« 1日にプリンス2回 | トップページ | カッとしちゃう? フェミニズム »

2011年6月 9日 (木)

鉄道オタク映画

試写会に行きました。

森田芳光監督作品『僕達急行

脚本も森田さん。原作なしのオリジナルです。
オリジナルって近頃では珍しい。企画通るなんてすごいな。

鉄道オタク男子2名の物語。
松山ケンイチ氏あーんど瑛太氏。
超人気のおふたりが徹底的にイケメン度を下げ、愛すべきオタクを演じます。

鉄道好きにはたまらない映画でしょう。
鉄道素人のわたしですら電車の話が楽しかったデス。
オタクを内側から描き、キラっキラっ輝かせています。

ディテールが凝っていて、セリフもいい、カメラアングルも面白い。
個々のエピソードは先が読めませんが、
主軸のストーリーは予定調和的です。
今はそれが大事なのかなぁ。
きちんとおさめる。ここ大切なのかなぁ。
ディテールの思い切りの良さと、主軸のまっとうさ。
ちょっとだけ違和感ありました。

おもしろいのに、少し長く感じました。なぜだろ。
1時間57分くらいでした。尺は普通です。

松坂慶子さんのラジオ体操がすごい!
びっくりしたぁ。
びっくりするよぉ。
必見です。

来年の3月公開予定です。
先だ……
今から宣伝しても意味ないかな。

そのころにはわたしが関わっているドラマもできあがってるはず…
できあがってなくちゃ…
なんだか寒気がする…(悪い意味じゃないです)

応援よろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« 1日にプリンス2回 | トップページ | カッとしちゃう? フェミニズム »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

観ます!
鉄道は、乗るのも、地図を見ながら架空の路線を考えるのも、車両をまじまじと眺めるのも、
全部好きなのです!

自分が好む小説は、なぜか森田監督によって映画化されることが多いのですが、
正直、「うーん?なぜ、あの話が、こんな風になっちゃうんだ…」と思うことが多く、
なので、オリジナルでよかった。

ディテールの思い切りの良さと、主軸のまっとうさ。
鉄道ファン視点、映画ファン視点、どっちで観ちゃおうかなー?

1868さま
鉄道好きなんですね?
じゃあもう、ぜったい見なきゃです。
鉄道好きにもその楽しみ方がいろいろあるとこの映画は教えてくれます。
車窓からの風景が好き、メカが好き、車両が好きと、
バラエティにとんだアプローチでこの映画は作られています。
ちんぷんかんぷんなわたしでも、見ていて楽しめました。
景色もよかったし、キャラも良かった。
映画ファンとしては、もっと突っ走って欲しかった感はありますが、
オタク方向に流されず、ある意味、大人的なまとまりがある、とも言えます。

森田監督はたしかに、「これが、あれに?」という作品ありますよね。
原作は読んでいませんが「サウスバウンド」は、映画そのものは雑な印象です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/51900544

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道オタク映画:

« 1日にプリンス2回 | トップページ | カッとしちゃう? フェミニズム »