« 宿題くるくる | トップページ | バスで運べば… »

2011年8月26日 (金)

ツレうつ

本日、都心はいきなりの豪雨とカミナリで、
地下道を歩いていたら、階段から水が滝のように流れて来て、
恐ろしかったです。
無事帰宅でき、ほっとしています。

映画の試写を観ました。

ツレがうつになりまして。』

原作は読んでいません。
ドラマにもなったけど、見ていません。
が、
「ツレうつ」というコトバが耳に残っています。
原作が売れたのかな?
話題になっていたと思います。

映画は2時間ちょっとで、邦画としては長いほうですが
長さを感じさせません。
心とアイデアとセンスがすべてうまく働いた
良い映画だと思いました。
映像も綺麗です。

夫婦で満員電車に乗るシーンがあります。
シーンの途中でわたしはドッと涙があふれたのですが、
その瞬間、おとなりに座っていたおじさんが

「プッ、アハハ」と。

笑いが決壊したので、驚きました!
びっくりした!
涙、引っ込みました。

ここ、本来は笑うシーンなのかな。
わたしは泣けたけど。
わたしが少数派なのかも。きっとそう。

感情ってひとそれぞれなんだなぁって
ほんとにつくづく、感心しました。

創り手は真摯に創るしかない。
あとは受け手に感じてもらう。
感じ方は自由。
それしかないな。

10月8日公開だそうです。

宮﨑あおいさん、今月公開の『神様のカルテ』にも出ています。
神カルでは櫻井翔さんのおくさま、
ツレうつでは堺雅人さんのおくさま。
忙しそう…。


昨夜の夢で、わたしは就職活動してました。
なんで?


応援クリックよろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« 宿題くるくる | トップページ | バスで運べば… »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

ツレうつ??全く聞いた事ありません?でもおもしろそうですね〜今の時代らしい言葉ですね!
病気なんて,探し出したらキリが無いと思う!
どこそこが悪い?どこそこが多い?でも健康は必要だ〜
でもね〜脳の病気は痛みも心の痛みだからね〜??
見てみたい気がします!宮崎あおいと言う女優には興味あるので?

『ツレがうつになりまして。』 ひさびさに映画館で
見たいと思った作品です。あおいさん大好き!
余貴美子さん、大杉漣さんも堺さんも好きだし。
でも『神様のカルテ』、大好きな宮﨑あおいさんが
出ているのに見たいとも思わないのです・・。
『武士の一分』の時と同じ理由ですかね。
あと、たぶん泣くのと笑うのとは、刺激される方向が
一緒なのではないでしょうか?! 紙一重のところで
泣く人もいれば笑う人もいる・・・。(無理があるかな?)
うつに関して分かってくれる人が増えればいいな!

michiさま
心の病気って診断に時間がかかるし、
よくなったかどうかも、目に見えにくく、
普通との境界線があいまいです。
この映画では、比較的重い症状のようで、わかりやすいです。
宮﨑あおいさん、良かったです!


まあくんへ
余さんと大杉さん、いい感じですよ。
辛いモチーフをあたたかい心で包んでくれる映画です。
難病ものではなく、家族のつながりがテーマになってます。
うつの理解、広がるといいですね。
わたしも通院歴があり、うつのことはわかっているつもりでしたが
この映画を見ると全然わかってなかったと驚きました。

たしかに…「泣く」と「笑う」はツボが同じかも!!

「神様のカルテ」はどうなんでしょうね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52572899

この記事へのトラックバック一覧です: ツレうつ:

« 宿題くるくる | トップページ | バスで運べば… »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ