« しろなまこ | トップページ | 1日にプリンス2回 »

2011年6月 7日 (火)

形状記憶喪失型

「おめー結婚指輪くらいして来いよ」と怒られたことがあります。

合コンで、です。
数年前、生まれて初めて合コンというものを経験しました。
しかも主催者です。

同窓会で複数の女性から頼まれたんです。
「独身男性を紹介してくれ」と。
わたしが2度結婚しているという「成果」を聞きつけ、
「独身男性をいっぱい知っている」と勘違いしたようです。

たいへんな誤解です。
2度結婚するということは「失敗」もしているわけで、
「成果」ばかりを見られても困ります。
しかもその「成果」はわたしが「人を選ばない」からこその結果なんです。

誰でもいいのです。
「結婚しよ」と言われれば、します。
そのように単純に生きていれば、何度でも結婚でき、何度でも失敗します。

人は知らず知らず「よりごのみ」しているのではないでしょうか。
そう言うと、たいていの独身者は「わたしはそんなに気難しくない」と言います。
「やさしい人ならそれでいい」と言いますが、
やさしい人なんて1番難しい条件です。
やさしそうに見えても、違ってたりするし、変わるし、本質はわかりません。
わからないから、まあ、誰と結婚したってどうせバクチです。
選ぶ段階でエネルギーを使うより、
その後仲良く生活することにエネルギーを使うほうがいい。
それがわたしのエネルギー政策です。
もとい。
結婚観です。

話がそれましたが、独身男性を紹介しろと言われて
何人か独身男性を思いめぐらしてみましたが、
独身男性は何か理由があって独身男性をやっている場合が多く、
(若すぎるとか、結婚しない主義だとか、高齢だとか)
紹介できる人がいないため、既婚者の友人(男性)に頼み、
独身男性を集めてもらいました。で、合コンとなったのです。

主催者のわたしと、その友人だけが既婚者で、
あとはオール独身者の飲み会です。
「本日はお集りくださりナンタラカンタラ」と挨拶し終えたところ、
「おめー結婚指輪くらいして来いよ」と友人に怒られたのです。

そういう会では部外者マークを付けるべきらしいのですが、
結婚指輪が無いので、しかたありません。

鼻毛の白い夫はわたしと結婚する際、
「貴金属を女性にプレゼントするのは自分らしくない行為」と考え、
「エンゲージマウスです」と、堂々、
使い古しのマウス(パソコンの)をくれました。

わたしは人を選びませんので、「だからやめ」たりしません。
ありがたそうにマウスを受け取ってみせました。
それから何日かして、鼻毛の白い夫は、あ、この時点で夫ではないので
鼻毛の白い男(この時点でも鼻毛は白かった)ですが、
鞄から気まずそうに指輪を出しました。

「おふくろから。指輪を渡さないなんて、とんでもない。
せめてわたしからあげる。渡してくれとうるさくて」

鼻毛の白い男は指輪を見せてくれました。
巨大な白いオパールです。
親戚のナンタラちゃんがタイに行って採掘したのを
ドウタラコウタラしたのだそうです。

まるっとしてて、おもちゃみたいな指輪です。
わたしは乙女ですので、指輪が大好きです。
すごく喜びました。
喜びすぎたと思います。ええ、
エンゲージマウスの10倍は喜んでしまったので、
鼻毛の白い男は傷つきました。
「自分だって指輪くらい」とライバル心を燃やしたのです。

「わたしも贈る」と言い出しました。

それから何日かして、喫茶店で会った時です。
「手を出して」と言うのです。
いよいよきたか。
わたしは気をきかせて左手を出しましたが、
「右手を」と言うのです。
このあたりから不信感をもったのですが、案の定、
鼻毛の白い男は白い紙をテーブルに敷き、わたしのてのひらを紙に置き、
鉛筆で手の形をなぞり始めました。

殺人現場の死体の位置のように、
紙にわたしの手形が残りました。

指輪を買うんじゃなくて、作るというのです。
それで、手の大きさと形を知りたいのです。
なぜ右手かというと、「左手の薬指」という概念が欠落しており、
右手の中指に合うよう、デザインすると言います。

わたしは人を選びませんので、左でも右でも薬でも中でもかまいません。
「こんど結婚する人は、特殊な人だなぁ」と思っただけです。

さらに何日かたって、指輪は完成し、受け取りました。
ハリガネで作ったオリジナルの指輪です。
鼻毛の白い男は達成感ではちれんばかりにうれしそうでした。
わたしよりうれしそうでした。

こうして鼻毛の白い男は鼻毛の白い夫となりました。

なんの話でしたっけ。
そう、結婚指輪を持ってないという話です。
ハリガネ指輪はエンゲージリングなのですが、
夫はエンゲージリングと結婚指輪の違いを知りません。
よって、「指輪はあげた」で完結しています。

このハリガネ指輪ですが、形状記憶ができず、
はめてるそばからどんどん形が変わります。
形状記憶喪失型なんです。
だから普段はできません。指が気になってしかたがないのです。

さて、選ばずに結婚した結果ですが、今のところ不具合はありません。
仲良く生活するためのエネルギーも不要でした。

被災地で、ライフラインがつながらない時は仲良く暮らしていたのに、
つながったとたん夫婦喧嘩した、という話をちょこちょこ聞きますが、
生きるのに精一杯だと、協力し合うものなのかもしれませんね。


応援よろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« しろなまこ | トップページ | 1日にプリンス2回 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

形状記憶なのかどうか、、、

  形あるものに生れてなめくぢり    ハードエッジ 2011.6.7 (火)

今回は指輪ですか〜女性の指輪に対する態度は,指輪を見せると本性を現すというかなんというか?
私は安い物でも良いですと言って居た今の妻も結婚式前に指輪を見に行くと態度が変わり予算なんてそっちのけ〜
結局予算以上の高い指輪を買わされました!でも〜指輪は二度買いました!記念と成る指輪ですが二回目はびっくりするくらいの指輪で〜軽トラ新車買えるくらい払われました〜指輪は魔物です!( ゚д゚)ポカーン

ハードエッジさま
「なめくぢり」っていいですね。季語ですね。
子どもの頃塩を振って、溶けてゆくのを見て、おそろしく、
ものすごく後悔し、以後やめました。塩振り。
 
 
michiさま
軽トラ一台分の指輪。すごいですね〜
男の甲斐性ですね。
過去に持っていた指輪で1番高いのでもテレビしか買えません。

私も結婚指輪はありません。話題にも上りませんでした。
使い古しのマック(赤電話みたいな昔のマッキントッシュです)を結婚する直前に貰いましたが、「ウエディング~」といったこじゃれたコメントは付いていませんでした。
共通の知人から「パソコングッズで何人もナンパしていたのよ」とチクられましたが一番の大物が私か、と満足した?記憶が・・
宗教上の理由で指輪無しか。と思っていましたが義母の遺品の中に結婚指輪が出てきたので単に「俺の辞書に無い」だけだと思います。
書いていて、最近映画館の予告で「月給三か月分の~」という指輪のCMを見なくなったなと気が付きました。

話は変わりますがBSJのヘップバーン特集で「おしゃれ泥棒」を久しぶりに見たのですが、上記の夫が「ルパン三世はこの映画から、テンポとかギャグの間などすごく影響を受けている」とコメントしたのを聞いてちょっとびっくりしました。

もとさん
そうですか。
昔のMac。それ、大事なものだったんでしょうね。
Mac派の男性は、特別な思いがあるみたいですもんね。

そうなんです、指輪のCMなくなりました。
昔は映画館で妙なクジをひかされて
「パンパカパン、真珠が当たりました。
金のネックレスのン万を払えば、差し上げます」なんてのもありました。
映画は昔、デート、カップル、貴金属、で繋がっていたんでしょうね。
最近の映画はもっぱら「映画泥棒」CMですよね。

「おしゃれ泥棒」からルパン、と聞くと
なるほど、泥棒の話なのに肩の力が抜けてるし、
シャレてるところなんか、タッチに共通項がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51881042

この記事へのトラックバック一覧です: 形状記憶喪失型:

« しろなまこ | トップページ | 1日にプリンス2回 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ