« 目から水 | トップページ | ミニムシ »

2011年12月 3日 (土)

くびねこ

体調が悪く、葛根湯を飲んで寝ていました。
アゴが痛いし、肩も痛い。頭痛もします。

神経痛かもしれません…
わたしは三叉神経通と坐骨神経痛を持っています。
神経痛のフタマタです。
発症したときは、あまりの激痛に
「原因はっ?」とあせってお医者さんめぐりしました。
結果、体質みたいなもので、ひきだしにしまっておけば問題ないらしい。
ストレスや過労で、ひきだしから飛び出すらしい。
最近は押し入れにしまいこんであり、出てこなかったんですけど。

寝ているわたしに気付かず一日を始めている夫に
「具合悪いよ〜。体温は36°1なんだけどね」と訴えると、
「うわ! たいへんだ! 知恵熱?」と夫は言いました。

だめだ。
全然聞いてない。
平熱なのに何が「たいへんだ」ですか?

そもそも「知恵熱」ってなんですか?
わたしをバカにしてませんか?
戦争、しますか?
『ローズ家の戦争』を思い出します。
コメディかと思ったら、ホラーでした。怖いけど好きな映画です。

電話がかかってきました。仕事の電話です。
夫はわたしの攻撃から救われました。
電話を終えたら、だいぶしゃきんとしました。
葛根湯が効いたのかしら。

仕事をするうちに、ふと思い出しました。

夜中、いなもと(猫)が首に乗ったんです。
寝ているわたしの首にです。

「重いよ…たすけて」と思ったものの
眠くてそのまま寝てしまいました。
4㌔の重みを首で支えれば顎も痛くなりましょう。

手乗りインコっていますが、首乗り猫って聞きません。
迷惑な猫です。
夜中、よほど寒かったのでしょう。

今夜から湯たんぽを用意してあげましょう。
猫に湯たんぽ。過保護ですが、わたしの首を守るためです。

たぶんちょっと疲れが出ました。
でもまだ進行中のものもいろいろあるので、気を抜いてはいけません。
楽しみつつ、がんばりまっす。

« 目から水 | トップページ | ミニムシ »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

猫は懐いているほど人の顔の近くで寝るそうです。
猫から取り上げたウレタンの猫つぐらに角型のアンカがぴったりはまるので人間の足温器にしています。
猫にはスーパーから貰ってきたダンボールで二階建て(二匹居るので)ハウスを造ってあげます。
猫がアンカの暖よりJUNKO様の首を選ぶようでしたらハーブ(ラベンダー、料理用月桂樹など)を仕込んだタオル(シルクが軽くて暖かい)を首に巻いて寝るのもお勧めです。

もとさま
なついているほど顔の近く!
それは…感激です。
いなもとがわたしになついているだなんて
気付きませんでした!
今夜また首をねらわれたらハーブ巻きに挑戦します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53392977

この記事へのトラックバック一覧です: くびねこ:

« 目から水 | トップページ | ミニムシ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ