« 関根式 | トップページ | るみなりえと黄金の日日 »

2011年12月 9日 (金)

飛び出す三丁目

昨夜はご好意でご招待いただき、大好きな映画の試写会に行って来ました。

ジャジャン!『ALWAYS 三丁目の夕日'64』

Always3

舞台挨拶では主演の吉岡さんが妻役の小雪さんをエスコートして登壇。
小雪さんは妊娠9ヵ月の大きなお腹で立ってらっしゃって、
もうそれはためいきの出る美しさなのですが
挨拶やら質疑応答やらで30分を越え、
見ているこちらがハラハラしました。
小雪さんに椅子を持っていってあげたかった。
しかし椅子の持ち合わせがありません。

わたしは関根式映画鑑賞法を守り、2時間15分前、いえいえ、
3時間前から水分断ちをした上、
舞台挨拶のあと、走ってトイレに駆け込み、
上映前ぎりぎりに◯う◯うをカラッポにする気合いの入れようで
映画に臨みました。万全です。

三作目はファンの期待にこたえて続編を受ける形で流れ出しますが、
物語は三丁目をパッと飛び出し、広がり、人間ドラマが深まっています。

3Dは映像だけでなく、物語までが立体的になっていました。
これはもう、絶対オススメ。

この映画のすごいところは、

見たいものをたっぷり見せる。
余計なものはナシ。

これに尽きます。
そういうふうに作るの難しいので尊敬します。

そういえば、水分カラカラ状態で見たのに涙が出る出る。
その上よく笑いました。
両隣の方、うるさくってスミマセンでした。

1月21日公開だそうです。
すんごい楽しめるので、正規の料金で見て損しないです。

« 関根式 | トップページ | るみなりえと黄金の日日 »

シネマdeぶんぶん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562780/53441970

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出す三丁目:

« 関根式 | トップページ | るみなりえと黄金の日日 »