« お肌ツルツル樋口さん | トップページ | 決壊傾向 »

2011年6月29日 (水)

あちち

あぢい。

見てくださいこれ。
室内で朝から30℃越えてます。

Ondokei

昨日、打ち合わせの休憩時間にトイレに入り、手を洗っていたら、
清掃員の人が入ってきました。
お掃除の邪魔をしないようにさっと去るべきか、
もうちょっとのんびりしてていいのか、迷っていたら、

「こんにちは! 暑いわね〜。ほんと暑いんだから。だいじょうぶ?」

フレンドリーに、社交辞令を越えたトーンで話しかけてくれました。
おかげでわたしものんびりおしゃべりを返しながら、髪を結び直したりできました。

ちょっぴり感動。
半世紀近く前、母がこのテレビ局で清掃員をやっていたので、
同じ清掃員の人が、話しかけてくれて、
緊張気味の心をほぐしてくれたこと、
偶然にしても縁を感じて、心強かったです。
アリガトゴザイマス。

母がアルバイトをしたのはたったの1日です。
赤ん坊のわたしが預け先で泣きわめいたので、働くのをあきらめたという話は
以前にも書きました。時給120円。時代です。

母は、若い頃から映画やテレビが大好きだったそうです。
お見合いの席で、母の兄は、
母のセールスポイントを必死に探した挙げ句、
「この子は芸能関係に詳しいです」と言ってしまい、
母はそれはそうなんだけど、ちょっと恥ずかしかったそうです。

たった1日だけど、あこがれの場所で働けた事を
楽しそうに何度も何度も話していました。
芸能人を見た、とか。
清掃を終えて更衣室で着替えて帰るとき、迷って出られなくなった、とか。

迷って出られなくなるというのは、すごーくよくわかります。

わたしは方向感覚がマトモなほうで、
道に迷ったりしないタチなのですが、
あの建物は体内GPS機能を妨害する電波が出ているのか、
トイレから会議室まで戻るのだって、やっとです。


お見合いってしたことないけど、憧れます。
憧れるから、想像するし、さらに作戦もたてます。
自分のセールスポイントをどうアピールしようか、
という作戦です。

売り込みが苦手でコンクールで仕事を得たわたしだけど、
お見合いにコンクールはありません。

きちんと自分の良さを訴える必要があります。

長所。

んー。

んー。

見つからない時は逆転の発想で、短所を考える。

んー。ごまんと見える。
なんか気分ワル。

なかでも少食はコンプレックスの筆頭です。

あ!

少食なので、食費はかかりません。

これ、どう?

人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします。

« お肌ツルツル樋口さん | トップページ | 決壊傾向 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

いやはや、あついですね〜。

別に親友にならなくてもいいから、
その一瞬だけの交流でもいいから、いい出会いがしたいなあ。
…と思いました。

お見合いですか〜私も経験無いです!でも亡くなった父親は27回お見合いをしたそうです!
断り続けて,最後にお見合いを紹介してくれていた,祖父の娘を欲しいとお願いをしたそうです!
私の母親は,お見合いのお手伝いに駆り出されて行き,父親に見初められたという事です!
縁は分からないが〜我が家の兄弟も誰も見合いしませんでした!
きっと亡く成った父親が子供の分のお見合いをしてしまったのでしょうね〜(◎´∀`)ノ

その清掃員の方、素敵ですね♪
ナチュラルにそうなさったのであればそのオープンさに憧れますし、
考えてのことなら尚更その心遣いに感嘆しますね。

私も憧れてます!お見合い!
お見合いパーティーとかも行ってみたかったなぁ。
もっと言えば合コンもしてみたかったです。
ま、今更言っても詮無いことですが…。

ところで、そう!あのイラストでした!
旦那さま、狙って似せた?!

さらにところで(そんな日本語ないか)、テレビはどうなさいました?
JUNKOさん宅とお揃いのテレビになることを楽しみにしていますよ~。
「やっぱりいっそ砂嵐になっちゃうとこ見てからにしようかな」的発言がある度に胸が傷みます。。。
先に地デジ化しちゃって裏切っちゃった気がしてるし(勝手にね)。
実は私も砂嵐確認したかったからなんか悔しいし(勝手にね)。

1868さま
ほんと、一瞬の涼しい風のような、出会いっていいですよね。
なんでもないひとことが、相手にとっては救いだったりするし、
そういう一期一会って、しらずしらず経験してるのかもしれませんね。

michiさま
「見初められた」ってなんか、すごい響きですね。
魅力的だったんでしょうね。
いいなぁ、見初められるって。
27回はすごいですね。
たしかに一族ぶんをやっちゃった感じですね。

Kaeさま
あの清掃員の人みたいに、誰かの緊張緩和剤になれたらなって思います。

夫のイラストですが、学生時代の作品を見ても、あのパタンが多いです。
そういう、作家性みたいな、なんか、根っこにあるんでしょうね。
しらずしらずその形に行く。みたいな。

テレビですが、今度は夫の気持ちがなえてしまって、
要らないかな…なんて言い始めてます。
国会中継とか見て、なえちゃったみたい。
買うとしたら同じテレビですが、砂の嵐は見そうです。
ああ、Kaeさんを裏切りものにしてしまう……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52073460

この記事へのトラックバック一覧です: あちち:

« お肌ツルツル樋口さん | トップページ | 決壊傾向 »