« 原作ありの楽しさ | トップページ | 目から水 »

2011年12月 1日 (木)

そういうのもありかと存じます

いよいよ12月ですね。
今月お客さんがひとくみある予定です。

わたしは自宅で寝起きし、食べ、仕事もします。
ねんがらねんじゅう家にいるため、
部屋を客観視することがありません。

わたしはついに客観視しました。
つまり「客の視点」になってみたんです。

あら!

この部屋を見た客は110番したくてうずうずするでしょう。
泥棒が入ったようなたたずまいです。
まあそれは、「床の上のものをつかんで一部屋へほうりこむ」を
くりかえせばなんとかなるでしょう。
問題は椅子です。

椅子がありません。

わたしは仕事用に買ったオフィス仕様の椅子で
仕事も食事もしています。

27年前に買ったダイニング用の椅子が2脚ありますが、
どちらも背もたれが折れて、修繕したものの、また折れて、
背もたれが二分の一しか残っていません。

背もたれが二分の一の椅子にひとさまを座らせてよいのか?
よくないような気がします。

そこで今日、車で10分のところにある家具屋さんに行き、
椅子を二脚注文しました。
ダイニング用の椅子ですが、布と木材の色を選べます。

わたしは布と木材を選び、言いました。

「わたしはこれ、あなたは?」

夫と店員ふたりが同時に「え?」と驚きました。

夫「同じにしないの?」

ダイニング用の椅子は、通常なら4脚以上まとめて、
同じデザインを選ぶのが普通らしいです。

わたしは言いました。
「わたしはわたしのを選ぶ。
 あなたはあなたのを選びなよ」

書いていてあれっと思います。
お客様のために買いに行ったのに、
結局自分の椅子がどうのと言ってますよ。

店員さんは注文が2脚でしかもデザインを変えるというわたしの主張に、
「?????」とあきらかに頭が混乱したようですが、
さすがにプロです。

「そういうのもありかと存じます」

素敵なセリフです。
小説かシナリオで使わせていただきます。

でもやはり普通じゃないみたいですね、わたしのやり方。
だって全部違う方が楽しくないですか?

わたしはわたしで好きな色を選び
夫にも選ばせて、会計し、届く日を確認しました。

あれ?

来客予定日に間に合わないじゃん。

椅子が届くのは年末です。超年末です。
なんのために買いに来たのでしょう?

ま、いいや。

背もたれ二分の一の椅子に座ったお客さまに
「あなたのために椅子を注文した顛末」を語り聞かせるのもよし、
事前に「椅子に合わせて来年来い」と言うのもよし。

27年ぶりにダイニングチェアを新調し
ちょっと誇らしい気持ちでいます。

さて、
夏からお手伝いしているドラマのホームページができました!
まだ情報は少ないですけど、よかったらちょこちょこ覗いてください。
記載されている放送予定は四国限定放送の日時です。

« 原作ありの楽しさ | トップページ | 目から水 »

ぶんぶん的日常」カテゴリの記事

コメント

たしかに、 規格外とか、想定外とか、

イレギュラーな要求って煙たがられますよね。

でもそれは、こだわるからこそ求めているもの。

こだわりは大事だと思います。

ましてや、創作家はそれもステイタスの一つだと思いますし。

「そういうのもありかと存じます」

私も、頂きました^^

私も1日は家具屋さんへ。別々のところとはいえ、
1ヵ月半ぶりの外出先が偶然にもJUNKOさんと共通する
ところのあった面白さは、嬉しいおまけ付きとなりました♪
椅子の仕上がりが楽しみですね。(ちなみに私は布団の新調でした)
ドラマのHP見ました。脚本のところにドーンとJUNKOさんのご紹介が☆
四国限定で今回は拝見できないのが残念ですが、
全国で再放送となるのを願っています。

「そういうのもありかと存じます」
プロのお言葉と思いました。

ドラマのサイト、みました。
私、感激しました。JUNKOさんが笑顔で載っている~!
四国限定なんですね。とても残念ですが、
私も全国放送となるのを願っています。

元々、布と木材の色を選べるんですよね。
じゃ、選びますよね。
一瞬、何が不思議なのかわかりませんでした。

JUNKOさんの文章には、いつも気づかされます。
そうか、少数派なんだ、私も、と(笑)。

その店員さん、素敵ですね♪

きっとこのお話、お客さまにも喜ばれると思います。
私だったらすごく喜ぶ。
…ってことは、少数派かもなので、喜ばないかもです(笑)。

サイト拝見しました。
ほんとだJUNKOさんが微笑んでる~♪
いつもながらお洋服&ネックレス素敵☆
むちゃくちゃお似合いです。
…なんだか見る度若返ってますね。
この感想は少数派じゃないはず!(笑)

まもるさま
いいセリフですよね。
みんなで使ってはやらせて
来年の流行語大賞にしましょうか!

幸さま
『ひだまり空間』を読んでびっくりしたんです。
こんなに離れた地で、おんなじ行動とってるなんて
めったに行きませんもの、家具屋さんなんて。
布団の新調いいですね!
あたたかい冬になりますね。
サイトの写真はちゃっかり幸さんのネックレスの力を借りて
2割増によく写ってると思います。

アンさま
ありがとうございます。
全国になったらすぐに告知しますね。
自然がすばらしい場所なので、
自然の魅力を壊さぬよう、最大限活かしたいと思っています。

Kaeさま
お客さん、喜んでくれますかね?
まったくもう、おっちょこちょいですよね。わたし。
写真は1年前のものです。
ないんですよ。ふだん自分なんか撮らないので。
1年前なら詐称にならないと思って、いいかなと。
着実に進化(老化)してますよ。
心は退化(幼稚化)してます。

お客様に,間に合わないのに椅子を買うなら,自分専用を買うのは普通の事ですが?
お客さんはびっくりするだろうね〜背もたれが半分壊れているんでしょう?
でも大丈夫じゃないのかな?手の器用な旦那さんの魔法の手にかかれば,お客様が来る前に直す事も可能じゃないの?
カゲロウの羽って脚本の名前が大山さんじゃないですか?脚本家ですね〜

michiさま
修理は済んでるんですけど
いかにも二分の一の背もたれなんです。
不格好です。
でもまあ、怪我はしません。修理してあるので。

カゲロウの羽はシナリオ担当しています。
まだ作業は続いています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53379279

この記事へのトラックバック一覧です: そういうのもありかと存じます:

« 原作ありの楽しさ | トップページ | 目から水 »