« 立派な危険人物 | トップページ | グリコーゲン効果 »

2011年7月31日 (日)

板野くんはピエールと共に

朝、ピエール瀧さんがクロネコヤマトの制服を着て
「どこに設置しますか?」と言いながら
わがやにずかずか入り込んで来ました。

本日は新しいテレビがやってくる日です。
今野くん(アナログテレビ)は早朝コンセントを抜き、
玄関に置いておきました。
この時点で今野くんは前野くんになってます。

さてピエールさん(激似)はわがやのリビングにやってきました。
今野くん(デジタルテレビ)をいつ運び込むのだろうと
不思議な気持ちで見ていたら、既に小脇に抱えていました。

現代のテレビは、二人で抱えて運ぶものではなく
ひとりで小脇に抱えて持ってくる、そんな薄っぺらい野郎なのです。

板、です。
知ってはいたものの、現実に見るとショックです。
今野くんの襲名はナシにして、「板野くん」にしました。

板野くんはいとも簡単に設置され、今まで通りビデオも見られるし、
今まで見られなかったブルーレイもOK、BSも見られます。

あまりに簡単にすべてが終わり、ピエールさんが去ったあと、
ハッと気がついたら、前野くんの姿がありません。

最後に「ありがとう」と言ってぽんぽんと叩く予定でしたが
すっかり忘れていました。

悔恨。
生きるって悔恨をくり返すことですね。

板野くんで最初に見るDVDは何にしようと考えた結果、
『ゴールデンスランバー』に決めました。
もう4度目なんですけど、好きなんです。

最初に見た時は、大好きな俳優・吉岡秀隆さん演じる森田が
冒頭で爆死したので、大ショック。
「なんでここで死ぬ!」と。
その後10分くらい、物語の進行が頭に入って来なかったくらいの大打撃でした。
『マーズ・アタック』でマイケル・J・フォックスが
冒頭で死んじゃった時も「なんでここで死ぬ!」とショックでした。

でも、どちらもいい映画に違いありませんし、
『ゴールデンスランバー』は展開や伏線など学ぶところ満載なので、
この映画を今夜見ます。

板テレビ。
あと十年もしたら、布になってたりして。
くるくる丸めてしまえたりして。

板野くんを見ていると、未来を生きているような気がします。

Digi_tv

いなもとくんと板野くん

応援クリックよろしくです。 人気ブログランキングへ

« 立派な危険人物 | トップページ | グリコーゲン効果 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

祝☆板野くんJUNKO家テレビ就任!!!

そうそう、本当に薄っぺらいんですよね~。
だからか、画面は大きくなったのに、あんまり圧迫感がない…ですよね?

ビデオデッキと繋いだのですね♪
よっつびしっとになっちゃったんですね♪

あ、いなもと、大丈夫ですか?
液晶画面やられちゃうと、修理代はほぼテレビ1台分(板野くんの方の値段)だそうですよ。
我が家には怪獣が一匹(下の子、1歳になったばかり)居るので、すぐにカバーを購入しました。
既に数十回に及ぶ攻撃からきちんとガードしてくれています。
…なかったら、まじめな話、即修理でした。。。

Kaeさま
とうとうおそろいになりました!
おくればせながらみっつびしっと、致しました!

そうなんです。
薄いけど圧迫感がないため、「ほんとに32か?」と
測り直してしまいました。あ、うち32なので。
ビデオとつながるか不安でしたが、ピエール瀧がいつのまにか
つないでくれました。あっけなく、すべてがハナマル。

いなもとは手を出しません。
匂いを嗅いだあと、離れています。
興味ナッシングボーイです。

画面がマットで映り込みも無く、観やすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52353683

この記事へのトラックバック一覧です: 板野くんはピエールと共に:

« 立派な危険人物 | トップページ | グリコーゲン効果 »