« 乙女の男脳 | トップページ | アロマに凝る男 »

2011年4月24日 (日)

ポチのこと

ひとしごと終えました。
ひとしごとに過ぎませんが、ひといきつきます。

今日はこのあと羽を伸ばしていいと思う。
自分で自分に羽を伸ばすことを許可します。今日だけ。

今日は市議会議院選挙もあって、午前中に行って来ました。
近くの公立中学で行われます。

選挙で中学校に入れるのがとってもうれしいです。
なぜって娘の母校だからです。保護者として何度か通った中学です。
最近の学校って普段は関係者以外出入り禁止です。ぶらっと入ることはできません。

選挙があると入れるので、「桜が咲いたわ」とか「相変わらず校舎はぼろいわ」とか
なつかしい気持ちできょときょと歩きます。

忘れもしません。
娘の入学式の日。冷たい体育館で式の進行を眺めていたら、
照明器具をガタガタ動かしている教師がいます。

あっ!

わたしの中学時代の担任教師です。
わたしは同じ市内の別の中学を卒業したのですが、
担任は「ポチ」というあだ名の理科の先生で、当時どう見ても中年でした。
当時の少女(わたし)がおばさんになったのですから
おじさんはおじいさんになっていてしかるべきですが、
ポチは相変わらず現役の中年でした。

まさかまさかと思いましたが、
その後なんどか保護者として中学に顔を出すうち、
廊下ですれちがう機会があったんです。
満を持して声をかけました。

「あの〜、もしかして〜」と近づくと、
「え? JUNKOちゃん?」と。
なんと名乗らずして覚えていてくれました。
阿呆な顔がまんまだったのかしらん。

いい気になって「あはは、ポチだ…」とつぶやくと、「こいつぅ」とにやりと笑い、
昔だったら出席簿でコツンでしたが、
幸いそのときは両手がビーカーで塞がれていたので、おしおきなしでした。

今では娘は社会人になり、ポチも定年退職しました。
でも中学校はあって、校舎も当時のままです。
校庭を眺めていると、運動会を思い出します。

さて、本日は校庭に一匹の大型犬がいました。

ゴールデンレトリバーです。
心配そうに選挙会場を見つめながら、舌を出しています。
舌に黒いほくろがあります。

やがて選挙会場からご主人が出て来て、「ごめんね〜」と犬に話しかけました。
「スーパーで待たされ、ここでも待たされて、すねちゃって」などと言ってます。

すねてるかどうかご主人にはわかるんですね。
わたしは犬がただ途方に暮れているように見えました。
名前はなんだろう?
ポチではないと思います。
ゴールデンレトリバーにポチはないです。

犬って入れないところ多いですよね。

レストランに『盲導犬入店可』というステッカーが貼ってあって、驚いたことあります。
盲導犬ですよ。ご主人と一体です。
可だの不可だの表明する必要があるなんて、驚きです。
わざわざ「可」っつうくらいなんだから、「不可」もあるってことですか?
盲導犬を同伴する人間ごと拒否しているわけで。
これってありなのか?
不思議です。

うちの近所のTSUTAYAでは、店内で犬をよく見かけます。
「抱いてるなら可」ということで、小型犬がバッグに入っていたり、
ご主人様の腕の中だったりしてかわいいです。

娘の入学式以来、ポチとは年賀状のやりとりをしています。
人間のポチです。
ポチは教師らしからぬ流れたような心細い字を書きます。
トシのせいではなく、昔からです。

よろめいた字で「生きてますよ」と書いてあります。

毎年年賀状を書くたびに頭に浮かぶ、
「いつのまにか死んでたらいやだなぁ」という不安を見抜いているようで、
ぎょっとします。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 乙女の男脳 | トップページ | アロマに凝る男 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

今日は,犬が話題だったので,違う動物のお話です!知っているとは思いますが?
人間と動物ってそんなに扱いが違いすぎていて良いのでしょうか?
福島原発の20キロ以内の動物が全部注射で処分されるとニュ-スで知りました?
人間は避難で動物は殺す必要があるのだろうか?どこか〜遠くに移動手段は無いんだろうか?
鶏も豚も牛も馬も,もしかしたら?犬まで餌を与えに行った飼い主が来てもブルブル震えているんだって〜
異常さを感じているのではなく人間が居ない生活に耐えれないんだって!
そんな可哀想な動物を移動する事を考えないで殺すなんて〜本当に何を考えているんでしょう?
怒りが(-゛-メ)何故無駄に動物だからと殺すのだろう?

michiさま
注射で処分されることは知りませんでした。
避難が始まった頃から、動物のことが気になっていて
「庭につないだまま置いて来た。むかえに行きたい」と言う人の声を聞いて
とても怖かったです。
ペットを置いてきた人たちの気持ち、
主人を待ちながら一ヵ月以上も放置された動物。
想像すると下痢になってしまいます。
牛が野生化して走っている映像も見ました。
わたしは注射で処分より放置のほうが悲しくて恐ろしい気持ちです。

高濃度の放射線を浴び続けて、遺伝子が変化して生態系が崩れてしまうのでしょうか。
なぜ殺すのかはわからないけど、うーん、
動物レスキュー隊が防護服を着て、せめて一週間以内に移動するべきだったんじゃないかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51481030

この記事へのトラックバック一覧です: ポチのこと:

« 乙女の男脳 | トップページ | アロマに凝る男 »