« 満月と三日月 | トップページ | インの日 »

2011年8月20日 (土)

神様のもぐら叩き

お気に入りのおやつです。

Syouga

高知県産生姜の砂糖漬。ひと袋65g 380円

生協の宅配で買ってます。

もともと生姜はよく食べます。
風邪予防になるので、料理にバンバン使います。
これはおやつです。

ぴりっとした辛味と、お砂糖の甘み。
ハマって1年、人に言えませんでした。
たいへん言いにくいことですが、わたしがハマると
製造終了になる…というジンクスがあるのです。

伊藤園のスパークリングベジに至っては、ハマって2日後にスーパーから消え、
数週間後に製造終了となりました。

靴もです。
足にやさしいお気に入りの靴があり、
修理しつつ使い、はきつぶすと同じ靴を買うという、
真剣なハマりぶりでしたが、製造終了となりました。

朝青龍もです。
サッカー騒動で好きになり、大ファンと公言し、
ファン心理が愛に変わった頃に、いきなり引退となりました。

わたしがハマるものを神様が片っ端から奪う。
「神様のもぐら叩き」と称し、以後、ハマっても
無言の行を貫くことにしました。

おそらく神様はわたしのことがとても好きなのです。
だからわたしが愛するものにやきもちを焼くのです。
(無宗教なので言える暴言です)

地下でひっそりと愛をはぐくむ限り、叩かれません。
はぐくむ相手が生姜の砂糖漬というのも、物悲しいですが。

今回満を持して「生姜の砂糖漬が好き」と言ったのは、
完成度の高い味なので製造中止はありえないと踏んだのと、
神様の心境を試したいからです。
やさしさこそが愛だとお気づきになったのではないか。

ハマっているドラマ『それでも、生きてゆく』が
高視聴率とは言えないものの、持ちこたえている。
暗い設定にかかわらず、テーマの崇高性が支持されている。

それを見ても、神様の心の成長が伺えます。
愛するものが愛するものをわれも愛す。
生姜も愛してくださると信じています。

応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 満月と三日月 | トップページ | インの日 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

「それでも 生きてゆく」私もはまって見てます。
それぞれの登場人物の心の動きが丁寧に描かれていて、とても納得しながら、
そして、やっぱり、大竹しのぶさんの演技には見ほれてしまいます。

この番組の音楽担当の辻井伸行さん、ピアニストとして世界中で活躍されていますね。
昨年は近くの大学がスポンサーとなって招待をし、私たちは無料で生の演奏を聞く機会がありました。
聞いていて感じたのは、ピアノが、音楽が大好きなんだなって、とても伝わってくるような演奏でした。

「それでも,いきてゆく」見ていません!何故って?
テレビのワンショット宣伝で〜分からないが?自分が重いと感じ?
見るべきか?見なくて良かったかは??不明!

ところで生姜の砂糖漬け〜廃盤には成らないでしょうね〜
このメ-カ-の物は食した事無いが,北海道にもあるよ〜
生姜の砂糖漬けと言う名前じゃないが,類似品あるので〜きっと廃盤には成らないと思うが?
おやつとして食べている方々は居ない様ですが?
料理に使うとは聞いたが??おやつ???( ゚д゚)ポカーン

アンジーさま
辻井さんの生演奏、聞けたなんて、すごいですね。
音楽が好き!その大好きな音楽で身を立てるって
理想の人生ですよね。

大竹さん、満島さん、瑛太さん、みなさん本当に
人物になりきってるふうに見えますね。


michiさん
ほんとにおやつですよ。ドライフルーツみたいなものです。
お酒のおつまみにもいいらしいです。

ドラマは、テーマが重いし、冒頭で少女が死ぬので
そこで見られなくなる人も多かったようです。
でも、犯罪を「興味をひくから」ではなく、実直に掘り下げているので、
わたしは初回から好感持ちました。
シナリオに気合いが入っている。と、感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52513284

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のもぐら叩き:

« 満月と三日月 | トップページ | インの日 »