« ああ、無能。 | トップページ | シルバー記念日 »

2011年9月17日 (土)

取扱説明書

寝坊をしました。
目覚まし時計をかけておいたんだけど、いつのまにか止めてます。
止めた記憶が全然無い。

夫を疑い、問いただしてみました。
夫は隣の部屋で寝ていて、アラームがうるさくてわたしの部屋を覗いたら
わたしが手をのばして止めているのを目撃したそうです。
ほんとうかなぁと思い、質問をくり返そうとしたら
「なんど聞いても答えは同じ」とシャットアウトされました。

わたしは疑問を持つと、
100回くらい質問するので(いやがらせじゃなくて、本気で)、
夫は自己防衛したようです。
とうとう「JUNKOの取扱説明書」を体得したようです。
わたしもそれ読みたいな。

目覚まし時計を止めた記憶がない。って、よく聞きますが
実体験では初めてです。

明日は目覚まし時計2つと携帯電話のアラームを使って必ず起きます。
一族のちょっとした集まりがあって、遅刻はやばいんです。
都心で両親や兄の家族と食事会、記念撮影会します。

兄に会うのはちょっと緊張。
やさしい人なのですが、あまりに正しく、いい人なので、
会うと「自分が間違ってる!」と発作的に思ってしまい
なんかしらん「ごめんなさい」したくなるんです。

ドラマの感想の続きですが

『それでも、生きてゆく』の最終回で、ハッとしたセリフがありました。

「まじめに生きてゆきたいんです」

あ! と思いました。

わたしは常日頃、行動指針として
「まじめに生きたい」と思っていて、さらに
「美しくありたい」と思っていて、でもそれって
言いにくいことなんです。

青臭くて、うそくさい。
そして少々、ハタ迷惑です。

まじめに生きようとして、結果、わたしは人に迷惑をかけます。
それ、経験として知ってるから、言いにくいのです。

離婚したのも、まじめに生きようとした結果です。
わたしはそれを自分で知っています。
だから後悔がなく、自分のことを好きでいられる。
でも結果として周囲に迷惑をかけました。

そんなわたしの中にある大切な言葉が
テレビのむこうから、聞こえてくるなんて。

感動したし、許されたような気持ちです。

こういう何気ないセリフが、見る人の心に残る。
シナリオって奥が深い。

応援クリックよろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« ああ、無能。 | トップページ | シルバー記念日 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52754890

この記事へのトラックバック一覧です: 取扱説明書:

« ああ、無能。 | トップページ | シルバー記念日 »