« るみなりえと黄金の日日 | トップページ | 朝ドラばんざい »

2011年12月11日 (日)

どついたるねん

創作中、手が止まりました。
知識に詰まると、手が止まります。

知識とは「乱暴な関西弁」です。

わたしは子どもの頃3年間、関西で暮らしたので
記憶をたどってカタコトの関西弁はしゃべれますし、
関西弁のセリフはしょっちゅう書きます。
高度な関西弁は無理ですが、日常会話程度なら
もっている知識で書くことができます。

しかし今必要なのは「かなりきちゃない関西弁」で「下品さ要」です。
そこで手が止まってしまい、DVDで勉強することにしました。
ツヤタへ走ります。

めざすは『どついたるねん』です。

赤井英和の映画デビュー作で、ボクシングの話です。
阪本順治監督作品。こんど『北のカナリアたち』を撮る監督です。
この映画は昔一度見た記憶があり、「あっ」と思ったんです。
期待よりずっと良くて驚きの「あっ」です。
関西弁がきちゃなかったかはウロオボエですが、
上品ではないと想像できます。

ところが!
これはしたり!
借りられていました!

Photo

『どついたるねん』は良品ですが、
「借りられているはずがない」という確信があったんです。
両手を広げてわたしを待っていてくれるものだと
思ってましたよ。え〜ん!

近所の誰かさん。
なんで今『どついたるねん』借りるねん!

ショックでふら〜っとしながら店員さんに尋ねました。

「いつ戻って来るかわかりますか」
「タイトルは?」
「どついたるねん」 ←発音するのが恥ずかしかった

調べてくれました。
返却期限は16日だそうです。

借りたのはおととい。
もうそろそろ返してもいいのではないか。
返せ。
もとい。
返してください。

やれやれ。
『どついたるねん』なしには一行先に進めません。
返却されたかどうかはネットでチェックできるので、
戻ったら夜中でも走ってゆくつもりです。

たぶんほかにも「乱暴な関西弁がどしどし出て来る映画」って
あると思うのですが、思い出せない。
どなたかご存知ですか?

« るみなりえと黄金の日日 | トップページ | 朝ドラばんざい »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

DVD借りるなら〜インタ-ネットで借りたら良いのでは?私はCDもDVDもインタネットで借りて返却は赤いポストだよ!
まだ数回しか利用していないが〜返却が楽で借りていますが?

『じゃりん子チエ』あたりはどうでしょうか?
テツやカルメラの言葉は、なかなかのものだと思います。

『極妻』シリーズでも関西弁が多く使われてますが、
「映画の関西弁」という感じがします。似て非なる物。

汚い関西弁と言えば、真っ先に思い浮かぶ人たちがいます。
家宅捜索に向かう兵庫県警の人たち。
どっちがどっちがわからなくなります。

michiさま
実は店舗で借りると、「この3日間は旧作100円」などの
特別価格期間があるんです。
わたしはなんらかの特別価格帯をねらっていつも借りています。
「4本千円」とか「1本100円」とか。
みみっちい話でスミマセン。書いてて情けなくなってきました。
もうちょっとお金にゆとりができたら
インターネットも使ってみたいです。

1868さま
京都ご出身なんですか。
かっこいいですね。
京都出身、あるいは住んでいたことがある人って
「貴族」っぽいイメージがあります。
わたしも一週間くらい住んで貴族の仲間入りしたい。
でも一週間じゃあエセ貴族ですね。
『じゃりんこチエ』はノーチェックでした。見たことないんです。
関西弁なんですね。
ツタヤにあるかな…調べてみます。
『極妻』はやくざ映画で、刃物でてきませんか?
ちょっとこわい。
どっちがどっちかわからない兵庫県警…おもしろい。

「岸和田少年愚連隊」シリーズは、どうでしょう。
Vシネマの「ミナミの帝王」シリーズも参考になるかと思います。

ごちさん
「岸和田…」も「ミナミの帝王」も全然知らなかったです。
こんどチェックしてみます。
そのうち愚連隊もまっつぁおの関西弁をしゃべってみせます!
わたし、映画も書籍も知識が薄い…って再認識しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53457359

この記事へのトラックバック一覧です: どついたるねん:

« るみなりえと黄金の日日 | トップページ | 朝ドラばんざい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ