« 言わざるをえませんアレルギー | トップページ | 水たまり »

2011年8月 7日 (日)

過去からの電話

自宅の電話が鳴りました。

とると「ナンタラ化粧品でございます」と言うのです。
続けて「おくさまでいらっしゃいますね?」と聞いてきます。

「いえ」と言っちゃいました。

正直な気持ち、わたし、自分を「おくさま」だと思っていません。
難しい理屈ではないんです。
ただ「おくさま」って柄ではないんです。

以前は「おくさま」していました。ずいぶん昔のことです。
ちゃんと柄だったと思います。真面目にせっせとおくさましてました。
でもリストラされたんです。
不当解雇に近い扱いでしたが、やはり能力不足だったのです。
真面目だけでのりきれる職種ではないんです。

以後、おくさまをやったことはありません。
第一自宅の電話はわたし直通です。わたし以外は出ません。

夫は仕事部屋に別回線持っており、わたしの電話には出ません。
指紋もついておりません。
この電話につき名義はわたしだし、わたしが電話の主人です。

結局難しい理屈を述べちゃいましたが、おくさまって柄ではないので
「いえ」と言っちゃいました。すると

「では、おかあさまはいらっしゃいますか」と相手は言います。

わたしはそうきたかと思い、「いません」と言いました。

嘘ではないです。
わたしのおかあさまはここにはいないのです。
徒歩20分の、スープの冷める別宅におります。

ナンタラ化粧品はあきらめて切りました。

結果的にうそついちゃったみたいで、申し訳なかったです。

でも今「おくさまですね」と言って、「はい」って言える人
あんまりいないと思うのですが。
独身の女性が「おくさまですね」と言われても「いえ」って言うでしょう。
独身でも既婚でも化粧はするので、
電話セールスで「おくさま」はマイナス効果だと思います。
客を減らしてしまいます。

女が家にいると「おくさま」か「おかあさま」って発想、なつかしいです。
あれ、過去からの電話だったのかなぁ。


本文とは関係ありませんが「捨てられないもの」その1です。
20年前に中野のブロードウエイ(商店街)で買ったティッシュボックスカバー。
幼い娘と「これしかない」と選んだ逸品です。
20年経ってもかわいさのグレードが落ちません。
まぎれもなく「おくさま」が買いました。

T_cover  T_cover2


応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 言わざるをえませんアレルギー | トップページ | 水たまり »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52399659

この記事へのトラックバック一覧です: 過去からの電話:

« 言わざるをえませんアレルギー | トップページ | 水たまり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ