« 結婚したい | トップページ | ななの日に »

2011年4月12日 (火)

ののしる人、歌う人。

昨夜、うっかりテレビ朝日の『TVタックル』を見てしまいました。

わたしはテレビの討論番組は観ない主義です。
人が言い争うのを見るのが苦手だからです(ちっさ)。

主義や思想うんぬんの前に、お行儀の悪さが気になっちゃうんです。
人が話してる最中に割り込む、人の話をハナから聞かない(馬鹿の壁)、
大声を出した人の理屈が通る。
そういうギスギスした行為が神経に障って、お行儀の悪い人の話す内容なんか、
オール駄目、というふうに見えてしまうんです。

夫はわたしに隠れて『朝まで生テレビ』等々を見ているようですが
かのような理由で、わたしは討論番組は見ない主義です。

なのになぜ見てしまったかと言うと、食後、まったりしていて、
うっかりテレビをつけたら討論をやっていて、今大問題の震災についてですから、
目が離せなくなっちゃったんです。
結果、やっぱ見るもんじゃないな〜と思いました。

結局、クライマックスは総理の悪口なんですよ。
管さん、さんざんな言われ方していました。
解釈ですからね、いかようにも悪く言えます。

わたしは民主党擁護派ではありませんし、
管さん支持派でもありませんが、
この大災害において、総理がどうのと言ってるその時間自体が
バカバカしいというか、もったいないというか、

国土が減っちゃうような、大災難です。
誰が総理をやったって、そううまくはいきません。
たまたま管さんの時に起こってしまって、対応に追われているんです。
特に原発は専門外のことですから、専門家に頼らざるを得ません。
そもそも、今のエネルギー政策を構築したのは自民党政権です。
みんな、文句を言うくらい意見があるなら、手伝ってあげればいいのに。

あーやだやだ。
ののしる人を見るのは嫌だ。

Kan
  ↑風評被害者B(Aは朝青龍)

口直しに『シェルブールの雨傘』を見ました。
1964年フランス映画。
カトリーヌ・ドヌーヴ主演のミュージカルです。

513nataut2l_sl500_aa300_

有名ですが、初めて見ました。
びっくりしちっゃた。
このミュージカル、セリフがすべて歌なんです。

先入観ですが、ミュージカルって「突然歌い出す」ものだと思っていました。
「突然歌い、踊り狂う」のを許せるか否か。
ここがミュージカルの好き嫌いを分けると思っていたんです。
でもこの映画はそれ以前の問題で、全部が歌なんです。

「ガソリン入れる?」「ええ」もです。
「ハイオク? レギュラー?」
「じゃあハイオクで」までもが歌です。

バービー人形のようなかわいいドヌーヴですし、
悲恋もので、ちゃんとせつないシーンもあるのですが

ここまで歌うんか!

と思うと、笑っちゃうんです。

わたしが映画というものを知らず、特にミュージカルに無知なせいか、
せつないシーンもおかしくておかしくて。腹カカエタ。

これ、歌無しでリメイクしたらどうかなぁ。
でも話はわりとありきたりだしなぁ。

面白いので、2度見てしまいました。
面白いので、ちっとも飽きません。

応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 結婚したい | トップページ | ななの日に »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

昨日この北海道にも震災の人が来ました〜ちょっと用事があって我が家に来たのだが〜
福島から親戚を頼って来たらしいのだが〜なんせなにも無い状態らしく
我が家の商品を無料で提供する事にしました!親子ですが身分証明所があれば〜
好きなだけ使って頂く事に〜今は助けれる人は出来るだけ助ける!
ところで原子力発電所〜チェルノブと同じ〜5から〜7に変わった事知っていた!
管総理が内密に発表した事を〜住民は30年以上出入り禁止だよ!
土地を追われる人々の心の叫び届くのだろうか?総理に〜?凸(`、´X)

そういえば、シェルブールの近くにラ・アーグ使用済核燃料再処理工場がありますね…
って、全然関係ないこと書いてすみません…

最近、何見ても「そっち」と関連付けちゃって…

ハハ…
過剰反応疲れです、自分。

michiさん
それはそれはすばらしい!
被災者の方、辛い思いの果てに、北海道であたたかい思いをされましたね。
よく被災地の方々が、「ものが買える」と喜んでらっしゃる映像を見ますが
被災したのに買わなきゃいけないんだなぁ、と
手持ちのお金に限りがあるだろうなぁと案じておりました。
ほんとうは政府がやらなきゃいけないことだけど
michiさんのような方が、大切な商品をそのように差し出す気持ち、
一人一人の思いで、日本もつぶれないで済むのかなぁと希望が見えます。
「7」でもがんばろう、ニッポン!
命、あるんですから!!

蔦谷Kさま
そうなんですか。世界中にありますもんね。地球規模の命題です。怖い命題。
世界を相手の長い戦いになるし、怖いことはこれだけじゃないし、
戦争も根絶してないし、そんな中で、自分のスタンスもって
各々がやっていくしかありませんよね。
思ったら行動する、その早さが蔦谷さんの特技だし、才能だけど
疲れないよう、ゆるく、だるだるっと、ほら、猫のように、柔らかく…。

JUNKOさん、
そうですよね!今のエネルギー政策を構築し原発を認可したのは、自民党政権下ですよね。
マスコミはほとんどそこを追求していない気がします。

今回の原発事故で一番怒りを感じたのは、加害の当事者全体が、
責任を問われない社会や、責任の取り方についてです。

福島原発建設に関わった政治家、監督官庁、東電の当時の役員・・・
おそらく現役ではないから、責任を問われないのでしょう。
民主主義や資本主義って、過去を振り返って当事者が責任を問われないシステムなのでしょうか・・・。

これが感情論なのは分かっています。一番大事なのは、現状の収拾です。
そして現実問題、当時の関係者が責任をとるのは無理でしょう。
それでも、東電が謝罪し、損害賠償金を支払うことでしか、被害者への責任はとれないのでしょうか?
少なくともマスコミは、歴史を掘り起こして、原因や責任を追求すべきではないでしょうか?
当時の政治家や官僚が自分たちの利権を優先しなかったかどうか?
国民や建設地、従業員への危険性への説明は十分だったのかどうか?
当事者たちが責任を問われない社会である限り、同じ過ちが繰り返されると思います。

サンデルさんの講義、ぶんぶんブログで教えていただいてから、なるべく見るようにしています。
確か「ホロコーストに関して、現在のドイツ国民は責任があるか?」という議論する回がありましたよね。

ぜひ再度、過去の過失の責任のとりかたについて、議論を戦わせてほしいと思います。

こころんさん
そうなんです、この原発の責任問題はとても難しいですよね。
国が認可した新薬を薬局が売って、副作用が出たからって
薬局が謝って賠償する、というのも変な話です。
当時の政府、官庁、そして専門家(学者)たち、東電、すべてが関わっているでしょうけど
利権にからんだ人たちも「安全だと信じ込んでいた」可能性があります。
すると「故意に人の命をないがしろにした」かというと、そうとも言えないし、
そもそも政治家を選んだのは国民だから、国民にも責任あります。
原子力は世界が開発しているので、日本だけ突出してイイカゲンだったのかも
素人のわたしたちにはわかりません。
唯一の被爆国で、こんな事故が起こってしまったのも、皮肉ですね。
ただ、原爆のように、人殺し目的で作ったわけではないから、
そこは冷静に責任分担して、あとはみんなで引き受けなくちゃと思うんです。

サンデルさんの講義で、たしか「自分が生まれ育ったコミュニティで起こったことは
過去にさかのぼって、責任をとらねばならない」という考え方もあったように思います。
こんどの講義を聞いて、自分の考えが少しはまとまっていくといいなぁと思います。

風評被害者Aは朝青龍^^

まったくまったく!

にゃ〜ごさま
でしょでしょ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51365494

この記事へのトラックバック一覧です: ののしる人、歌う人。:

« 結婚したい | トップページ | ななの日に »