« にんじんと重役 | トップページ | 誰デスカ? »

2011年9月27日 (火)

3人のおはなしを聞いて

昨夜、NHKの『ディープピープル』で
連続ドラマの脚本家3人が集まって創作の日常の話をしていました。

3人はベテランで、連続ドラマを何本も書いています。
わたしがシナリオを勉強するずっと前から脚本を書いていた方たちです。

わたしの20代〜30代は生活に追われてテレビを楽しむ余裕がなかったです。
ですが、この3人の方の作品はいくつか記憶に残っています。
その頃のわたしの日常を一瞬明るくしてくれました。
1日の中の1時間を楽しませてくれ、疲れをとってくれました。

昨夜は進行役無しで、脚本家どうし話し合うという形式が良かったのでしょう、
3人の人柄が伝わってきました。

みなさん、謙虚で、慎重で、やわらかい。
謙虚で慎重でやわらかくないと勤まらない職業だと思います。

みなさん大御所です。
が、
わたしと年齢がほとんど変わりません。
ちょっと上、くらいな感じです。

今さらながら、
わたしって、遅い。
劇的に遅れてる。
今頃かけだしやってるんだから、ためいき出ますよ。
言い換えれば、わたしって、
ちょっこし珍しい存在かもしれません。

専業主婦歴10年。
この経歴、役に立ちますかねぇ。
どうでしょう?

経験って、その道の経験があればヨシってものじゃなくて、
置かれた場所できちんと生きてきたかどうか、
それが「経験」として活きるんじゃないかなぁ。

たとえば、うまくいかない時。
見えて来る選択肢の中でどれを選ぶか。
選ぶ動機は何か。
そういうことひとつひとつが、そのひとを作ってゆくんじゃないかなぁ。

とオモイマス。

わたしがそれをできてたかっていうと、
それはまた別の話…。

応援クリックよろしくお願いします 人気ブログランキングへ


« にんじんと重役 | トップページ | 誰デスカ? »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

専業主婦歴10年、絶対役立つと思いますsun
(そうなれない人間が言っていいのか自問自答しますが)

かけだしっても、目指す方角がきちんと定まって、邁進している姿は
とっても眩しいし、うらやましいです♪

どうぞからだだけは気をつけて・・・

目指せ、伊能忠敬!と思いながら生きてる同級生より

まみちゃん
そういえば伊能さんてすごいよねぇ。
50から始めたことが歴史に残るんだから。
中年の希望の星だよねぇ。
目指せ伊能っち!
まず足を鍛えてと(ちがうか)。

OLとかフリーライターとかいろいろやったけど
わたしの中にある「何か」を作ったのは、専業主婦の10年です。
「何か」がなんだかわからないけど、これからの自分に証明してもらいます。
お互いがんばろうね。

『ディープピープル』連続ドラマ脚本家の回、私も楽しく見ましたよ。
お三方ともに長くやっているだけではなく、常にいいものを
作り出そうという気概を感じました。
私は尾崎将也さんが好き。『夏子の酒』にも絡んでましたね。
でも、長くやっている事とJUNKOさんが今かけだしやってるって
いうのは別問題。見方を変えたら、本格的に初めて数年で水面から
顔を出せたのだからJUNKOさんの方がスゴイと思います。
始めたのが他の人より遅い事以外はJUNKOさんの方が
優れていると思うのは私だけではないはず。

専業主婦歴10年という経歴を生かせるかっていうと、
それはまた別の話…。

まあくん
まあくんもご覧になったんですね。
尾崎さんて『夏子の酒』も協力してたんですか。
それは知りませんでした。
わたしは中園ミホさんの『やまとなでしこ』と
『ハケンの品格』にハマりました。
岡田さんは『ドク』、尾崎さんは『結婚できない男』が好き。

まあくんに誉められてうれしい。
まあくんの「スゴイ」ということばを胸に、
堂々、スゴイ作家として振る舞います(自宅内にて本日限定)。

真に優れているかはまた別の話…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52843509

この記事へのトラックバック一覧です: 3人のおはなしを聞いて:

« にんじんと重役 | トップページ | 誰デスカ? »