« だいこんの花 | トップページ | 宿題くるくる »

2011年8月24日 (水)

イッパシの夢

昨夜遅くなり、終バスに間に合わず、タクシーに乗りました。
駅から歩くと30分かかるのです。

最近は後部座席もシートベルトが義務づけられています。
乗るとアナウンスが流れます。

「安全のため道路交通法に従いシートベルトをお付けください」

素直にお付け致します。
深夜のタクシーでシートベルトを付けるの、手間取ります。
暗くてよく見えないし、アタアタしてる間にもうかなり走っています。
やっとカチッとはまった時、信号が黄色なのに車は横断歩道をぶっとばしてました。
安全って?

わたしにとりタクシーは贅沢品です。
使い方に自分なりのルールがあります。
終バスに乗り損なった時だけ、使うのです。

もうひとつルールがありましたが、こちらは最近やめました。
「ちょっと手前で降りる」というルールです。
「ここから先は明るいし、歩ける」ところで降り、
1メーター浮かすということをやってましたが、
思うところあって、このルールを卒業しました。

お金に余裕ができたわけではありません。

短距離なのだから、せいぜいちゃんと最後まで乗りましょう。
そう考えて、マンションの玄関前まで付けてもらうように
現在はしています。
1メーターでも2メーターでも上がってヨシとします。

さて昨夜、マンションがそろそろ見えそうな公道で
信号待ちをしている時です。
運転手がわたしに聞きました。

「どこに停めますか?」

わたしは自分のマンションの棟を述べ、「玄関前に付けてください」と言いました。
今いる場所から1〜2メーターは進む計算です。

すると運転手は言いました。

「980円です」

「え?」

「メーター確認してください」

確認しました。980円です。

「はい」と答えると、メーターの表示が消えました。

信号が青になり、タクシーは動きます。
そこから先はサービスというわけです。
公道を走り、マンションの敷地内に入り、
わたしの棟の玄関前に停まりました。

わたしは千円札を渡しました。
おこがましくて「おつりはいらない」は、言えません。
20円を受け取り「お世話になりました」と言って降りました。

きっとたいへんなのに、サービスしてくれた。
複雑な思いもあります。けど、あたたかい気持ちです。

タクシー料金を負けてもらったのは、これで何度目でしょう。
5回めか、6回めかな。
普通によくあることでしょうか?

メーターを途中で消すだけではなく、
メーターの数字から引いてくれることもありました。
遠慮していると、「ケーキでも食べなよ」と声かけされたこともあります。
幼い子をかかえ、病の夫の入院看護をしていた時です。
疲れ切ったオーラが出ていたんでしょうね。

タクシー運転手は人を見抜く才があるようです。

昨夜はどうして負けてくれたんだろ?
まだ一人前じゃないって、見抜かれていたんだきっと。

わたし、いつかタクシーを長距離使います。
できたらバンバン使います。
恩返ししたいです。
それにはイッパシの人間にならないと、いかんのです。

応援クリックよろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« だいこんの花 | トップページ | 宿題くるくる »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

タクシーの運転手さんは人を見抜く才があるのは
間違いないと思います。(ベテランさんですが)
でも、疲れきっているからという理由だけで
まけてくれているのではないと思います。
それだけではなくお客さんの才能や未来までも
見抜いているのかもしれません。
出会った人におまけ(値引き)という投資をして
投資した甲斐が有ったとか失敗だったとか
小さな楽しみにしていたりして・・・。
そんな人間模様を描いた作品を所望します。

私の先輩にも,タクシ-運転手がおります!とっても良い人です!
他人を見抜ける力があるか?どうかは分かりかねますが?
客商売をしていると,普通に相手の財布の中が見えます.
だから?この人にはこのくらいの商品が良いと思うと進めます.
値切り倒す〜訳も無く値切り倒す人には,1円も値引きしません!
何故って気持ちの良い商売の相手じゃありません!
売り手も買い手を見抜く事が必要です!
客商売ってそれだから楽しいのでしょうね〜
今は会話も商品の説明も聞かないで,ただただ〜闇雲に安さだけを求める日本人が増えすぎるから大手ばかりが幅を効かす!
最後に馬鹿を見るのも消費者という事を分からない人が増える日本〜嘆きですね!

まあくん
ロマンチックです。
おまけという投資!
なんかこう……素敵な解釈にうっとり。
生きているのが楽しくなります。
投資していただいたからには、成功まではゆかなくても、
透き通った、いい生き方をしなくちゃですね。
考えてみると、タクシードライバーって、ドラマになりますね。
『タクシードライバー』という古い映画がありますが
あれは少し怖かったです。ロバート・デ・ニーロでしたね。

michiさま
タクシー運転手っていい人多いですよね。
昔、さつまいもを貰ったことがあります。
タクシーに乗ったら、運転手さんがくれたんです。

お客さんと接する商売をしていると
どんどん人間に詳しくなるでしょうね。
嫌なことも多いのかなぁ?
でも、人と接するって、基本的に楽しいですよね。
人を見抜く才能も必要となるでしょう。
わたしはきっと節穴です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52555112

この記事へのトラックバック一覧です: イッパシの夢:

« だいこんの花 | トップページ | 宿題くるくる »