« うれしいさんと残念さん | トップページ | ついてゆく担当 »

2011年5月21日 (土)

J向上委員会

「今、自信喪失した!」

という瞬間が、わりとはっきり、あります。

創作や、人間関係や、猫との関係や、家事全般や、礼儀作法や、
漢字を書けないとか、言葉を知らないとか、地理が苦手とか、ふけたとか、
自信喪失ジャンルは多々あります。

多々ある中で、比較的はっきりと、そう、どっかーんと

「あ、わたしって、こんなことができないんだ!」

と自覚する瞬間があります。

ひとより劣っている。という自覚です。

昔はそこでどーんと落ち込むか、「ほなサイナラ」と逃げていましたが、
今はショックの中に静かに手応えを感じたりもします。

自信喪失は一種の怪我です。
すると、自然治癒力なのでしょうか、
いつも以上のパワーがふつふつとわいてきて、再生しようとするのです。

「苦手がわかったんだから、ここをがんばろう」とか
「できるようになったら、きっと世界が広がるぞ」とか

ジャンルによっては「苦手だから逃走しよう」もアリです。
若い時の「ほなサイナラ」ではなく、
考えた上での「ほんとにサイナラ」です。

自信喪失後、わくわくします。
変です。
でもそうなんです。
さいきんのわたし、自信喪失と仲良しです。

ところが先日、父は言いました。
「お前、何があっても自信を失うなよ」
は?

 
父はおそらく創作のことを言ってます。
自信喪失していると、顔に書いてあるのでしょうか。
一応再生中なのですが、カサブタ付いているのでしょうか?

自信を失うな。って。
自信をもっちゃっていいのかな。

父は言います。

「考えても見ろ。お前は素人なんだぞ」

は?

「10年前は何してた?」

オカアサンしてた…。

「素人にしては、がんばってると思うぞ」

なるほど。

出版とドラマ化。
なにもかも初めてのことで、自信などカケラもありません。
転校生のような心持ちで、きょときょと歩いています。
いっしょうけんめい(ひらがなで書きたい)、
向上しようとがんばって(ここもひらがな)います。

JUNKO向上委員会。現在会員1名にして定員1名。

それにしても「自信を持て」という理由が「素人なんだから」とは。
聞く人によっては「蹴り飛ばされてさらに自信喪失」ですよ。
でもわたしは違います。

素人にしては、がんばってる。

好きです、この言葉。
肩のチカラが抜けて、のびのび、すがすがしくなります。
見栄をはらず、謙虚な気持ちで学べばいい。そう思えます。

さてさて、みなさまの人生は順調なことと思いますが、
もし自信を失う瞬間があったら、その機会を逃してはもったいないです。
自ら向上委員会を結成して、わくわく、向上過程を楽しんでください。
場合によっては無理をせず、「ほんとにサヨナラ」もオススメです。


応援クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへ

« うれしいさんと残念さん | トップページ | ついてゆく担当 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51725015

この記事へのトラックバック一覧です: J向上委員会:

« うれしいさんと残念さん | トップページ | ついてゆく担当 »