« よしのひと | トップページ | 死ぬ準備 »

2011年12月17日 (土)

大掃除終了。

本日お客さまがいらっしゃいました。

お客さまのために椅子を買いに行き、結局納品が間に合わない顛末
以前、日記に書きました。
そのお客さまです。

せめて歓待の気持ちをと、前日、夫は窓を拭きました。
おかげさまでスカイツリーをクリアにお見せできました。

せめて歓待の気持ちをと、前夜、わたしはティラミスを作りました。
ティラミスは得意です。
しかし15年ぶりに作るので「得意でした」というべきでした。

昨日は創作のクライマックスでした。
「さがってヨシ」と言われた直後によれよれ状態で作ったせいか、
何か間違ったようです。
味見した夫は言いました。

「これマーガリン?」

ティラミスは生クリームとクリームチーズが基本材料です。
さらにマスカルポーネを加えるという上級手法を用いたのに
なんということでしょう?

……砂糖を入れ忘れたようです。

わたしは調整ココアをふりかけ失敗を誤摩化そうとしましたが
やはりサエない味のままでした。
しかしお客さまからいただいたケーキの味を相対的に持ち上げたという
功績はあったと思います。
自己犠牲の精神。立派です。

ええ、そう。失敗作だけど、お客さまに出したんですよ。
誠意を見せたかったんです。
お客様のために作ったというその動機が美しい。
動機が美しければ価値があるとカントも言ってます。

さらに誠意を見せるべく、注文した椅子のカタログを見せました。
「あなたのために椅子を注文した」
美しい動機の押し売り行為です。

お客さまは帰る時に「こんど来るときはナンタラカンタラ」とおっしゃったので
誠意は通じたのでしょう、また来てくれるみたいです。

それにしてもお客さまって、部屋を綺麗にしてくれますね。
お客さまが掃除するわけではないけど、
わがやは見違えるようにぴかぴかです。
大掃除、終了。

さて昨日の『専業主婦探偵』

わたしね、ちょっと不満があるんです。

セリナはフミくんから卒業してジンナイへ。

それがわたしの望みでした。

あのラストは…常識的にはああするしかないのだろうけど、
もやもやが残りました。
ジンナイに感情移入しすぎたためかな。
どちらにしろこのクールで一番好きなドラマでした。


話はいきなり変わりますが映画『マディソン郡の橋』、
あれ見た時、わたしはメリル・ストリープに向かって叫びました。

「好きなら出て行け! 出て行けないなら浮気すんな!」

なんて薄汚いセコい女だろうと、舌打ちしましたが、
世間では「ロマンチック」と評判でした。
どこが?

« よしのひと | トップページ | 死ぬ準備 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

「マディソン郡の橋」、私も「ん、んん~???」でした。
「結局、覚悟がなかったんだよね?」と一人納得しましたが
ロマンチックと言われる要素、なんとなく美しく映ってしまえるグレーゾーン
がきっとふんだんにあって、そう言われてるのだろうと。
あの、カメラマンの方がロマンチックだと思います。もし、
あのあと、ホントにあれ以外なーんもなかったとしたら(毒吐いちゃいかん)。

なみなみさま
「家族のためにあきらめた」的表現が苦手です。
不倫の言い訳によく聞くパターンですが
自分に勇気がないだけじゃん!ってツッコミたくなります。
不倫ものでは『セカンドバージン』は納得いきました。
あれは潔かったと思います。

『専業主婦探偵』 
そうですか?夫、卒業しなきゃいけなかったかな?
わたしは人間が甘いせいか、
ラスト、大満足でした。
芹菜ちゃんのフミ君への愛だけは、
ブレちゃいけない気がしました。
もしブレたら、相手がジンナイでも悲しかったと思う。
そしてジンナイは、芹菜ちゃんを助けるだけで身を引くところが、
可哀相だけど最高に格好いいと思いました。
ちょっと『カサブランカ』みたいだけど、
ボギーみたいにすかしてないところも最高!

こころんさん
そういうご意見、お待ちしておりました!
たぶん、こころんさんの感覚がどまんなか、正解なんだと思います。
わたしも第3回目くらいまでは
「ふふ、ジンナイの片思いで終わる。そこがいい」と
思っていたんです。
考えが変わったのは、フミくんと部長のキスシーンです。
「これはセリナパパの作戦のひとつで、部長と浮気するふりで
さぐりに入ったんだ」と思おうとしたのですが
「ほんとに浮気心があったんだ」とガソリンスタンドでわかってカチン!
「フミくんはセリナに捨てられなければならない」と思ったんです。
ちときびしいですかね?
部長もラスト悲しそうだったし、部長を追ってフミくんは去り
セリナはジンナイと…の流れを勝手に妄想してました。
余る人(部長とジンナイ)の人数も減るかなと。
でもあのドラマはセリナのまっすぐさが核だから
こころんさんの答えがドラマ作りの鉄則だと思います。
わたしが書くと破綻したデス。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53506160

この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除終了。:

« よしのひと | トップページ | 死ぬ準備 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ