« 乙女の強運 | トップページ | 良かっ太さん »

2011年7月27日 (水)

あぶない女

本日、バスに乗りました。

しばらくすると、車中で女の叫び声が。

「あぶない! あぶない! あぶない! あぶない! あぶない!」

女は5回、叫びました。
ドス、入ってます。

女は窓から外を見て、窓ガラスを叩きながら叫んだのです。

わたしには女が叫んだ理由がわかります。
その女はわたしだからです。
しかしバスに乗っていた多くの人はその事情を知りません。
知りませんので、「あぶない女」と思ったに違いありません。

Bus

叫んだあとすぐに、車内の空気を感じ、自分の愚を察しましたが、
ひとりわたしをフォローする男性がおりました。

「野良じゃないよね」

男性はレスラーみたいな体型で、わたしの前に座っていました。
窓から同じ光景を見ていたのです。

窓の外、
白いトイプードルがリードにつながれてない状態で、ちょこまか歩いているのです。
最初は歩道を歩いていましたが、ちょろちょろっと車道に出て来ました。
そこへ対向車が来たのです。

そこでつい叫んじゃったのです。

誰に対して叫んだかというと、トイプードルにです。
しかしバスの窓は締め切り状態で、聞こえるはずもありません。

対向車が気付いて、停車しました。
トイプードルはちょこまかしながら、今度は十字路へ走ってゆきます。
そっちはやばいです。大型車がびゅんびゅん走ってます。

バスを停めてもらい、降りて追う?
一瞬迷いましたが、体が動きませんでした。

トイプードルは十字路をじぐざぐに走ってゆきます。
何台もの車がスピードをゆるめて犬を通します。
こちらのバスも走り出したため、やがて視界から消えました。

首輪に鑑札みたいなのがぶら下がっていました。
捨てられたんじゃなくて、脱走しちゃったのでしょう。
鑑札ってよく知らないのですが、連絡先が書いてあるのかな。
つかまえれば、届けてあげられたかもしれません。

発作的に体が動かなかったのは、
気持ちのどこかに「めんどくささ」があったんじゃないかと思います。
たぶんそう。

でもあの犬の今後を思えば、わたしの数時間なんて
どぶに捨ててしかるべきでした。

どーんと後悔。

辛い気持ちで帰宅して、夫にこの顛末を話すと
なぜか夫は笑いました。
「あぶないと5回叫んだ」ところで笑うんです。

笑うとこですか?
価値観の不一致。ってやつですね。

わたしは真剣なんです。
今後、こういうことがあったら迷わず行動できるよう、
事前にどうすべきかを決めておこうと思います。

価値観の違う夫ですが、ほかに聞く相手もいないので、
どうするかを参考に聞いてみました。

夫は言います。
「わたしなら叫びません」と。

そんなことじゃなくて、どうするかです。

「つかまえられないんじゃない?」と夫は言います。

それはどうでしょう。
あのとき降りて追いかけて、結果、逃げられてしまえば
「つかまえられなかった」と思えますが、
行動しなかったわたしに、何がわかるでしょう?

決めました。

次に同じことが起こったら「叫ばず、とりあえずバスを降りる」ことに決めました。

ここまで決めたらほっとしました。

あの白トイちゃん、家に戻ってるといいなぁ。

応援クリックよろしくです。 人気ブログランキングへ

« 乙女の強運 | トップページ | 良かっ太さん »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

junkoさん〜私もバスの中なら声を出さないなぁ〜
あぶない〜を5回も連続で声を出す勇気がありません〜
もし?一緒のバスに叫けぶ女性が居たなら〜その女性も無視します!
犬もjunkoさんも見ない事にします!典型的に日本人ですみません!

michiさま
わたしも勇気がありません。
いつのまにか口から「出ていた」だけです。
途中で「叫んでる」と気付きましたが
口が止まりませんでした。
自分がコワイです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52323121

この記事へのトラックバック一覧です: あぶない女:

« 乙女の強運 | トップページ | 良かっ太さん »