっぺーある | トップページ | 水道水の思い出 »