« 身体能力 | トップページ | 下駄箱のねだん »

2011年10月 9日 (日)

橋と城とごめん

なんだか寒いです。

と思ったら、今もう10月なんですね。
衣替えをせずにノースリーブで過ごしていたらめちゃ寒くて、
秋到来を感じました。

四国(高知)出張の最終日、仕事はオフでした。
チェックアウトぎりぎりまでホテルで創作の構想を練り、
帰りの飛行機は午後1時でしたから、
フリーな時間は2時間ほどです。

ホテルのひとに周辺のみどころを聞くと、
「とりたてて見るところはない」とおっしゃいます。
なげやりではなく、あくまでも丁寧に親切に
「とりたてて見るところはない」とおっしゃるのです。

高知の人の特徴なのかしら、ガツガツしていません。
ひかえめに謙遜しつつも、芯にプライドを持っている。
そんな印象です。
たった3日間の印象なので、違っていたらごめんなさい。

ホテルの近くに有名な「はりまや橋」があるのですが
たしかにそれはたいしたことないんです。
17歩で渡れてしまうおもちゃの橋です。
日本三大がっかり名所と言われているそうです。

しかたないのでお城に行ってみることにしました。

わたしは日本のお城に興味がありません。
見て感動した経験がありません。

外国のお城はロマンチックだし、ぜひ見たいのですが、
かわいそうに、見たことがありません。
見るのに飛行機代という途方もない対価を払わねばなりません。
なのでふところ事情的に無理です。

路面電車に乗って「高知城前」で降りました。
不思議なことに、どこにも案内図がありません。
矢印すらありません。
旅人に対する「アピール」が感じられません。

謙遜の県民性でしょうか。
ひょっとして、あまり旅人に見られたくない城なのでしょうか。

道を歩いている若い女性に聞きますと「あっち」と教えてくれたので
あっちに行くと、公園が見えてきました。
公園の奥に城があると聞いています。
たどりつけそうです。

驚いたことに、てのひら大のカニが歩いています。
高知では公園にカニがいるらしいです。

Kani

ありがたがって写真を撮っていると、公園にいた中学生が叫びました。

「カニじゃき!」

やはり公園にカニがいるのは高知的にも珍しいことのようです。

城までにかなり階段があります。
だんだんへばってきました。
しかしここまで来て引き返しては女がすたります。
すっかり疲れてもう全然見たくないのですが、
慣性の法則で城を目指しました。

まずは石垣が目に入ります。
城につきものの石垣ですが、
これを見ると「ごくろうさま」とためいきが出ます。
「男の考えそうなことだ」と思うばかりです。
石を運んだ人たちの苦労に思いを馳せます。

どうせわたしの先祖は城を作らせる側ではなく、
石を運ぶ側だったはずです。
重かったよね。辛かったよね。

さて
汗だくになってたどりついた城。
城はたしかに存在しましたが、至近距離から全体像はわかりません。
400円で中に入れるしくみです。
なぜか存在確認だけで満足し、帰ることにしました。
「おいおい帰るのかよ」と自分にツッコミ入れながら
どんどん階段を降りてゆくわたし。
400円が惜しかったのかなぁ、よくわかりません。

帰りの路面電車はあやまっています。
「ごめん」行き。
なにをあやまっているのでしょう?

Gomen

残り時間は1時間。
大丸デパートへ向かいます。
小さなギャラリーで絵画展をやっていたのです。

田尾憲司さんという日本画家の絵が魅力的でした。
全然知らない画家さんですが、こちらに載ってます。

やっとこ旅日記みたいなのが書けました。

応援クリックよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

« 身体能力 | トップページ | 下駄箱のねだん »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

高知と聞いて思い浮かぶのは、坂本竜馬・ジョン万次郎・よさこい
そして巧妙が辻・・・くらいです。行ったことはありません。
四国では高松に行ったことがあります。(3時間滞在しました)

お城は形が無い方が思い巡らすことが出来ていいような気が・・。
朽ち果てた石垣には妙に引かれるものがあります。
「夏草や兵どもが夢のあと」っていう感じですかね。

昭和51年3月で廃止になりましたが仙台にも路面電車ありました。
懐かしいな~。

旅日記みたいなのの続編、楽しみにしてますね(^。^ y


 

まあくん
高知滞在3時間ですか!
わたしは今回が全く初めてでした。
日本のスーパーヒーロー龍馬の地なのに、
なんかこうひっそりとしています。
日本の古き良き国民性がしっかり残っている、って感じです。

路面電車はかわいらしく、かなりの頻度で走っています。
10分も間が空かないくらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/52940258

この記事へのトラックバック一覧です: 橋と城とごめん:

« 身体能力 | トップページ | 下駄箱のねだん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ