« 運とジツリキ | トップページ | 母の教え »

2011年9月 5日 (月)

運のその後

愛用の靴の写真をというリクエストをいただき、気をよくしてUPしてみました。

Kutsu2

どんなに歩いても足が痛くならない魔法の靴です。
あしながおじさんというブランドです。


今から数年前のことです。
坐骨神経痛を発症し、歩くことも座ることもできなくなりました。
立つことと寝ることはできるんです。へんなの。

原因ははっきりしません。
整形外科的には悪いところはないそうです。

寝たきりで、天井を見ながら「もうおしまいだ」と思いました。
打ち合わせに行けないライターは、使いものになりません。
絶望の中、ある日ふと「でも書くべ」と思い立ち、
寝ながら物語を考えて、ある程度まとまったら、立って数ベージ書く。という方法で
映画シナリオ『通夜女(つやめ)』を書き上げました。

書き上げる頃には、歩けるようになりました。
書くことが心を活性化し、薬になったんだと思います。
のちに『通夜女』が映画祭のコンクールで受賞したと知って、
うれしい半面、「この体で授賞式行けるかしら」と不安になったのを覚えています。

わたしは痩せて小柄なので一見弱々しく見えますが、意外と丈夫です。
風邪はそうですね、7〜10年に一度はひくかしら。
腰痛ナッシング。
花粉症ナッシング。
だから過信していたのです。

そろそろ体を労らないと、書き続けられないと知りました。

腰にやさしい椅子を買い、足に優しい靴を買ったんです。
その靴がこれです。1足目は履き潰し、これは2足目ですが、
製造終了となってしまいました。

雨に濡れた新しい靴(同じブランド)の件ですが、
臭いをとる方法について販売元にメールで問い合わせたところ
気になるようでしたら返品してくださいとメールが来ました。

返品?
無理です!
雨にあててしまいました。
第一、とても気に入っているのです。
返したくありません。

と、丁寧にお返事しました。
余計な心配かけちゃいました。すみません。

革の染料の臭いだそうで、臭いの感覚は個人差があるのだそうです。
時間が経つと気化するそうです。

大雨のしうちも受け、臭いはかなり薄くなりました。


台風被害がすごいようです。
和歌山は小学3〜5年生の3年間住んでいました。
被害がこれ以上広がらないといいのですが。


応援クリックよろしくお願いします 人気ブログランキングへ

« 運とジツリキ | トップページ | 母の教え »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

わーい!
靴画像アップありがとうございます♪
「あしながおじさん」早速検索しちゃいました。
JUNKOさんのと同系の型が見つかりませんが、
(いつもそう…同じようなヤツ欲しいっ…と思った時にはもう売ってない)
JUNKOさんのと同系のモノ以外もすごく好みのものが多いです♪

靴は大事ですね。
おしゃれは足元から、と言いますが、
健康は足元から、でもありますね。
そうそう、腰も大事だから、椅子も大事。
…回復なさって良かったです。

台風の影響、甚大ですね。
まさかここまでになってしまうとは思っていませんでした。

紀伊地方には母方の親族が多数です。
主人の母方の親族もです。

知人の旦那さんが自衛官で「出動要請が来た」と言っていました。
「もう歳だから最近出動要請がある度に心配度が増す」と。

子どもの頃は他人事が多かったのですが、
大人になると逆になりますね。
もっと大人になればソコも超えるのでしょうか。

なんと!
私の、先代の愛用の靴とおんなじだ!
色は、黒でしたが、
黒がすすけてきても黒の靴墨を塗り塗り、
何年も履きました。

もう、製造中止になったんですねぇ。
ここでお会いできるとは、感慨深いものがあります。

Kaeさま
あしながおじさんは国内製のとアジア製のものがあり、
値段が倍くらい違います。
実際に試着できるといいのですが、最近は通販で買っちゃっています。
先がまるいものが多く、指が楽ですよ。
お子さんがいて、いっぱい歩かなきゃいけないママにもグッドだと思います。
なんせデザインが乙女系だし!
乙女ママの強い味方。

紀伊にご親戚がいらっしゃると心配ですね。
まさかこんなに大きな被害になるとは。

他人事じゃなくなるのは想像力のせいかもしれません。
Kaeさんは年齢と共に想像力が育ったのではないでしょうか。
大人でも想像力のないひと、いっぱいいますから。
想像力がないと、人の痛みも感じずに、楽かもしれないけど、
多くの罪は想像力の欠落からきている気がします。


アンさま
んまあ!!!!
うれしい。わたしも初代は黒です。
今もあります。玄関でへばっています。近所用にしています。
同じ靴履いてたんですね。
写真のは2代めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52653068

この記事へのトラックバック一覧です: 運のその後:

« 運とジツリキ | トップページ | 母の教え »