« うらぶれた女が見るすさんだ物語 | トップページ | むしあけ・みっけ »

2011年3月22日 (火)

グラッときたら

今日もきました。

グラッときました。

脱兎のごとく(脱兎は見たことありません)、いなもと(猫)は娘の部屋に駆け込みます。
ベッドの下の安全地帯にもぐりこみ、自分だけ助かろうって魂胆です。

わたしは脱兎のごとく(見たことないけど)、トイレに駆け込みます。

揺れがおさまると、夫は言います。「なんでトイレ?」

わたしとしてはぬけめない行動をとっているつもりです。

揺れる → 避難する → 避難所のトイレ環境は良く無い

だから避難する前にトイレに行っておくのです。避難の準備です。
避難グッズは準備してないけど、膀胱をカラにする心構えはあるんです。

夫は言います。「揺れてる最中にすることじゃないでしょ」

そうですか?
わたしはぬけめがないので、準備するんです。
揺れる便座に座っていると、遊園地を思い出します。

遊園地、今後行く人いるかなぁ?
ほんとうの危機を経験すると、ジェットコースターのお遊び危機感なんて、
味わってるバヤイじゃないよ!って思えませんか?

話は変わりますが、わたしは神経痛を持っています。
ティファニーの指輪は持ってないけど、神経痛は持っています。

 
贅沢にも、三叉神経通(あご)と、坐骨神経痛(下肢)のふたつを持っていて、
普段は静まっているけど、心労や過労でドッと出てきます。

今回の地震のあと、まず三叉くんが顔を出し、「元気?」と言うので
「お前さんがいなけりゃね」と皮肉を言ったら、三叉くんは泣きながら撤退、
続いておずおずと現れたのは坐骨くんです。

坐骨くんは帰る場所がないのでしょう、居座っています。
あいにく坐骨くんの片思いで、わたしは彼を好きじゃありません。
でも三叉くんに比べ脳より遠い場所なので、「創作の邪魔にならない」点で、
許してやっか、な気持ちです。

こもりきりの生活や緊張感が、血流を悪くしているのでしょう。

そこで、ストレッチをしてみました。
まず、寝ます。
痛い方の足のひざを立てます。
そのひざを曲げた状態で、ゆっくりと外に開きます。
これを数回繰り返します。
坐骨神経痛に効くストレッチとして、以前どっかで調べた方法ですが、
いったん痛みが増すこともあります。ですが翌日楽になってたりします。
健康な人もやってみるといいかも。座り仕事の人には、いいストレッチです。

Stretch_a

あとこれは自己流ですが、体をねじるといいですね。
無理のない範囲で、ねじります。
日常生活で曲げないところを曲げると、血流が良くなる感じがします。
ストレッチやヨガなど、わたしより詳しい人はいっぱいいると思うので、余計なお世話ですが、
ちぢこまって家にいる人、ねじりましょう。ねじりドーナツみたく。
ねじりドーナツ食べたい。

Stretch_b


昨夜の『スタジオジブリ物語』は面白かったです。
ひさしぶりに浮き世を忘れて見入りました。
クリエイター精神と実情、学びました。

『屋上のあるアパート』はあまりにもめぐまれた環境の女性の心の機微で
現代のスタンダードとはかけ離れているように見え、感情移入しにくかったです。
そういうバブリーなゆるさも平和的でいいのかな? 夢みたいで。
現実の二十代後半の人は、あのドラマを見てどう思うのか、聞きたいところです。

ラストに猫(アメショー)の動きがCG処理されていたのはびっくりでした!
ぎょぎょっとしました。

応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« うらぶれた女が見るすさんだ物語 | トップページ | むしあけ・みっけ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

マンションは知らないが?一軒家で一番強度が強いのは,トイレだとか〜風呂場なんだと言う事を聞いた事ある!
定かじゃないが〜四方に柱が入っているので,強度が一番だと聞いた事ある!
火事の時も風呂場が一番安全地帯と聞くが〜これもまことしやかな話かな?
でも〜動物も人間も一番安全な所に逃げ込む能力はあると思うが?14階じゃ無理かな?

michiさん
14階にいると、「なんかあったらダメだな」って思ってます。
廊下が一カ所封鎖されれば、もう逃げ道はなく、非常階段へも行けません。
ベランダに出て救助を待つしかありません。
市内にある消防のはしご車は14階までぎりぎり届くそうです。が、
たいへんな時に、そんなに親切にしてもらえるか、わかりません。

たしかにトイレは落下物はないし、安全そうですが、
うちのトイレはどうなんでしょう?
地震で、壁紙にゆがみが出ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51187746

この記事へのトラックバック一覧です: グラッときたら:

« うらぶれた女が見るすさんだ物語 | トップページ | むしあけ・みっけ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ