« 気持ちのよい映画 | トップページ | 原作ありの楽しさ »

2011年11月29日 (火)

北のカナリアたちと吉永さん

映画の製作発表記者会見を覗いてきました。

映画の記者会見は、製作発表と完成披露がありますが、
今日のは前者で、「これから撮りまーす」という
意気込み披露みたいなものです。

公開は1年後なのに、あまりに大掛かりな会見なので、
気が早いと思ったら、東映創立60周年記念作品ということで、
社をあげてリキ入っているようです。

北のカナリアたち

『告白』で日本を震撼させた湊かなえさんの短編『二十年後の宿題』(『往復書簡』に収録)を原案として、
阪本順治監督、木村大作カメラマン、そして主役に吉永小百合さん。

ほかの出演者も全員、主役をはる実力派。
やはりナンタラ周年、というのはすごいものです。

最初にロケ地の町長さんら4人のそれぞれの挨拶がありました。
製作発表でそんなコーナーがあるなんて、珍しいです。
今、フィルムコミッションが各自治体にあり、
映画のロケ地を誘致する運動をしていますが、
なんとこの町では撮影用に小学校を建設してしまうようで、
オドロキです!

ほんと?
町で校舎を作ってあげるの?

すごいな〜〜〜

そのあと、スタッフの記者会見、
そのあと、役者さんの記者会見、
そのあと、子役たちの歌声披露と、4段構えの会見でした。

Canaria_1 町長さんたち、ガンバルゾーと叫んでらっしゃった。


Canaria_2 湊かなえさんと脚本家の那須真知子さん。ベテランです。


Canaria_3 吉永さんの美しさはミラクル。


Canaria_4 昆布とか、おみやげいただきました。

湊さんの小説は「原案」となっています。
「原作」ではないので、たぶん、大幅変更してあります。
ひょっとしたら設定だけ使っているのかも。
監督と脚本家がこの物語をどう作り上げるのか、
来年が楽しみです。

« 気持ちのよい映画 | トップページ | 原作ありの楽しさ »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53364782

この記事へのトラックバック一覧です: 北のカナリアたちと吉永さん:

« 気持ちのよい映画 | トップページ | 原作ありの楽しさ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ