« かもめがいい | トップページ | 初ブルーレイ »

2011年8月14日 (日)

ケッタイな光景

わたしは煙草を吸いません。
生まれてから一度も、口にくわえたことすらありません。

ですのに、
登場人物がたばこを吸うシーンをたびたび書きます。

おそらく、未知なるものへの憧れや畏怖から書くのです。
今後もきっと書くので、今後も未知なるものでなければならず、
おそらく一生口にくわえることはないでしょう。

煙草と言えば、

近所の中学の正門の前で、男性が煙草を吸う姿をよく目撃します。
灰皿代わりの空き缶を手に、門の前で吸い続けます。

裏門では、別の男性が煙草を吸いながら「採点」しています。
生徒のテストの採点を裏門でしているのです。

このふたりはあきらかに教師です。
校内禁煙なのでしょう、しかたなく校外で吸っているわけですが、
正門や裏門の前って、大通りに面しており、とても目立ちます。
中学校を煙草推進派が占拠した! っぽい風景で、
まるで煙草の広告塔です。

1年以上続いている見慣れた光景です。
近隣からの苦情もないのでしょう。
あるのは同情かと思います。

校内に喫煙室を設けられないのでしょうか?
PTAの反対があるのでしょうか?
門の前で吸うより、喫煙室で吸っているほうが
教育上よほどマシだと思うのですが。

組織の論理でことが決まると
外から見るとひじょーにケッタイな姿になったりします。
ひじょーにケッタイなのに、外の人間も「そんなものかしら」と
慣れてしまい、ケッタイと思わなくなる。
それはとても怖いことです。

わがやでは夫が妻に敬語を使います。
「JUNKOさま、何時にお帰りですか?」てな感じです。
ふざけているわけではなく、日常会話です。
わたしは暴君じゃありません。
見目麗しく心優しい妻にほかなりません。
妻があまりに健気で繊細な心を持っているがゆえに
夫はそれに甘えてはいけないと、己を律して敬語を使うのでしょう。

外から見るとひじょーにケッタイな現象ですが
組織の論理でそうなっている。
それって、とても怖いことでしょうか?

本日作業員おふたりにより、エアコン設置作業が無事終了しました。
「冷たいお茶をふるまいたい」という夫の発案に同意したものの
お茶が一滴も無いのに気付きました。
緑茶も麦茶もほうじ茶も、茶という茶がありません!
あるのは水と珈琲だけです。
アイスコーヒーを作り、飲んでいただきました。

お茶が一滴も無い家庭って、ゆがんでいるような気がする。
組織の論理によるケッタイな現象です。


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« かもめがいい | トップページ | 初ブルーレイ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

我が家も,お茶なるものは?父親に毎日あげているのは,粉茶です!
お茶っ葉なるものは?必要無いかと思われる?誰もきっと必要としていないからかな?
コ-ヒ-はあるはず?確認はしていないが?

michiさま
お茶ないですか!珍しい家庭じゃないですか?
粉茶ってなんだろ。インスタント珈琲みたいなものですか?

わたしの実家はお茶一族で、朝から晩まで日本茶です。
わたしは子ども時代に日本茶の人生許容量を越えたのでしょう、
飲むとふーっと気を失いそうになります。
ペットボトルのだと平気なのですが。急須でいれたお茶は要注意です。

実家が京都なので、「京のほうじ茶」が普段の飲み物でした。
お客さんが来ると、「急須で入れたお茶」が出されるのですが。
こちらで各都道府県の方と知り合いになっても、一度も「京のほうじ茶」に出会えません。
それに、お話をしていると、皆さんご存知ないようです。
ほうじ茶さえ、入れ方が違うのです。

狭い日本、多くの文化がひしめいていたんだなあ、と改めて実感しています。

アンジーさま
「京のほうじ茶」、おいしそうな響きですね。
ほうじ茶は知っていますが「京の」だと違うんでしょうね。
ほうじ茶は茶色いこうばしいお茶という記憶です。
緑茶よりやさしい印象があります。とがってない感じ。
実家は基本緑茶ですが、玄米茶も飲みました。
ポップコーンみないなのが入ってました。

そういえば、「番茶」と呼んでいました。京番茶と一般ではいうようですね。
ぐらぐらと煮立ったお湯にひとつまみの茶葉を入れて、3分ほど煮出したものです。

よそでは、ほうじ茶も番茶も急須に茶葉を入れて、熱いお湯をそそぐようなので、
びっくりしました。

アンジーさま
お湯に茶葉を入れるんですか!
それは初耳です。
急須に茶葉を入れてお湯、という概念です。
でも麦茶はやかんに入れてグラグラした記憶です。

今はパックで水を入れるだけだったりするので
風情ないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52439257

この記事へのトラックバック一覧です: ケッタイな光景:

« かもめがいい | トップページ | 初ブルーレイ »