« ミミズとイナズマ | トップページ | 山本なでしこ »

2011年7月18日 (月)

アンの夢

午前中に小説を書いて、午後、シナリオを書いています。

こうすると1日創作しても煮詰まらないんです。
新鮮さキープです。

すると物語がじゃんじゃんできる風に聞こえますが
1日創作して結果的に作品の文字数は減ってたりします。
特に最近は減らすことに1日かけている。

なんたる徒労…
ではなくて。

創作は、書いて削って書いて削ってをくり返します(わたしの場合)。
色を塗り重ねるように、頭からお尻までなんども行き来して直します。
削る作業も創作です。書く事と同質です。
良い形を目指して、前に進んでいるのです。

午後3時頃、さすがに肩が凝ったので、床に大の字になりました。
うつぶせの大の字です。
前世が亀だったのか、わりと好きな姿勢です。

ふっと

気絶しました。
気がつくと1時間経ってます。

ツッコミたいお気持ちはわかります。
「寝ちゃったんだろ」
そう言いたいんですね?

いえ、気絶です。
気絶のほうがロマンチックです。

『赤毛のアン』のアン・シャーリーも長年気絶にあこがれていました。
アンはどっかから落ちて足を骨折し、念願の気絶を経験しましたが
「そうロマンチックじゃなかったわ」と言います。

それは足を折ったからだと思います。
うつぶせの大の字で気絶すると、居眠りよりはるかにロマンチックです。

アンはアイスクリームにあこがれ、ちょうちんそでにあこがれ、
黒髪にあこがれ、詩人のような恋人にあこがれます。
ちょうちんそでは手に入っても、詩人のような恋人は手に入らず、
でも手に入らなかったことこそが、彼女のしあわせにつながります。

アンを語ると止まらなくなる…

さて夜も更けました。あくびもでます。
そろそろ気絶の時間です。
おふとん敷いて気絶します。


人気ブログランキングへ応援クリックよろしくです。

« ミミズとイナズマ | トップページ | 山本なでしこ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

応援クリックできなくなってますよ。

経験ないな?気絶は?

かずおさま
お知らせありがとうございます。
ほんとでした。直しました。

michiさま
気絶する日を楽しみにお過ごし下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52232941

この記事へのトラックバック一覧です: アンの夢:

« ミミズとイナズマ | トップページ | 山本なでしこ »